「フリーランスのインストラクターになりたいけど、なるには資格とかが必要なのかな?」

身体を動かすことが好きで、これまで競技に取り組んできた方であれば、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

フリーランスのインストラクターの仕事内容は様々で、なるための方法も異なります。

そこで今回の記事では、

  • フリーランスのインストラクターの仕事内容
  • フリーランスのインストラクターになるためのステップ
  • 人気のインストラクターになるために必要なこと

の順番に重要なポイントをご紹介。

フリーランスのインストラクターになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスのインストラクターの仕事内容

フリーランスのインストラクターの仕事と聞くと、フィットネスクラブで働くインストラクターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、インストラクターにはフィットネスクラブ以外で働く方もいます。

代表的なインストラクターは、フィットネスクラブで働くインストラクターも含め、以下の2つです。

  • フィットネスクラブのインストラクター
  • スポーツインストラクター

それぞれのインストラクターについてみていきます。

フィットネスクラブのインストラクター

フィットネスクラブのスポーツインストラクターの仕事内容は、お客様に合わせてトレーニングメニューなどを考え、運動指導を行うことです。

間違ったトレーニングを続けていると、効果が出ないだけでなくケガにつながります。そのため、適切な運動方法やトレーニングマシンの使い方を伝えなければなりません。

また、フィットネスクラブのインストラクターは、下記のような特定の分野を専門とするインストラクターの方もいます。

  • ヨガ
  • ダンス
  • エアロビ
  • 水泳

これまでの競技経験などを活かして専門性を高めていきましょう。

続いて、スポーツインストラクターについてみていきます。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、それぞれの種目のスポーツを運動指導します。

大きく分けて以下の2つパターンに分かれます。

  • クラブチームなどのスポーツインストラクター
  • アウトドア体験などのスポーツインストラクター

詳しくみていきます。

クラブチームなどのスポーツインストラクター

クラブチームなどのスポーツインストラクターは、競技選手のパフォーマンスを高めるために運動指導します。

クラブチームといっても、プロのスポーツチームから小学生まで幅広くあります。

それぞれのチームの選手のレベルや年齢などに合わせた運動指導が求められるため、選手に合った指導法が重要です。

スポーツインストラクターは、プロチームの場合、より細かく分類できます。

  • チームのサポート「アスレティックトレーナー」
  • 怪我からの復帰を目指す選手を応援「メディカルトレーナー」
  • 肉体のパフォーマンス向上を担当「ストレングストレーナー」
  • 日々の身体の調子を整える「コンディショニングトレーナー」

あなたに合ったスポーツインストラクターを目指しましょう。

続いて、アウトドア体験などのスポーツインストラクターについてみていきます。

アウトドア体験などのスポーツインストラクター

アウトドア体験などのスポーツインストラクターは、レジャー目的などのお客様向けに運動指導します。

そのため、競技能力を高めるというよりも、初心者でも楽しめるように工夫することが求められるため、コミュニケーション能力が重要です。

アウトドア体験などのスポーツインストラクターの種類は、以下のようなものが挙げられます。

  • スキー
  • カヌー
  • ラフティング

シーズンで楽しめるスポーツが多いです。

ここまでインストラクターの仕事内容についてご紹介してきました。

次は、実際にフリーランスのインストラクターになるためのステップについてご紹介します。

フリーランスのインストラクターになる3ステップ

フリーランスのインストラクターになるためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

フリーランスのインストラクターになるためには、以下の3ステップが重要です。

  • ステップ1:インストラクターについて学ぶ
  • ステップ2:学んだことを現場で実践する
  • ステップ3:得意分野を見つけて独立する

それぞれのステップについて解説します。

ステップ1:インストラクターについて学ぶ

まずは、インストラクターになるために必要な知識を学びましょう。

知識を学ぶためには、以下の3つのパターンです。

  • 大学や専門学校で学ぶ
  • 就職して学ぶ
  • 競技経験を活かして独学

インストラクターになるためには、特に資格は必要ありません。

資格は必要ありませんが、お客様の身体に関わる仕事なので、最低限の知識は身につけておきましょう。

次のステップでは、インストラクターの知識を身につけ、実践していきます。

ステップ2:学んだことを現場で実践する

インストラクターの知識を身につけたら、実際に現場で実践していきましょう。

知識として身につけても、実際にはお客様によって状況が異なるため、一人一人に合わせた指導法が重要です。

そのためにも、知識として身につけたものを実践していきましょう。

実践したことが、自分の中に定着します。

実践してスキルを身につけたあとは、他のインストラクターとの差別化のために得意分野を見つけていきましょう。

ステップ3:得意分野を見つけて独立する

独立するためには、得意分野を見つけることが大切です。

得意分野があることで、他のインストラクターと差別化が図れます。

他のインストラクターと差別化が図れることで、集客につなげることが可能です。

フリーランスとして独立して、自分でイベントをする際や、フィットネスクラブと契約してレッスンをする場合でも、インストラクターは集客が重要になります。

得意分野を伸ばして集客できるインストラクターになろう

今回の記事では、

  • フリーランスのインストラクターの仕事内容
  • フリーランスのインストラクターになるためのステップ
  • 人気のインストラクターになるために必要なこと

についてご紹介しました。

フリーランスのインストラクターになりたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。