「フリーランスとして活動を始めたけど、どんな名刺を作ればいいのかわからない」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

フリーランスとして活動をするにあたって名刺が必要だと思っていても、どのような名刺を作ればいいかわからないですよね。

フリーランスの名刺は、上手く活用することで仕事を獲得することにつなげることができます。

そこで今回の記事では、フリーランスとして必要になる名刺の作り方と内容について解説していきます。

フリーランスで名刺の作り方に悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

フリーランスが名刺を作る理由

フリーランスが名刺を作る理由は、クライアントから仕事を獲得するためです。

名刺は、クライアントから仕事を獲得するための営業のツールとして使えます。

営業のツールとして使うためにはどんな名刺にするかを考える必要があります。

そのために、必要な情報を整理し、情報を伝えるためのデザインを考えましょう。

フリーランスの名刺に必要な情報

名刺には、仕事を依頼したいと考えるクライアントが気になることを載せておきましょう。

そうすることで、クライアントが質問する手間を省くことができ、仕事獲得につながります。

以上を踏まえて、フリーランスの名刺に必要な情報は以下の項目になります。

  • 肩書き
  • 実績
  • ホームページ
  • SNSアカウント
  • 料金
  • 連絡先

なぜこの項目が名刺に載せる必要があるのか。

それぞれについてみていきましょう。

肩書きで何ができるかを伝える

名刺を渡して最初に見られるのが、肩書きです。

クライアントに営業をする上でどのような肩書きかは重要になります。

何ができるのかを伝える肩書きを載せることで、クライアントに対して、印象に残る存在になれます。

例えば、あなたがフリーのライターとして活動しているのであれば、フリーライターと名乗りましょう。

また、より専門分野がある場合は、そちらも載せておきましょう。

もしインタビューが専門分野であれば「インタビューライター」と名乗ることで、よりクライアントの印象に残りやすくなります。

今はまだ専門分野がない場合などは、これから推していきたい分野に関する肩書きを載せましょう。

実績を伝えて安心感を持ってもらう

クライアントからフリーランスに仕事を依頼するときに「この人は信頼できるのがだろうか」と不安に思います。

まだ信頼関係ができていない場合は、安心感を持ってもらうために名刺にこれまでの仕事の実績を載せておきましょう。

クライアントを納得させることができるのは、実績になります。

ホームページやブログで魅力をより伝える

ホームページやブログを持っている場合は、URLを載せます。

ホームページやブログを見てもらうことで、対面で伝えれなかったことを知ってもらえます。

例えば、イラストレーターであれば、これまで作成したイラストや細かい料金設定などをホームページやブログで伝えることができます。

SNSでつながる

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSアカウントを持っている方は名刺に載せておきましょう。

クライアントとSNS上でつながることで、今後継続して案件を獲得できる可能性が広がります。

例えば、Twitterでクライアントの近況を知ることで、状況を把握して適切なタイミングでこちらから営業をすることができます。

継続して仕事を獲得したいと思えるクライアントは、ぜひSNSでつながっておきましょう。

料金の目安を伝える

クライアントが仕事を依頼しようと思っても、料金の目安が書いていないと躊躇してしまいます。

料金の目安がない場合、一度料金について尋ねる手間が発生してしまうからです。

ある程度の料金の目安を載せ、「ご相談ください」の一言を添えておくと、より仕事を発注してもらいやすくなります。

問い合わせにつなげるために連絡先を載せる

フリーランスの名刺に欠かせない情報が、連絡先になります。

クライアントは、スムーズな連絡のやり取りをしてくれるフリーランスに仕事を依頼したいと考えます。

普段の業務で連絡を取っている電話番号やメールアドレスを載せておきましょう。

フリーランスの名刺のデザインについて


フリーランスの名刺デザインは、クライアントにどのような印象を持ってもらいたいかで変わります。

例えば、コンサルティング業をしているのであれば、クライアントに落ち着いた印象を与える必要があります。そのため、メインカラーはネイビーにするなどが考えられます。

また、クライアントにとって見やすいかどうかもデザインでは重要になります。

いくらオシャレでも文字が小さすぎたり、読みづらいフォントで作ることは避けましょう。

名刺はあくまで、クライアントから仕事を依頼してもらうための営業ツールになります。

フリーランスの名刺の作り方

フリーランスの名刺の作り方は、自分で名刺をデザインするかプロに任せるかが考えられます。

名刺を作るといっても、デザインから紙の質、片面なのか両面なのか、様々なことを考える必要があります。

プロに任せる場合でも、全てお任せするのではなく、自分自身でイメージを作成して伝えることで、より満足度の高い名刺が出来上がります。

今では、リーズナブルに手軽に注文できるネットサイトなども多くあるため、自分自身でも作ってみることをオススメします。

あなた自身の魅力を伝えることができる名刺を作成し、仕事獲得につなげましょう。

まとめ

今回の記事では、フリーランスとして必要になる名刺の作り方と内容について解説してきました。

フリーランスにとって名刺は、仕事を獲得するための重要な営業ツールです。

名刺には、仕事を依頼したいと考えるクライアントが気になることを載せておきましょう。

そうすることで、あなた自身が営業して回らなくても名刺が仕事を獲得してきてくれます。

今回の記事を参考に名刺を作成し、今後のお仕事獲得につなげていきましょう。