フリーランスになると、年収はどれくらいになるんだろう

フリーランスとしての働き方が注目されていますが、実際どれくらいの年収なのか気になりますよね。

フリーランスの年収がどれくらい見込めるかで、フリーランスになるかどうかを判断したい方も多いと思います。

そこで今回の記事では、フリーランスの年収支払う必要のある税金についてご説明します。

フリーランスの年収

フリーランスの年収は、業種や職種によって変わってきます。

今回はWebフリーランスの職種に絞ってご紹介します。

  1. Webデザイナー
  2. Webプログラマー
  3. ライター

それぞれみていきましょう。

Webデザイナー

フリーランスのWebデザイナーの平均年収は、250万円〜300万円程度です。

企業に勤めるWebデザイナーの平均年収が300万〜400万円程度です。

そのため、フリーランスの平均年収の方が企業に勤めるWebデザイナーよりも低いのが現状です。

Webデザイナーが年収を上げるためには、Webディレクターなどの上流工程の仕事をできるようになることが必須です。

デザインするなどの作業だけでなく、クライアントの要望をヒアリングし、どのようなWebデザインにするかを決めることができるようになることで年収を上げられます。

Webプログラマー

フリーランスのWebプラグラマーの平均年収は、400万円〜500万円程度となっています。

Webプログラマーが年収を上げるためには、複数のプログラミング言語を扱うことが必要です。

また、プログラムを書くことができることに加えて、要件定義や基本設計レベルに関わることができると単価を上げれます。

他にも、チームを率いたことがあったり、プロジェクトを進めたことがあるなどのマネジメントの経験があると単価が上がります。

ライター

フリーランスのライターの平均年収は、300万円程度となっています。

ライターの年収は、Web媒体だけでなく、紙媒体でも書けるライターの方が年収が高い傾向です。

Webライターとして年収を上げるためには、コピーライターやブロガーとして知名度のあるライターになる、もしくは編集・編集長のような上流工程に関わることが必要です。

フリーランスが支払う税金

フリーランスは会社員と違い、自分自身で確定申告を行い、所得を確定させます。

そのため、会社員のように税金が引かれた金額が振り込まれるわけでなく、自分自身で確定申告を行ってから税金を支払うことになります。

報酬を受け取った後に支払うため、お金の管理をしましょう。

フリーランスにとってお金の管理は必要なスキルです。

フリーランスが支払わないといけない主な税金は以下の種類です。

  1. 所得税
  2. 住民税
  3. 個人事業税
  4. 国民健康保険
  5. 国民年金保険

それぞれどのくらいの金額を支払うのかを確認しておきましょう。

フリーランスの生存率

ここまで、フリーランスの年収や支払う必要のある税金についてご説明してきました。

実際にフリーランスとして独立した人がどれくらいの生存率になるのでしょうか。

中小企業白書(2006年版)の「開業年次別 事業所の経過年数別生存率」によると、個人事業主の4割が1年で廃業しています。

フリーランスとして生き抜くために

フリーランスとして生き抜くために以下2つのスキルが必要です。

  1. 営業力
  2. 自己管理能力

それぞれについてみていきましょう。

営業力

フリーランスは自分自身で仕事を獲得しなければなりません。

そのためには、営業力が必須です。

営業力と聞くと、飛び込み営業など大変なイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

しかし、営業力はクライアントに対してより良い提案ができるかどうかの能力です。

例えば、Webライターとして仕事をしている場合で考えてみましょう。

Webメディアを運営しているクライアントに対してそれぞれの提案をした場合、どちらが営業力があるでしょうか。

  • 文章を書くことができる
  • Webメディアのゴールを理解し、ゴールの達成のために必要な文章を書くことができる

営業力のあるライターは、後者になります。

フリーランスを目指す方は、クライアントにより良い提案をするための訓練をしましょう。

自己管理能力

フリーランスは上司がいるわけではないので、自分で自分を管理しなければなりません。サボろうと思えば、いくらでもサボれてしまうのがフリーランスです。

そのため、自己管理能力が必要となり、具体的には以下の2つの自己管理能力が必要です。

  1. お金の管理
  2. 労務管理

フリーランスは経理も自分で行うため、税金や経費などにいくら支払わなければならないのか、クライアントから入金が滞りなくあるかなどお金の管理能力が必須です。

お金の管理ができなければ、お金にルーズな印象をクライアントに与えてしまい、信頼を落としてしまいます。

また、気をつけたいのが労務管理です。

フリーランスとして働いていると、仕事を抱えすぎてセルフブラック状態に陥りやすくなります。

働きすぎると知らず知らずのうちに身体を壊してしまうため、自分自身で労務管理を行いましょう。

まとめ

今回の記事では、フリーランスの年収や支払う必要のある税金についてご説明しました。

  1. フリーランスの年収
  2. フリーランスの支払う税金
  3. フリーランスの生存率
  4. フリーランスとして生き抜くために

フリーランスになりたいと考えている方は、今回の記事を参考にしてみてください。