クライアントから請求書は源泉徴収を記載してと言われたけど、どうしたらいいんだろう

フリーランスになりたての方であれば、このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

フリーランスになると、自分自身で経理まで行う必要があり、大変ですよね。

しかし、一度理解してしまえば難しくありませんし、確定申告の際に還付されることもあるので、ぜひとも知っておきましょう。

今回の記事では、フリーランスになりたての方に向けて、源泉徴収について、また請求書の記載方法について解説していきます。


MFクラウドで会計業務を効率化

会計ソフトで有名なマネーフォワードが提供するマネーフォワードクラウド(MFクラウド)は、銀行口座やクレジットカードなどと連携して帳簿付けができるため、面倒な会計業務を効率化することが出来ます。

また、MFクラウドは様々なバックオフィス業務を効率化できる機能が備わっていますが、いずれも動画マニュアルなどが付いているため、初心者でも使いやすいです。

「初めて確定申告をする」

「初めてクラウド会計ソフトを利用する」

「会計業務とか全然わからない」

という初心者の方に優しいサービスとなっています。

MFクラウドの詳細を見てみる

源泉徴収とは?

源泉徴収とは、報酬を支払うクライアントがフリーランスの報酬から天引きすることで代わりに納税してくれる制度です。

フリーランスに報酬を支払う際だけでなく、給与として支払う際にも源泉徴収を行うため、会社に勤めていた経験がある方は馴染みのある言葉だと思います。

源泉徴収はざっくりとした計算で算出されるため、多めに支払うことも多いです。

そのため会社員は年末調整、フリーランス(個人事業主)は確定申告をすることで返還/追加納税をして調整するようになっています。

源泉徴収の対象となる職種

フリーランスで源泉徴収が必要な報酬・料金は、国税庁が以下のように指定しています。

 

  1. イ 原稿料や講演料などただし、懸賞応募作品の入選者などへの支払については、一人に対して1回に支払う金額が5万円以下であれば、源泉徴収をしなくてもよいことになっています。
  2. ロ 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
  3. ハ 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
  4. ニ プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
  5. ホ 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
  6. ヘ ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
  7. ト プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
  8. チ 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金

国税庁 源泉徴収が必要な報酬・料金等とはより引用

 

少しわかりづらいですが、Webフリーランスとして対象となる職種は、以下の2つと認識しておきましょう。

  1. Webライター
  2. Webデザイナー

 

源泉徴収の金額の計算方法

100万円以下の金額であれば、支払い金額に10.21%を掛けた金額が源泉徴収の金額です。

例えば、100,000円の場合だと、

100,000円×10.21%=10,210円

なので、10,210円が源泉徴収の金額です。

支払い金額が100万円を超える金額に対しては、20.42%です。

注意点としては、100万円を超える金額すべてに20.42%を掛けるのではないことです。

例えば、200万円の場合だと、

  • 100万円まで:1,000,000円×10.21%=102,100円
  • 100万円を超えた金額:1,000,000円×20.42%=204,200円
  • 源泉徴収の合計金額:102,100円+204,200円=306,300円

となります。

源泉徴収の計算方法には注意しましょう。

クラウドソーシングにおける源泉徴収

クラウドソーシングでの源泉徴収で注意したい点は、システム手数料を引かれる前の金額が源泉徴収の対象になることです。

クラウドソーシングでは、金額に応じて運営会社にシステム手数料を支払います。

例えば、システム手数料が20%で10,000円の案件で源泉徴収される場合の報酬額は以下のようになります。

  • 源泉徴収金額:10,000円×10.21%=1,021円
  • システム手数料:10,000円×20%=2,000円
  • 消費税:10,000円×8%=800円
  • 報酬額:10,000円-2,000円-1,021円+800円=7,779円

消費税が内税の場合は、消費税分の800円を引いた金額です。

請求書における源泉徴収の書き方

源泉徴収の有無は、クライアントによって変わるため事前に確認しましょう。

源泉徴収を行う場合は、請求書に記載します。

書く順番としては、以下になります。

  1. 請求する品名の小計
  2. 消費税
  3. 源泉徴収額
  4. 合計

前述しましたが、請求する品名の金額の小計に源泉徴収の税率を掛けます。

  1. 100万円以下は10.21%
  2. 100万円以上は20.42%

金額の記載

報酬の金額に対して消費税を掛けます。

例えば、10万円の場合だと、

  • 源泉徴収額:100,000円×10.21%=10,210円
  • 消費税額:100,000円×8%=8,000円
  • 請求合計金額:100,000円-10,210+8,000円=97,790円

となるので、請求合計金額は97,790円になります。

気をつけたい点は、消費税は請求する金額の小計に対して掛かることです。

小計から源泉徴収額を引いた後に、消費税額を足します。

確定申告での手続き

源泉徴収は、所得税の徴収の漏れを防ぐための制度です。徴収の漏れを防ぐために、前もって納税しています。

そのため、所得控除や必要経費の計上をした場合に、税金を多く納めていることがあります。

税金を払い戻してもらうためには、確定申告で申告します。

  • 源泉徴収額>支払うべき所得税

上記の場合は還付金としてお金が戻ってきます。

  • 源泉徴収額<<支払うべき所得税

上記の場合は、不足分を納税しなければなりません。

まとめ

今回の記事では、フリーランスになりたての方に向けて、源泉徴収について解説しました。

  1. 源泉徴収とは
  2. 請求書における源泉徴収の書き方
  3. 確定申告での手続き

フリーランスとして生計を立てる上で、お金のルールを知ることは必要不可欠です。

しっかりと把握して、請求時・確定申告時に困らないようにしておきましょう。