「フリーランスは生命保険に加入したほうがいい?」

「フリーランスは会社員と違って不安定と聞いたけど、実際どうなの?」

フリーランスを目指している・フリーランスになりたての方で、このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

フリーランスは自由な働き方ですが、全て自己責任となるので不安も大きいですよね。

そこで、今回の記事ではフリーランスの方が生命保険に加入する必要があるのかを解説していきます。

具体的には、

  • フリーランスと会社員との違い
  • フリーランスで生命保険の加入を検討したほうが良い方
  • フリーランスは生命保険を経費にできない

の順番に紹介します。

フリーランスに生命保険は必要?厚生年金に加入できないため、遺族年金が少なくなる

そもそもなぜフリーランスは生命保険の加入を検討しなければいけないのでしょうか?理由としては、フリーランスは会社員と違って厚生年金に加入できないからです。

フリーランス(個人事業主)は厚生年金に加入できないので、もし亡くなった場合は会社員の方よりも遺族年金で受け取れる金額が少なくなります。

このような違いから、フリーランスの方は生命保険の加入を検討する必要があります。

では、具体的にどのような方が生命保険に加入したほうがいいのでしょうか?解説していきます。

家族がいる方は生命保険を検討しよう

フリーランスで生命保険に加入したほうがいいのは、家族がいる方です。

なぜなら、もしものことがあった場合に家族を養っていくことが難しくなるから。

例えば、

  • 夫:フリーランス
  • 妻:専業主婦
  • 子供二人

の家族の場合に、夫にもしものことがあったら家族を養っていくことが大変になります。

ただし、家族がいる方でも

  • 資産形成ができている
  • パートナーの収入で家族を養うことができる

のような状況の方であれば、必ずしも生命保険に加入する必要はありません。資産状況や将来的な事を踏まえて、生命保険に加入するかどうかを判断しましょう。

フリーランス(個人事業主)の場合は生命保険は経費にできない

フリーランス(個人事業主)の方が生命保険に加入した場合、生命保険の支払いを経費にはできませんので注意しましょう。フリーランス(個人事業主)が生命保険に対して支払った場合は、プライベートな支出として扱われるからです。

ただし、確定申告の際に生命保険料控除制度として控除の対象となるので、申告しておきましょう。

フリーランスは会社員と違って厚生年金に加入できないことを前述しました。フリーランスは厚生年金に加えて、労災保険にも加入することができません。労災保険に加入できないということは、どういったことなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

フリーランスは労災保険に加入できないため、怪我や病気で働けない時は補償がない

フリーランス(個人事業主)は労災保険に加入できません。会社員の方は労災保険に加入しているので、通勤や業務中に怪我や病気となった場合補償を受けることができます。一方で、フリーランスの方が怪我や病気となった場合、補償を受けることはできません。

もしフリーランスの方が怪我や病気で働けない状況になったら、収入がなくなってしまいます。そのため、フリーランスは働けなくなった時のために備える必要があります。働けなくなった時のための備えとしては、以下の2つです。

  • 1年分の生活費を貯蓄しておく
  • 所得補償保険に加入しておく

働けなくなった時のために、1年分の生活費を貯蓄しておきましょう。フリーランスは働けなくなるだけでなく、売り上げが下がってしまう場合もあります。心の安定のためにも生活費分は貯蓄を確保しておくのがおすすめです。

続いて、所得補償保険について解説していきます。

所得補償保険は、働くことができなくなった場合に収入を補償してくれる保険

所得補償保険は、フリーランス(個人事業主)が働くことができなくなった場合に収入を補償してくれる保険です。

もしフリーランス(個人事業主)が病気や怪我で働けなくなったら、収入がストップしてしまいます。そのような時に収入を保証してくれる所得保証保険に加入しておくことで、収入が補償されます。

十分に貯蓄などの資産形成ができている場合は加入しなくても大丈夫ですが、貯蓄が十分ではない方は加入しておくのがおすすめです。

フリーランス協会の所得補償制度もおすすめ

所得補償保険は、損害保険会社が販売する保険です。

所得補償は他にも、フリーランス協会が提供している所得補償制度があります。フリーランス協会の所得補償制度は、所得補償だけでなく

  • 所得補償プラン
  • 傷害補償プラン
  • 親孝行サポートプラン・介護サポートプラン

の3つの保険が1つになった制度です。

また、フリーランス協会の一般会員になると、

  • フリーランス賠償責任保険
  • 福利厚生サービス「WELBOX」
  • 会計サービスやコワーキングスペースの特別優待

などの特典を受けることができます。詳しくは関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:フリーランス協会はフリーランスの味方!保険や福利厚生について解説

状況に合わせて生命保険を活用しよう

今回の記事の内容をまとめます。

  • フリーランスは厚生年金に加入できないため、会社員よりも遺族年金が少なくなる
  • 家族がいるフリーランスは生命保険の加入を検討するのがおすすめ
  • フリーランスは生命保険を経費にはできない
  • 怪我や病気の時に所得を補償して欲しい人は、所得補償保険に加入しよう
  • 損害保険会社の所得補償保険だけでなく、フリーランス協会のプランもおすすめ

フリーランスは自由な働き方ですが、その分責任も全て自分に振りかかってきます。その分のリスクを軽減するためにも、生命保険や所得補償保険への加入を検討するのがおすすめです。