フリーランスで英語力をお持ちの方であれば、英語を活かした仕事をしたいですよね。

英語力を活かした仕事をするためには、英語力を活かせる仕事を知っておかなければなりません。

そこで、この記事では

  • 英語力を活かした仕事
  • フリーランスが英語を身につけるメリット

について解説します。

フリーランスで英語力を活かした仕事をしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

英語を活かしたフリーランスの代表的な仕事

英語を活かしたフリーランスの代表的な仕事は、以下の3つです。

  • 翻訳
  • 通訳
  • 英語教師

それぞれの仕事について解説します。

初心者からでも始めやすい「翻訳」

翻訳は、英語力がある方であれば初心者からでも始めやすい仕事です。

始めやすい理由は、まずは語学力を持っていればできる仕事だから。

翻訳者の仕事は、英語で書かれているモノを日本語に翻訳することです。

英語だけでなく、スペイン語や中国語、フランス語など言語は様々あり、他の言語のスキルがあることで報酬を上げていくことができます。

翻訳の仕事については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:フリーランス翻訳者の仕事とは|求められるスキルを解説

対応力が求められる「通訳」

通訳は、英語を日本語に変換して音声で伝える仕事です。

通訳の仕事は読み書きだけでなく、聞き取る力、日本語に変換する力が求められます。

また、その場での対応が重要なため、対応力が必要です。

通訳の代表的な仕事は、以下の3つです。

  • 国際会議通訳
  • ビジネス通訳
  • スポーツ・芸能通訳

同じ通訳の仕事でも内容が異なるため、それぞれの場面で必要な知識が変わります。

英語力だけでなく教える能力も必要な「英語教師」

英語教師は、生徒に対して英語を教える仕事です。

英語教師の仕事は英語力だけでなく、生徒に教える能力も必要なため、いかに分かりやすく伝えるかが重要。

そのため、英語が話せることに加えて、教えることの適性があるかも必要です。

英語教師は、公立の中学校・高校の教員だけでなく、

  • 塾講師
  • 英会話スクール
  • 幼稚園、保育園
  • 私立学校

など様々な場所で働くことができます。

英語力や資格に合わせて、どの職場で働くかを検討しましょう。

ここまで英語力を活かした代表的な仕事を3つ紹介しました。

ここまで紹介した職業以外にも、英語を活かした仕事があるため、紹介していきます。

他にもある!英語を活かした仕事

英語を活かした仕事は、代表的な仕事以外にも、下記の3つがあります。

  • 海外とのやり取りや記事作成などの「ビジネスサポート」
  • 海外から輸入し販売「ネットショップ運営」
  • 外国人を日本でおもてなし「ツアーコンダクター」

それぞれの仕事を解説。

海外とのやり取りや記事作成などの「ビジネスサポート」

ビジネスサポートは、英語力を活かして、海外の企業とやり取りしている日本の企業のサポートをします。

ビジネスサポートと一言でいっても、クライアントとの普段のやり取りや、商品のプレスリリースを英語版で作成したりするなど、業務は幅広いです。

ビジネスサポートでは、英語力に加えてビジネススキルが必要なため、ビジネス経験がある方が求められます。

海外から商品を輸入し販売「ネットショップ運営」

海外から商品を輸入し販売するネットショップ運営は、海外とのやり取りなどが必要なため英語力が必須です。

英語力の他にも、海外のどの商品が日本で売れるかなどの目利きや海外のトレンド情報をキャッチする情報収集力が求められます。

アパレルやブランド品などに興味がある方におすすめな仕事です。

外国人を日本でおもてなし「ツアーコンダクター」

ツアーコンダクターは、団体旅行などの案内役を務める仕事です。

各旅行会社が外国人にパック旅行を提供しており、そのツアーなどに添乗します。

外国人の方をサポートするために英語力が必要なことに加えて、団体客を引率するためのリーダーシップや気配りなどが必要です。

観光や人とのコミュニケーションが好きな人におすすめな仕事と言えます。

ここまで英語力を生かすことができる仕事について紹介しました。

続いて、フリーランスが英語を身につけることで得られるメリットについて紹介します。

フリーランスが英語を身につけることで得られるメリット2つ

フリーランスが英語を身につけることで得られるメリットは、下記の2つです。

  • 英語を身につけると海外の情報に触れることができる
  • 海外で暮らして生活コストを下げることも可能

それぞれのメリットについて解説します。

英語を身につけると海外の情報に触れることができる

英語を身につけると、海外の英語の最新情報に触れることができます。

日本語よりも英語の方が情報も多く、最先端なものが多いです。日本語に翻訳されてニュースとして入ってくるまでは、やはりタイムラグがあります。

例えば、Web系フリーランスが知っておきたいSEOに関する情報などは、海外の英語の情報が最新です。

そのため、フリーランスが英語を身につけることで最新の情報を得ることで、よりビジネスチャンスが広がります。

海外で暮らして生活コストを下げることも可能

英語を身につけることで、海外で暮らして生活コストを下げることができるのは大きなメリットです。

生活費を下げることができれば、お金のためにやらざるを得ない仕事などを断ることができ、より自分がやりたい仕事に注力できます。

例えば、東南アジアのタイは、月5万円で暮らすことが可能です。

詳しくは、こちらの記事で解説されています。

タイ・バンコクでの生活費は1ヶ月5万円で十分ってホント?【具体的に実証してみた】

フリーランスが英語を身につけることで、より暮らす場所の選択肢の幅を広げることが可能です。

フリーランスが英語力を活かせる仕事は多数

今回の記事の内容をまとめます。

  • フリーランスが英語力を活かした仕事は多数ある
  • 英語を身につけることで海外の最新情報に触れることができる
  • 英語を身につけることで生活費を落として生活できる

英語を活かせる仕事は多数ありますし、英語と他のスキルを組み合わせることでより仕事の幅が広がります。

フリーランスで英語力を活かした仕事をしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。