「フリーランス、自営業、起業の言葉は知っているけども、それぞれの定義や違いがわからない」

なんとなくそれぞれのイメージは湧くけども、しっかりとそれぞれの働き方を差別化して理解できている人はおそらく少ないでのはないでしょうか。

こちらの表をみてもらうと一目瞭然ですが、似ているように見えて実はこんなにもそれぞれの特徴が分かれています。

働き方特徴
フリーランス個人で仕事の契約をして活動する
自営業=個人事業主
企業に属さず仕事をする
起業仕事を作り出す

特徴を見てもいまいちピンと来ないという人にここではより具体的にわかりやすく、フリーランス、自営業、起業の違いを説明していきます。

フリーランスとは

フリーランスという言葉そのものは「働き方」を示しています。

フリーカメラマン、フリーライター、フリーデザイナーなど仕事内容はそれぞれ違いますが、共通点は店舗を持たず、個人で仕事の契約をして活動しているということです。

関連記事:フリーランスとは?メリットとデメリットまで分かりやすく解説

フリーランス=店舗を持たず、個人で仕事の契約をして働く人

フリーランスは、店舗を持たずに個人で仕事を探し、複数または単数のクライアントと直接仕事の契約をし、仕事をこなすことで報酬をもらうという働き方です。

例えば、フリーライターなら個人で雑誌編集社やウェブメデイアのサイトとライター契約を交わして仕事をします。

依頼された記事を作成し納品することで報酬が発生します。

報酬も仕事の内容によって違い、仕事の契約数や収入を安定させるために定期的に仕事を受注する必要があります。

フリーランスは得意分野の仕事で自分の強みをいかす仕事ができるため、会社員時代よりも努力次第では稼げるというメリットがあります。

関連記事:実は無数にある!フリーランスの仕事の種類について解説

自営業とは

自営業という言葉を使う人もいれば、個人事業主という言葉を使う人もいるので、「自営業と個人事業主は別物なの?」と混乱している人もいるかと思います。

個人事業主とは自営業の法的な呼び方です。

つまり「自営業=個人事業主」となります。

自営業(個人事業主)=企業に属していない人

自営業とは企業に属していない人のことを言います。

「企業に属していないなら、フリーランスも同じでは?」と思うかとしれませんが、ここでいう自営業とは個人でお店を経営している人のことをいいます。

例えば、ネイルサロン、居酒屋さん、花屋さんなど企業に属さず個人でお店を営んでいる人のことです。

ちなみに、フリーランスとはあくまでも「働き方」を指し、個人事業主とは「法的な呼び方」のことを指すので必ずしも「フリーランス=個人事業主」ではありません。

法人成りした自営業者もいる

法人化(会社化)した自営業者もいます。

この場合働き方は同じでも個人事業主(自営業者)ではありません。
法人化をしたら必ずしも社員を雇う必要はなく、フリーランスと同じように一人で活動をしている人もいます。

ではなぜ、自営業者が法人化をするのかというと、

  • 所得税→法人税に変わるので節税効果がある
  • 個人よりも法人の方が社会的信用度が上がる
  • 社会保険に加入ができる

というメリットがあるからです。
法人化をすると、自分の給料も経費として申告できるうえ法人税の税率は一定となっています。

また「法人」というだけで社会的信用度は格段に上がります。

大きな仕事の案件も個人より法人の方が取りやすいのは「信頼度」の面で左右されるポイントでもあるからです。

なかには金融機関からの融資や、ローン審査も個人事業主から法人化したらすんなり通ったという事例もあります。

そして社会保険だと老後にもらえる年金額が国民年金よりも多い厚生年金に加入できます。

起業とは

起業とは事業を立ち上げ、仕事を作り出すということです。
では「仕事を作り出す」とは一体どういうことなのか、解説していきます。

起業家=仕事・雇用を生む人

起業をしただけでは仕事はゼロの状態なので、仕事を取引先からとってきたり、自分で仕事を作り出していかなければいけません。

起業したばかりの頃は、予算などの関係で仕事を作り自分でその仕事をこなすこともありますが、起業家というのは新規開拓や仕事のアイディアを生み出し常に仕事を作り続けていく必要があります。
そして新しい仕事を提案し発信する力というのも重要です。

会社で例えるなら、

  • 仕事・雇用を生む人=社長
  • 仕事をこなす人=社員

ということです。

社長が新たな仕事を作っていかなければ、社員は当然仕事がなくなり途方にくれることになりますし、仕事を作り出せない会社は倒産という悲惨な末路をたどることもあり得ます。

安易な気持ちで起業をするのではなく、しっかりと事業計画を立てることが大事です。

フリーランサーから起業家へ

フリーランスは個人で受注して仕事をしますが、中には自分で出来る範囲を越えた仕事を受注して従業員を雇う人もいます。

例えば、ウェブデザイナーはHPをデザインし作成することはできますが、ライターのように文章を書くことは専門分野外です。

しかしクライアントから「新しくメディアを作るからHPと、そこに載せる記事を書いてほしい」と頼まれたとします。

これまでならデザイン以外の仕事はできないので断っていた案件も、ライターを雇うことでその問題は解決します。

このように、個人で活動していた時には手を出せなかった仕事にも、従業員を雇うことで仕事の受注が可能になり仕事の幅を広げることができるのです。

結果的に生産性も上がり、収益増加にも繋がります。

まとめ

以上がフリーランス、自営業、起業の違いになります。

最近では高校を卒業して進学せず起業の道へ進む人も増え起業家が増加傾向にある印象を受けますが、それ以上にフリーランス人口が増加傾向にあります。

そして総務省が「雇用関係に頼らない働き方」としてテレワークの推進を行なっていることから、今後はより一層自由度の高いフリーランスという働き方が注目されていくことでしょう。

関連記事:フリーランスになるには?未経験からなるための具体的な方法を解説