管理栄養士はあらゆる人に対して、栄養の管理や指導ができる国家資格です。

学校の給食、企業の社食、アスリートのための栄養管理、高齢者・障害者のための福祉施設、医療チームの一員としてなど、その仕事は多岐にわたります。

人間に欠かせない栄養の専門家である管理栄養士は、常に需要があるもの。

そこで今回は、フリーランスの管理栄養士の仕事内容と、仕事を獲得するための方法についてご説明します。

フリーランスの管理栄養士の仕事内容

まずはフリーランスの管理栄養士がどんな仕事をしているのかを紹介します。

大まかに次のような内容になります。

  • 病院や老人ホームの施設で栄養指導
  • 料理教室などのイベントやワークショップ開催
  • イベントやワークショップを開催
  • レシピ提供・商品化のサポート
  • メディアや書籍などの執筆

かなり幅広い種類の仕事ができるのが特徴的ですね。

では、それぞれについて少し詳しく説明していきます。

病院や老人ホームの施設で栄養指導

病院や老人ホームといった繊細な栄養管理が必要な施設で、栄養の指導や食事の管理を行います。

病院や老人ホームでは、栄養のプロフェッショナルである管理栄養士は必須といえます。

高齢化によって増加している老人ホームや、人間にとって必要な病院で常に需要のあることは、管理栄養士の大きな強みでしょう。

また、直接的に人の役に立つので、社会貢献的な意味合いでのやりがいが強く感じられます。

料理教室などのイベントやワークショップ開催

自身でイベントを開催することも可能です。

料理教室や栄養に関しての一般向けプチセミナーなど、日常生活に密接に関わる専門知識を持っているため、様々なイベントの開催ができます。

特に近年、一般家庭の栄養への意識の高まりから、このようなイベントは集客をちゃんと行えば、安定して人を集めることが期待できます。

実績を積んで、料理の研究家としてテレビに出演している人もいます。

レシピ提供・商品化のサポート

飲食店・企業の社食などに対して、プロの目線からレシピの提供や改善を行うこともできます。

社内に管理栄養士がいない企業の場合は、食品関連の商品を考える際に管理栄養士の助言が必要になります。

そういった商品化のサポートのなどを、コンサルタントのような形でサポートしてあげる仕事もあります。

メディアや書籍などの執筆

メディアや書籍などでの執筆業もあります。

健康に直接関わる知識の場合、正しい情報を求めて執筆依頼が多いようです。

人間の生活に密に接している分、それに関する正しい情報には大きな価値があります。

Webメディア、雑誌、コラムなど、様々な場面で健康に関する内容は語られます。

それだけ正しい情報を持つ管理栄養士には仕事の依頼も多くなってくるのです。

 

また、人気になっていけば書籍出版の可能性もあります。

本屋に行くと健康に関する本が次から次へと店頭に置かれていることからも、健康に関する情報の需要の高さがよくわかります。

 

フリーランスの栄養管理士になるには?知識を身につけ実践

管理栄養士は国家資格なので、まずは資格を獲得することが必須になります。

そのためには管理栄養士養成課程のある大学・短大・専門学校で学び、管理栄養士国家試験を受けて合格する必要があります。

その過程で、ただ資格のためではなく、しっかりと学び、栄養に関する知識を自分のものにしていくことが大切です。

何度も書いているように、栄養や健康に関する正しい知識には社会的な需要があり、大きな価値があります。

可能な限り専門家として語れるように、知識を自分のものとして吸収していく必要があります。

 

さらに、知識を身につけた上で現場で実践することが必要です。

実際に、学校施設、福祉施設、医療機関、企業内などで、実務経験を積むことが大切なステップです。

知識と資格だけでなく、実務を経験することで、はじめて一人前の管理栄養士となることができます。

フリーランスの栄養管理士の仕事の獲得方法

各施設や企業で働く場合は、就職活動を通して会社員になれば良いですね。

では、フリーランスとして働く管理栄養士はどのように仕事を獲得するのでしょうか。

主な方法・意識すべき点として、以下のものが挙げられます。

  • クライアントからの紹介
  • 求人サイトやエージェントの活用
  • SNS&ブログ
  • イベント開催

それぞれを説明してきます。

クライアントからの紹介

まずは何よりも大切にしなければいけないのは、すでにいるクライアントを大切にすることです。

一人一人のクライアントに対して真摯に向き合って、良好な関係を築きましょう。

そうして相手が満足してくれれば、さらなる依頼に繋がりますし、他のクライアントを紹介してもらうこともできます。

自身の価値を上げるためにも、目の前のクライアントを大切にしましょう。

求人サイトやエージェントの活用

実はスポットで管理栄養士を求めている職場も多いです。

そのため、フリーランスといえど、求人サイトやエージェントを活用することも一つの手です。

求人サイトは就職・転職する人のもの!と決めつけないで、柔軟に様々な媒体から仕事を探してみるべきでしょう。

SNS&ブログの活用

また、最近はSNSの発達により、自分の専門性を発信し続ければ、そこから仕事の依頼が入ることはよくあることです。

特にイベントの登壇や、書籍の執筆などはそういったWeb媒体から連絡が来ることが多いでしょう。

そのため、SNSで継続的に発信活動を続けることは、特にフリーランスで仕事を獲得する上でも大切です。

 

発信する際に意識したいのは以下3点。

  1. 人に見られていること
  2. 見ている人に役立つ情報を届けること
  3. 自分の専門性をアピールすること

当たり前ですが、仕事のためにやっている以上、誰の特にもならない無駄な発信は極力減らし、誰か見ている人の役に立つことを心がけましょう。

それを継続していれば、役に立ったと感じた人が拡散してくれ、ファンがつき、やがて仕事の依頼に繋がるでしょう。

イベント開催

自分でイベントを開催することで、人の目に止まります。

イベントに参加してくれた人が満足して、良い評判を広めてくれます。

その評判がイベントを開催したい人の元へ届けば、イベントに呼ばれることもあるでしょう。

管理栄養士を探している企業や施設の耳に入れば、仕事の依頼が来るでしょう。

なので、単純に稼ぐためだけでなく、イベントを開催することは自分自身の広報にもなるので、積極的に開催することがおすすめです。

常に最新の知識を知ることが大切

ここまで管理栄養士の仕事内容、フリーランスとしての仕事獲得方法についてご説明してきました。

もう仕事の獲得方法を一度まとめておくと、

  1. クライアントからの紹介
  2. 求人サイトやエージェントの活用
  3. SNS&ブログ活用
  4. イベントの開催

となります。

 

ですが、資格を取って、上の方法で仕事を取ればいいだけではなく、常に最新の知識にアップデートするために勉強し続けることは必要です。

栄養や健康分野での研究も日進月歩進んでいます。

最新の知識を常に知っておくことで、イベントや執筆の仕事の幅も広がっていきます。

特定の雇用主がいないフリーランスは特に、日々自分をレベルアップさせる必要があります。

いつのまにか仕事が取れなくなってしまう、なんてことにもならないように日々研鑽を続けましょう。