美味しい料理を提供して人々を笑顔にする料理人は、とてもやりがいのある仕事です。

しかし、「一つの店舗ではなく様々なところで料理をしてみたい」「労働時間が長いのが辛い」といった悩みを抱える料理人も多いのではないでしょうか。

そんな方たちにおすすめなのが、フリーランスの料理人として働く方法です。

フリーランスだと色々な場所で料理できるので、一つの店舗ではできないような様々な経験ができます。

自分で仕事を調整できるので、長時間労働や休日の少なさに悩まされることもありません。

今回は、フリーランスの料理人はどのような仕事をするのかどうやってなるのかをご説明していきます。

フリーランスの料理人の仕事とは?

「フリーランスの料理人」とはどのような仕事をするのか、具体的にイメージしづらいですよね。

その仕事内容は様々で、料理に関する幅広い仕事をします。

具体的な例を挙げると、以下のような仕事があります。

  • ケータリング
  • 料理教室
  • 出張イベント
  • 飲食店コンサル

それぞれについてご説明していきます。

ケータリング

パーティーやお花見、結婚式の二次会、法人向けのイベント関連などで料理を提供する、ケータリングサービスを行う仕事です。

調理したものを運ぶオードブルのようなものから、現地に出向いてその場で調理したものを提供するサービスなどがあります。

料理の配膳やテーブルコーディネートを行う場合もあります。

料理だけでなく「食事する時間」全体をプロデュースできるのがケータリングの魅力です。

また、ケータリングは混み具合が予測できない飲食店とは違い、事前に何人分の料理が何時までに必要か把握することができます。

事前に注文の詳細が分かっていれば計画的に準備を進められるので、お客さんを喜ばせるための料理を丁寧に作れます。

毎回違う場所に出向いて様々なシチュエーションで料理を提供できるので、色々なところで料理をしたい人にはぴったりです。

料理教室

料理教室で講師する仕事です。

会社や団体が行っている料理教室に講師として参加するか、レンタルキッチンや地域の施設などを借りて自分で料理教室を開催する方法もあります。

先生と生徒の関係になるので、料理を作って提供するよりも話す機会が多く、お客さんとの距離が近くなります。

実際に教室で講師をするまでには、難易度や時間を考慮してメニューを決め、レシピの準備、材料の調達、キッチンの下見や準備など、様々な仕事が必要です。

主婦向けであれば普段の料理に活かせるメニューにする、親子向けであれば子供でもできるような簡単な作業を加えたりレシピに読み仮名をふったりするなど、生徒の目線にたって工夫することでより喜んでもらえるでしょう。

物事を計画的に進めるのが得意な人や、人とコミュニケーションを取るのが好きな人におすすめです。

出張イベント

地域のお祭りやイベントなどに出張し、料理を提供するサービスです。

一般的な飲食店よりもお客さんとの距離が近いので、反応を間近で見ることができます。

ケータリング同様、毎回違う場所、違うシチュエーションでの出店となるので、新鮮な気持ちで料理を楽しめます。

レンタルキッチンを利用すれば、営業許可を得た厨房を自分で持っていなくても料理を提供できます。

初期費用がそれほどかからないので、固定店舗を持つ前の練習としてもおすすめです。

地域のイベントに参加することで知名度が上がり、その他の仕事に繋がるチャンスを得られるかもしれません。

飲食店コンサル

飲食店での勤務経験が長いなら、その経験を生かしてコンサルタント業務を行う仕事もあります。

コンサルタントとは、飲食店の経営や運営において様々な悩みを解決するプロフェッショナルです。

レシピの開発や集客方法など、現場で培った知識やスキルを生かして、飲食店をより良くするためにアドバイスをします。

既に開店しているお店だけでなく、今からオープンするお店の準備段階からコンサルタントすることもあります。

その場合は、ターゲットに合わせて立地はどの辺りが良いのか、メニュー構成はどうするかなど、お店づくりの初期段階から関われます。

料理をするよりも、飲食店で働くこと自体にやりがいを感じていた人におすすめです。

専門性や得意ジャンルで差別化

 フリーランスの料理人は、他の人と差別化するために以下の2点を意識しましょう。

それぞれについてご説明します。

  • 専門性
  • 得意ジャンル

専門性

野菜ソムリエや管理栄養士などの資格があるなら、それを生かして専門性を打ち出しましょう

資格という肩書があるだけで、説得力が増して差別化しやすくなります。

野菜ソムリエであれば「旬の野菜を活かしたケータリング」、管理栄養士であれば「バランスの良い献立を作る料理教室」など、資格を活かして様々な仕事に繋げられます。

得意ジャンル

「何の資格も持っていない」という方も、バーベキューやマクロビなど今までの経験で得意ジャンルがあれば、それを打ち出すことで差別化できます。

「何でも作れることをアピールした方が良いのでは…」と思うかもしれませんが、専門性を打ち出すことでそのジャンルのお客さんを集めやすくなります。

オールマイティーに何でもあるレストランより、専門店の方が美味しいものが食べられそうな気がしますよね。

お客さんは「せっかくなら得意としている人に頼みたい」と考えるもの。

得意ジャンルがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

自分の得意なジャンルの方が、実力を発揮できるので楽しく仕事できます。

まとめ

今回は、フリーランスの料理人の仕事内容と、差別化するためのコツについてご紹介しました。

  • フリーランスの料理人には、料理に関する幅広い仕事がある
  • 違う場所・違うシチュエーションで料理できる
  • 差別化するためには、専門性と得意ジャンルをアピールする

労働条件の悪いところが多い飲食業界ですが、料理人としての働き方は一つではありません。

フリーランスの料理人は、毎回新鮮な気持ちで料理できたり、近い距離でお客さんと接したりできるメリットがあります。

「料理は好きだけど飲食店勤務が辛い」という方は、フリーランスになることで自分らしく料理と関われる働き方を見つけられるかもしれません。