エンジニアはこれからどんどん需要の高まる仕事です。

スキルさえ身につければ、高報酬な上にフリーランスとしても働きやすい魅力もあります。

エンジニアの需要を裏付けるように、人手不足からエンジニア未経験の人材採用を行う企業も少なくありません。

今回はエンジニア未経験者の方向けに、フリーランスのエンジニアはどんな仕事をしているのか?また、フリーランスエンジニアになるための方法をお伝えします。

仕事のやり方から仕事を獲得するための方法、フリーになる上でのポイントなどを詳しく解説しました。

少しの時間で読めるように、職種の説明やエンジニアになる方法を、要点を絞ってまとめています。

ぜひ、ご覧ください。

フリーランスのエンジニアはどんな仕事をしてる?

エンジニアとしての仕事内容は、フリーランスでも会社勤めでも変わりません。

個人と企業なので、扱っているプロジェクトの規模や、関わる人数などが変わることはあります。

またエンジニアとは技術者という広義的な呼び名で、実際にはさらに細かく分かれています。

  • システムエンジニア
  • webエンジニア
  • マークアップエンジニア/フロントエンジニア

以上の3つが主なエンジニアの種類です。

それぞれにどんな特徴があるのか、説明します。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テストを手掛ける職種です。

これに近い職務内容で、プログラマーと呼ばれる職種があります。

システムエンジニアの主な仕事の流れとしては、クライアントに必要となるシステムのヒアリングをします。

その後、要求を整理し、システムをどのように構築するかを決める。

それを元に、具体的な作業工程を組み、実際に作成に取り掛かります。

出来上がれば、動作テストを繰り返し、問題がなければ仕事は完了です。

全てを一人のシステムエンジニアで行うのではなく、チームで行います。

Webエンジニア

webエンジニアは、webサイトの設計や構築、また運営や保守管理などを行う職種です。

システムエンジニアがシステム全般を作る職種なら、WebエンジニアはWeb上のシステムに特化している職種と言えるでしょう。

システム全般かWeb上かの違いなので、業務範囲が重なるところもますが、システムエンジニアの方がやや上流工程を担当することが多いです。

マークアップエンジニア/フロントエンドエンジニア

マークアップエンジニアとはフロントエンジニアとも呼ばれ、コンピューターに文章構成を認識させるために、言語を書き入れ装飾する職種です。

コンピューターはそのまま文章を打ち込んでも、どれがタイトルで、見出しで、と自分で判断ができません。

そのため、文章構造や段落や見出しなどのレイアウトを人の手で行う必要があります。

ユーザーの使いやすさや親しみやすさに配慮した視点が重要で、ユーザー視点に立てる能力も必要です。

フリーランスのエンジニアになるには?

エンジニアとして、どのような働き方があるかはお分かり頂けたでしょうか。

次は、実際にフリーランスエンジニアとして働くための流れ、ステップを解説します。

フリーランスエンジニアになるためのステップは3つです。

  1. 技術を身につける
  2. ポートフォリオを作成
  3. フリーランスのエンジニア or 企業に就職

それぞれ、具体的な方法を解説します。

技術を身につける

とにもかくにも、まずは技術がなくては仕事はできません。

獲得はできても、スキルがなければ契約は打ち切られてしまいます。

スキルアップが目的なら、最も効率的な方法はプログラミングスクールに通うこと

費用はかかりますが、教えてくれる人がいることは未経験から学ぶ上で、とても重要になります。

他にも、就職先を斡旋してくれるところもあり、1カ月でプログラミングを覚えてすぐにプログラマーとして実践デビュー、なんてことも。

ポートフォリオを作成

仕事にできるだけの技術が身に付いたら、次はポートフォリオを作成します。

ポートフォリオとは、クライアントに自分のスキルをアピールするための作品集です。

ポートフォリオはあなたの実力を判断し、採用を判断する上で一つの基準となる重要なもの。

 

作成時のポイントは、「一目で分かる構成にすること」。

なぜなら、選考時には限られた時間で、あなたのポートフォリオを参考に合否を判断するからです。

その際、見づらい構成のプログラムだと、理解するまでに時間を要し魅力が十分に伝わらない可能性があります。

「誰にでも見やすい構成でプログラムを書く」これがポートフォリオでは特に重要なポイントです。

企業に就職

ここまで読んで、「やっぱり、いきなりフリーランスは不安だな」と感じた方もいますよね。

そんな方は、一度未経験でもOKな企業に、エンジニアとして入社するのも1つの手段です。

会社のメリットは上司から技術を教わりながら、着実に力をつけることができること。

大規模なプロジェクトに携わることができれば、強い実績にもなり、エンジニアとしての信頼を積むこともできます。

 

数年後にスキルを身に着けてから独立をすれば、案件の獲得もしやすくなります。

まずは技術を身に着けるために就職、それも1つの戦略ですね。

仕事の獲得方法

フリーランスになる上で、最も壁となり不安なのが「仕事の獲得」です。

エンジニアの場合、仕事の獲得方法は主に2つあります。

  1. クラウドソーシングの活用
  2. 制作会社への営業

クラウドソーシングの活用

1つはクラウドソーシングの活用です。

ランサーズやクラウドワークス、エンジニア専用の案件紹介サイトなどがあります。

使い方はとても簡単。

サイト登録を済まし、気になる案件を探します。

案件に諸条件などを記載し、営業文を送る。

この営業の際に、先ほどのポートフォリオが力を発揮します。

営業先のクライアントがあなたと仕事がしたい、と思ってくれたら晴れて交渉成立。

簡単な手続きで契約を結び、エンジニアとしてのお仕事が始まります。

はじめの内は、複数のクラウドソーシングサービスを使い、仕事が獲れるまで営業をかけるのが一般的です。

スキルも付き、営業に慣れてくれば、受注率も高まります。

制作会社への営業

2つ目は制作会社への営業です。

主にweb制作会社と呼ばれる、webサイトの作成を請け負っている会社が狙い目です。

制作会社は案件を持っていても、供給が追い付かず人手不足になっている場合があります。

そこを狙って、「その仕事、私が代わりにできます!」とアピールしましょう。

営業までの流れは、気になる会社をネットからピックアップし、案件に沿って営業のメールをしましょう。

クライアントの目に止まれば、やり取りをし、案件や契約の詳細を詰めていきます。

無事に契約が済めば、仕事開始です。

この時、満足してもらえる成果物を残せれば、その後も発注してもらえる可能性もあります。

常に技術を身につけることが大切

エンジニアは常に新たな言語の習得や、勉強を求められます。

そのため、向上心、や探求心がない方には苦しい職種かもしれません。

ですが、手間をかけたシステムが無事に稼働した時の喜びや達成感は、エンジニアのみぞ知る醍醐味です。

また、一度身に着けたスキルや実績は、自分のエンジニア人生を強固なものにしてくれます。

頑張った分だけ成果が出ることも、エンジニアならではの魅力です。

高いスキルが身に付けば、高報酬の案件も獲得できるため、生活も豊かになっていきます。

未経験からの道のりは楽なものではありませんが、その分のリターンもあります。

1つ1つステップアップし、フリーランスのエンジニアを目指しましょう。