「フリーランスのWebライターとして仕事をしているけど、ライティングに疲れてしまった」

そんな悩みを抱えている方は多いですよね。

ライティングだけをずっとやっていくのはとても大変なこと。

そこでライターとして実績ができてきたら、編集の仕事も並行してやっていくのがおすすめです。

とはいえ、フリーランスの編集はどんな仕事をしているのか、どうやってなるのか分かりませんよね。

そこで今回は、フリーランスの編集の仕事内容と、なり方をご紹介します。

フリーランスの編集の仕事とは?

では、フリーランスの編集はどのような仕事をしているのでしょうか。

フリーランスの編集の仕事は、主に以下の2つです。

  • 雑誌や書籍などの紙媒体
  • WebメディアやオウンドメディアなどのWeb媒体

紙媒体とWeb媒体は、どちらかに特化している人もいれば両方やる人もいます。

それぞれについてご紹介していきます。

雑誌や書籍などの紙媒体

雑誌、書籍、新聞など、紙媒体の編集の仕事です。

仕事内容は企画、予算管理、誌面構成、取材、ライターとの連絡対応、原稿の編集・校正など多岐にわたります。

コンテンツ制作において、全体をプロデュースする役割を担っています。

編集というと一人でコツコツデスクワークするイメージが強いですが、実際はチームの人やライター、取材先など、人と関わる機会も多いです。

そのため円滑に仕事を進めるためにはコミュケーション能力が必要不可欠です。

WebメディアやオウンドメディアなどのWeb媒体

WebメディアやオウンドメディアなどのWeb媒体の編集の仕事です。

基本的には紙媒体の編集とやることは変わらず、企画や記事構成の作成、ライターの管理、原稿の編集・校正などが主な仕事内容です。

紙媒体と違う点は、WEBの読者に読んでもらう為の編集をする点。

紙媒体とWEB媒体では読者の性質が異なります。

一般的に購入をしてじっくりと読まれる紙媒体と異なり、WEB媒体はほとんどが無料。

読者は記事をじっくりと読まずに流し読みすることがほとんどです。

流し読みされずにしっかりと読んでもらう為の対策をすることが大きな役割となっています。

また、Web媒体は検索流入で読者が流れてくることが多いので、SEOの知識が欠かせません。

KGI・KPIの設定やコンセプト策定など、マーケティングのスキルも必要になります。

フリーランスの編集になるには?

では、実際にフリーランスの編集になるにはどうしたら良いのでしょうか。

紙媒体とWeb媒体、それぞれの編集者のなり方についてご紹介します。

紙媒体の編集者のなり方

未経験からいきなり紙媒体の編集者になるのは難易度が高いです。

まずは出版社や編プロに属し、経験を積んでからフリーランスとして独立するのがおすすめです。

大手の出版社は人気が高いので競争率は高いですが、地方の出版社や小さな編集プロダクションであれば比較的入りやすいでしょう。

紙媒体の会社は、一人で全ての工程を担当するわけではなく、分担してチームで仕事を進めているところも多いです。

そのため、全体的な流れを学ぶためには数年かかることもあります。

「なるべく早くスキルを身に着けて独立したい」という人は、小さな会社に入ると早い段階で全ての工程を経験できる可能性が高いです。

会社に属することでスキルが身につくだけでなく、フリーランスになったときに勤めていた会社から仕事を受注したり紹介してもらえたりすることもあります。

Web媒体の編集者のなり方

Web媒体の編集者になるには、Webマーケティング会社やオウンドメディアを運営してる企業で経験を積んでから独立する方法があります。

近年Webメディアがどんどん増えている影響で、Web媒体では人手が足りていないため、紙媒体の会社と比べると入りやすいです。

会社に属することで、編集者はもちろんデザイナー、ライター、カメラマンなどたくさんの人と関わります。

幅広い人脈ができるので、フリーランスになってからも何かと助けになってくれることも多いです。

既にフリーランスのライターとして活躍している方であれば、ライターとして関わっているメディアに編集の仕事をもらえないか交渉してみるのがおすすめです。

今の仕事内容が記事作成だけであれば、次は構成作成、その次はキーワード選定と、少しずつ上流工程の仕事を獲得していきましょう。

 

ライティングの経験しかないから、上流工程の仕事ができるか不安…」という方も大丈夫。

ライターとして自分の文章を手直ししたり、クライアントさんからの修正に対応したりするうちに、編集に必要な力も自然と身についていきます。

実際ライティングをしていると、自分の文章に対して「この文章、少し読みづらいな」「違和感がある」と感じて手直しすることも多いですよね。

読者が求めている情報は何かを考えて読みやすい文章にするという点では、ライターも編集者も意識することは同じです。

また、ブログで情報発信していることから提案し受注するのも一つの手です。

クライアントの要求に応じて記事を執筆するライターと違い、ブログは自分でテーマを決め、構成を考えて記事を作ります。

編集の仕事と通ずる部分が大きいので、ブログを運営していることは編集を目指す上で大きな強みになります。

ブログを実績として、編集を募集しているメディアに提案してみましょう。

まとめ

今回は、紙媒体とWeb媒体の編集者の仕事内容と、フリーランスの編集者になる方法をご紹介しました。

  • 編集は、コンテンツ制作を全体的にプロデュースする仕事
  • 様々な人と関わるためコミュニケーション能力が必要
  • Web媒体の編集者は、マーケティングスキルが必要
  • 会社で編集の経験を積んでからフリーランスとして独立する
  • ライターとして関わっているメディアから上流工程を受注する
  • ブログを実績として提案する

コンテンツの制作に最初から最後まで関われる編集の仕事は、ライティングとは違った楽しさがあります。

ライターとして活動しているフリーランスの方も、編集の仕事を経験することで全体の流れを掴め、ライターとしてスキルアップすることができます。

編集は様々なスキルが必要とされますが、その分やりがいのあるお仕事。

ぜひ挑戦してみてください。