会社に属さずにフリーランスとして稼げるとかっこいいなぁ。大学生でもフリーランスになれる?

就活は学生が有利で売り手市場と言われていますが、自分の力で稼げるようになりたいと考える大学生も多いのではないでしょうか。

フリーランスになりたいと思っても、周囲にフリーランスの方がいないとなかなかイメージするのは難しいですよね。

大学生がフリーランスとして稼ぐことは簡単ではありませんが、大学生がフリーランスとして稼げるようになると人生が明るくなります

そこでこの記事では、なぜ大学生がフリーランスとして稼げるようになると人生が明るいのかを解説していきます。

具体的には、

  • 大学生がフリーランスとして稼げると人生が明るい理由
  • 大学生がフリーランスになるための3ステップ
  • 大学生がフリーランスになるために身につけたいスキル

の順番にご紹介します。

現在大学生でフリーランスになりたいと考えている方の参考になれば幸いです。

大学生がフリーランスとして稼げると人生が明るい理由

大学生がフリーランスとして稼げるスキルを身につけると、人生が明るい理由は以下の3つです。

  • 稼げるスキルがあるので卒業後そのまま独立できる
  • 就活が余裕
  • 入社後フリーランスのスキルを活かして働ける

それぞれの理由をみていきましょう。

1.稼げるスキルがあるので卒業後そのまま独立できる

フリーランスとして稼げるスキルがあれば、就活せずに大学卒業後そのままフリーランスとして活動できます。卒業後そのままフリーランスとして活動するためには、在学中に生活費分稼げるようになることが必須にはなります。

もし新卒フリーランスとして活動していくことが難しくなった場合でも、企業によっては卒業後3年程度までは第二新卒として採用してくれる可能性があるため、就職活動は可能です。

やりたいことがあって、時間をやりたいことに使いたいと考えている方にとって新卒フリーランスとしての働き方はメリットが大きいです。

新卒フリーランスについては関連記事で詳しく解説していますので、合わせてご一読を。

関連記事:フリーランスに新卒でもなれる?稼ぐことはできるがスキルが必要

2.就活が余裕

大学生のうちにフリーランスとして稼ぐスキルを身につけておくと、就職活動を有利に進めることができます。理由としては、大学生のうちから自分のスキルで稼ぐことができる人材が希少だからです。大学生のうちから自分のスキルで稼ぐ経験を積むことで、ビジネスの流れを知ることができます。

また、

  • 仕事を獲得するための営業活動
  • 企業に就職するための就職活動

は同じスキルが求められますので、営業活動をしてきたフリーランスの大学生は就職活動をを有利に進めることが可能です。

3.入社後フリーランスのスキルを活かして働ける

企業へ就職した場合、フリーランスとして身につけたスキルを活かして即戦力として働くことができます。

例えば、すでにサイト制作の案件を納品したことがある方であれば

  • クライアントとの打ち合わせ
  • デザインラフ作成
  • コーディング

などのスキルを実務で活かすことが可能です。

入社後にスキルを身につける新卒の同僚よりもスムーズに業務に取り組むことができます。

ここまで大学生がフリーランスとして稼ぐことができると人生が明るい理由についてご紹介しました。

  • 稼げるスキルがあるので卒業後そのまま独立できる
  • 就活が余裕
  • 入社後フリーランスのスキルを活かして働ける

では、実際にどうやったら大学生でもフリーランスになることができるのでしょうか?

具体的に大学生がフリーランスになるためのステップをご紹介します。

大学生がフリーランスになるための3ステップ

大学生がフリーランスになるためのステップは、以下の3つです。

  • 時間の確保
  • スキルを身につける
  • 仕事を獲得していく

それぞれみていきましょう。

1.休学やアルバイトを辞めるなどして、時間を確保する

まずは時間を確保することが重要です。

大学生は、

  • 講義
  • ゼミ活動
  • 卒業論文
  • サークル活動
  • アルバイト
  • 就職活動

などやることが多く、今使っている時間に加えて、フリーランスになるための時間を捻出することは難しいと思います。そのためにも、まずは何かを辞めて時間を確保しましょう。

例えば、

  • 休学する
  • アルバイトを辞める
  • サークル活動を減らす

などが必要です。時間を確保することができなければ、継続していくことが難しくなります。まずは時間の確保から始めることがおすすめです。

2.スキルを身につける

時間が確保できたら、確保した時間を使ってスキルを身につけていきましょう。

フリーランスになるためにオススメなスキルは以下の3つです。

  • ライティング
  • プログラミング
  • デザイン

上記3つのスキルを身につけるかは、関連記事でそれぞれ解説していますので合わせてご一読を。

3.仕事を獲得していく

スキルをある程度身につけたら、実際に仕事を獲得していくことが大切です。フリーランスになるための注意点は、スキルを身につけることばかりに集中しすぎないこと。仕事を獲得して実務経験を積むことが非常に重要です。

どうしても最初は仕事を獲得することに対して恐怖心を持ってしまうかと思います。しかし、実戦から学ぶことは多いため、クライアントへ提案をガンガンやっていくのがオススメです。

仕事を獲得する方法は、

  • クラウドソーシングサイトの活用
  • SNSやブログの活用

の2種類を並行して行いましょう。

SNSやブログの活用は関連記事で解説していますので、ぜひご一読を

関連記事:フリーランスはブランディングするために専門性を発信しよう【メリット多数】

改めて、大学生がフリーランスになるための3ステップをおさらいします。

  • 時間の確保
  • スキルを身につける
  • 仕事を獲得していく

すぐに実践できる内容になっているので、ぜひ実践してみてください。

大学生がフリーランスになるのはデメリットがほとんどない

今回の記事の内容をまとめます。

  • 大学生がフリーランスとして稼げると新卒フリーランスにもなれるし、就活にも有利
  • 大学生はやることが多くて忙しいので、まずは時間の確保が重要
  • スキルを身につけつつ、仕事を獲得していく

大学生がフリーランスになるのは、デメリットがほとんどありません。デメリットとしては、自分の時間を確保する必要があることくらいです。フリーランスとして稼ぐことができれば、就職以外の選択肢も選ぶことができますし、就職してもスキルを活かして働くことができます。

フリーランスになってみたいと考える大学生は、ぜひ今回の記事の内容を実践してみてください。