看護師の仕事は人間の命に関わるもの。それはあなたを含め、多くの看護師たちが日々考えていることでしょう。

ただ、看護師の仕事は大変です。1日の業務に加え、緊急対応業務や急な変更があれば無理矢理にでもその仕事を行わなければいけません。なぜなら、人の命に関わるからです。

正社員看護師として働く日々に疲れているのであれば、フリーランス看護師として働き方を見直してみてはどうでしょうか。

特定の組織に所属しないフリーランス看護師はもしかしたらあなたの働き方に合っているかもしれません。

今回はフリーランス看護師とはどんな働き方なのかメリット・デメリットについて紹介していきます。

フリーランスの看護師の仕事内容は様々

フリーランスの看護師と言っても一般的な看護師の仕事内容とほとんど変わりません。

しかし、フリーランスになると、正社員看護師では1つの職場に縛られていた活動の幅が広げられます。主な活動の場所はこれらです。

  • 病院やクリニック
  • 訪問健康診断
  • 訪問看護師(介護)
  • ツアーナース(修学旅行など)
  • イベント

一般的にイメージされている病院やクリニックでの勤務はもちろん、訪問看護やツアーナースなども。

フリーランス看護師は多くの仕事を組み合わせて働けるので、今までやれなかった仕事をやれるようになるのが大きなポイントですね。

フリーランス看護師になるには現場経験を積んでから

先ほど挙げた活動場所に自分を売り込み、仕事を獲得しなければ生計は立てられません。

仕事を獲得するには、あなたの看護師としての経歴やスキルが必要です。

そのため、フリーランス看護師になるには最低限、現場での経験を積む必要があります。これは絶対条件です。

クライアント側から見れば、人の命が関わる仕事に未経験看護師を入れたくありませんよね。

今、正社員看護師として働いている方は最低でも1年以上の実務経験を積んでからフリーランスとして独立しましょう。

フリーランスと派遣はどう違う?フリーランスは仕事を組み合わせる

正社員看護師をやめ、仕事を探そうと色々調べる中で「派遣看護師」や「パート看護師」を多く見ると思います。

フリーランスと派遣はだいぶ違うので、そこを明確にしておきましょう。

結論から言えば、フリーランスと派遣の違いは雇用と給与です。

それでは詳しく解説していきましょう。

派遣看護師とは

派遣看護師は、非正規雇用で雇われている看護師のことです。派遣看護師もパート・アルバイト看護師も変わりません。

正規雇用と比べて、自由に働く時間を調整できることや、残業が求められない点、福利厚生の有無は大きく違います。

フリーランスとの違いは、非正規雇用として会社(または病院)に雇われていることや、給与が給与制になっていることです。

フリーランス看護師とは

フリーランス看護師は、雇用されていません。業務委託として会社(または病院)と契約し、仕事をしています。

そのため、依頼内容の仕事をこなせれば自由に働く時間を調整できます。この点は派遣看護師と少し似ていますね。

また、給与としては報酬制で、契約内容によって変わります。フリーランスなので、自分で税金処理を行わなければいけません。

フリーランスは契約で働いているので、様々な仕事を組み合わせて働いている方が多いです。

イベントナースやツアーナース、時には派遣社員もこなしながら組み合わせて働けるので、活動の幅を広げられますね。

フリーランスの看護師のメリット・デメリット

フリーランス看護師の仕事幅はとても広く、働き方も正社員看護師に比べて柔軟なところが良いところです。

ただ、良いところだけではありません。フリーランス看護師だから悪いところもあります。

ここではフリーランス看護師になるメリット・デメリットについて紹介していきます。

メリット・デメリットをまとめるとこんな感じです。

  • メリット:やりたいことができる
  • デメリット:報酬が不安定である

それぞれ説明していきます。

フリーランス看護師のメリットはやりたいことができる

フリーランス看護師になると、活動の幅が広がります。今働いているところの看護ではない看護ができたり、病院以外での活動も可能です。

しかし、雇われている状態だと、就業規則や時間の問題で活動の幅が制限されてしまいます。

看護師として独立し、やりたい看護も、看護とは全く違った活動も、自分の行動次第で活躍できるのが大きなメリットです。

フリーランス看護師のデメリットは不安定なこと

フリーランス看護師のデメリットは不安定なことです。

会社(または病院)で働いていれば、給与や税金、勤怠など、会社(または病院)が管理してくれるので安定します。

しかし、フリーランス看護師は、仕事獲得やその報酬、税金処理、仕事作業など全て自分で管理しなくてはいけないので、不安定になりがちです。

そのため、自己管理ができない人にとってフリーランスとして独立するのはおすすめできません。自己管理ができる方であれば、さまざまな厄介ごとも乗り越えていけるでしょう。

フリーランス看護師の仕事はエージェントや求人サイトを活用

フリーランス看護師の仕事はエージェントや求人サイトを活用すれば見つかります。看護師は常に人材不足の売り手市場なので、求人募集はたくさんあります。

正社員看護師をやめて、まずは派遣社員・パート看護師として勤めてみましょう。

まずは今の職場を辞めることから始めてみてはどうでしょうか。

フリーランスの看護師まとめ

フリーランス看護師の働き方やメリット・デメリットについて紹介してきました。

フリーランス看護師はさまざまな仕事を組み合わせて活動していくので、活動の幅を広げやすく、看護師以外の活動にも時間を割けます。

一方で、自己管理ができていなければ仕事も活動も大変になるでしょう。

今、正社員として働きながら悩んでいる方にとって、フリーランス看護師が新しい選択肢になったら幸いです。

  • 現在働いている場所で、できることは何か?
  • あなたがこれから看護師としてどのように活動していきたいのか?

などなど、それぞれを明確にすれば、あなたがこれから看護師として歩む道が見えてくるでしょう。