歯科衛生士でもフリーランスとして働くことはできるのかな?

歯科衛生士として働いている、これから歯科衛生士を目指している方であれば、このようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

フリーランスとして働く歯科衛生士のイメージは、なかなか描きづらいですよね。

そこで今回は、フリーランスの歯科衛生士の仕事内容やフリーランスのメリットについて解説していきます。

具体的には、

  • フリーランスの歯科衛生士の仕事内容
  • 歯科衛生士がフリーランスとして働くメリット
  • 仕事の獲得方法

の順番にご紹介します。

フリーランスの歯科衛生士に興味がある方の参考になれば幸いです。

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容は、大きく

  • 歯科医院での勤務
  • 歯科衛生士の知識を生かした仕事

に分けることができます。

具体的な仕事内容としては、以下の4つです。

  1. フリーとして歯科医院で働く
  2. 歯科衛生士のスタッフ教育
  3. セミナー講師
  4. 歯科に関するライティングなどの監修

それぞれの仕事内容をみていきましょう。

フリーとして歯科医院で働く

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容の1つ目は、フリーとして歯科医院で働くことです。これまでの歯科衛生士の知識や技術を活かすことができ、補助的な作業からインプラント治療など医院によって求められる内容は様々です。

フリーランスとして自分自身の単価を上げていくためには、より専門的な知識や技術が必要です。どのような内容であれば単価を上げていくことができるのかを常に考える必要があります。

歯科衛生士のスタッフ教育

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容の2つ目は、医院の歯科衛生士を教育する立場として働くことです。

近年歯科医院のスタッフの教育難易度は増しており、院長だけでは手が回っていないのが現状です。医院の歯科衛生士の仕事内容は診療の補助業務に加えて、

  • 分業制の能力
  • 知的労働力
  • コミュニケーション力

なども求められています。

さらに、優秀な歯科衛生士に補助業務などの仕事だけをさせていれば離職にもつながります。

歯科医院の売上利益を上げるためには、歯科衛生士のスタッフ教育は必要です。

そのため、歯科医院のスタッフを教育したり管理できるマネジメント能力が求められます。

セミナー講師

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容の3つ目は、自身の臨床や研修で学んだ知識を伝えるセミナー講師です。歯科医院向けや企業向けなど様々なセミナーが開催されています。

セミナー講師として仕事を獲得するためには、普段から最新の情報をキャッチアップすることと合わせて、講師を呼んでいる医院や企業がどのような情報を求めているのかを考えましょう。

ライティングの監修

フリーランスの歯科衛生士の仕事内容の4つ目は、Webメディアでの監修や自分自身で執筆などのライティングです。

Webメディアでの監修は、薬機法に基づいた正しい情報を発信しているかなどをチェックします。近年医療に関する情報発信では正確性や法律への遵守性が高いレベルで求められているため、ライティングに関する需要が増加しています。

ここまでフリーランスの歯科衛生士の仕事をご紹介しました。

  • フリーとして歯科医院で働く
  • 歯科衛生士のスタッフ教育
  • セミナー講師
  • 歯科に関するライティングなどの監修

続いて、歯科衛生士がフリーランスとして働くメリットとデメリットをご紹介します。

フリーランスとして働くメリットは自由な働き方

フリーランスとして働く最大のメリットは、自由な働き方が実現できることです。歯科医院での仕事だけでなく、様々な仕事を組み合わせて働くことが可能です。

例えば、

  • 週3日は歯科医院での勤務
  • 残りの時間をWebメディアでの執筆にあてる

も実現することができます。

また、収入の増加も自分の頑張り次第で伸ばしていくことができるため、収入を自分で上げていきたい人におすすめな働き方です。

フリーランスとして働くデメリットは収入の不安定さ

フリーランスとして働くことは、メリットだけでなくデメリットもあります。フリーランスとして働くデメリットは、いつ仕事がなくなるかわからない不安定さです。

自分で収入や労働時間をコントロールできる反面、リスクもあるのがフリーランスの働き方です。収入の不安定さを回避するためには、クライアントを分散する必要があります。

例えば、4社と契約していた場合に1社の仕事がなくなっても、残りの3社の報酬が確保できます。もし分散せずに1社だけだった場合、1社の仕事がなくなったら収入がなくなってしまいます。

フリーランスのデメリットを把握し、対策を行いましょう。

SNS・ブログでの発信も重要

フリーランスの歯科衛生士として活動していくのなら、SNS・ブログの発信も重要です。SNS・ブログで発信していくことは自分自身のブランディングに繋がるため、セミナー講師やライティングの監修などの仕事を獲得に効果的です。

ブランディングというと難しく聞こえますが、簡単に言うと自分自身を表す肩書きを作ることです。「〇〇といえばあの人」と認識してもらうことで、仕事獲得、単価アップに繋がります。

SNSやブログでの情報発信については、関連記事でより詳しく解説していますので、ぜひご一読を。

関連記事:フリーランスはブランディングするために専門性を発信しよう【メリット多数】

歯科衛生士として様々な働き方を実現しよう

今回の記事の内容をまとめます。

  • フリーランスの歯科衛生士の仕事内容は主に4つ
  • 収入の増減や労働時間の自由度はフリーランスのメリット
  • SNSやブログの活用もフリーランスには重要

今回の記事では、フリーランスの歯科衛生士の仕事内容やメリットなどについてご紹介しました。

フリーランスは自由な働き方が実現できる反面、収入がなくなるなどのリスクがあります。あくまでフリーランスは働き方の一つの選択肢なので、どのような働き方が自分にとって理想なのかをまずは考えてみるのがおすすめです。