「フリーランスとして自由に海外で働きたい」

いつかは海外で自由に働きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

いざ海外で自由に働きたいと思っても、現地での就職や海外勤務のある企業で働くことはハードルが高いですよね。

しかし、フリーランスとして場所に捉われずに働けば、海外で暮らすことは可能です。

そこで今回の記事では、海外で働けるフリーランスの職種をご紹介します。

海外で働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外で働けるフリーランスの職種を紹介

海外で働けるおすすめなフリーランスの職種は以下の6つです。

  • ライター
  • 翻訳者
  • プログラマー
  • デザイナー
  • アフィリエイター
  • Youtuber

それぞれの職種を解説していきます。

未経験からでも始めやすいライター

「フリーランスになりたいけど、特にスキルがない」

と悩んでいる方に最もおすすめな職種が、ライターです。

ライターがおすすめな理由としては、始めるためのハードルが低いからです。ライターは、プログラマーやデザイナーなどに比べて専門知識がいりませんので、誰でも簡単になることができます。

ライティングの仕事は、これまでの経歴や趣味などを活かして案件の獲得が可能です。

まずはクラウドソーシングなどのサイトを活用して、案件を獲得していきましょう。

関連記事:フリーランスのライターはどのような仕事内容か?

語学スキルを活かせる翻訳者

海外で働きたいと考えている方で、語学のスキルをお持ちの方も多いはず。

語学のスキルを持っていれば、初心者の方でも翻訳者のフリーランスとして働くことができます。

既に語学のスキルがある方は、翻訳求人サイトを活用し、副業などでまずは取り組んでみましょう。

まだ語学のスキルに自信がない方は、スクールに通ったり、独学などでスキルを身につけ、翻訳の仕事の獲得を目指します。

また、翻訳のスキルに自信のない方は、企業に翻訳者として勤めるのも一つの方法です。

関連記事:フリーランス翻訳者の仕事とは|求められるスキルを解説

リモート勤務も可能なプログラマー

プログラマーは、多様な働き方ができる職種です。

理由としては、プログラマーはリモート勤務も可能だからです。

また、プロジェクト単位の仕事が多いため、プロジェクトの期間だけ日本で働き、その後は休暇として海外で暮らすこともできます。

プログラマーと一言でいっても、実際に行う作業内容は異なります。関連記事では、プログラマーの種類についても解説しています。

関連記事:フリーランスのプログラマはどのように仕事をしているか?

実績が重要となるデザイナー

「デザイナーは才能のある人にしかできない」

デザイナーと聞くと、このようなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

しかし、丁寧に仕事を行い、実績を積むことでフリーランスのデザイナーとして活動することは可能です。

フリーランスとして活動する多くのデザイナーは、以下の4つです。

  • グラフィックデザイナー
  • DTPデザイナー
  • Webデザイナー
  • イラストレーター

どのデザイナーもPhotoshopやIllustratorなどを扱えるスキルが求められます。

そのため、まずはソフトを扱えるようにスキルを身につけましょう。

関連記事:フリーランスのデザイナーはどんな仕事をしているのか?

Web広告を取り扱うアフィリエイター

アフィリエイターは、Web広告の一種であるアフィリエイトをメインに活動している人のことを指します。

アフィリエイターの主な作業は、サイトを立ち上げて記事を書くことなので、場所に捉われずに働くことができます。そのため、アフィリエイターとして収入を得ることができれば、海外で暮らすことが可能です。

しかし、アフィリエイトはまっとうで地道な仕事です。

アフィリエイターの仕事内容は、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスのアフィリエイターの仕事内容は?リアルな実情を紹介

映像の力を活かせるYoutuber

Youtuberは、Youtubeでの動画配信がメインの職種です。

企画の案だしから撮影、編集、宣伝までトータル的に行います。

Youtubeの動画配信は、撮影する機材と編集のために必要なPCさえあれば最低限のことはできるため、フリーランスとして海外で働くことが可能です。

また、Youtuberは海外で暮らすことで他のYoutuberと差別化を図ることができます。

例えば、日本に住んでいるとわからない海外の現地のリアルな生活などを伝えることが可能です。

関連記事:Youtuberの仕事内容は?稼ぐ仕組みを紹介

発信力も合わせて伸ばすことがおすすめ

フリーランスとして海外で働くためには、本業のスキルを伸ばすことに加えて、発信力も伸ばしていきましょう。

発信力を伸ばすことができれば、多くのクライアントから認知され、信頼を得ることができます。信頼を得ることで、結果として仕事を獲得ことにつながります。

また、フリーランスとして海外で働くために活動している過程や、実際に海外で働く情報を知りたい方も多いため、SNSやブログで発信しましょう。

フリーランスの発信の重要性と発信方法は関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説

まとめ

今回の記事では、海外で働けるフリーランスの職種についてご紹介しました。

  • ライター
  • 翻訳者
  • プログラマー
  • デザイナー
  • アフィリエイター
  • Youtuber

フリーランスとして海外で働くことは、全く不可能なことではありません。

今回ご紹介した職種の方で、場所に捉われずに働いているフリーランスの方は多くいます。

フリーランスとして海外で働きたい方は、興味を持った職種にぜひチャレンジしてみてください。