整体師は、人に喜んでもらえるとてもやりがいのあるお仕事ですよね。

しかし、労働時間が長い、給与が安いなど、労働条件で悩む人も多いのではないでしょうか。

「もっとお客さんひとりひとりと向き合いたい」
「プライベートも大切にした働き方をしたい」

そんな人は、独立してフリーランスの整体師として働いてみるのもおすすめです。

とはいえ「フリーランスの整体師」は聞き馴染みがない職業なので、いまいちピンときませんよね。

そこで今回は、フリーランスと店舗開業はどう違うのか、フリーランス整体師の仕事内容とメリット・デメリットなどをご紹介します。

ぜひ参考にして、働き方の選択肢を広げてください。

フリーランスと店舗開業との違い

「フリーランスって独立のことでしょ。店舗開業と一緒じゃないの?」と疑問に思う方もいますよね。

フリーランスは、店舗を持たずに出張などのサービスを提供します。

出張サービスは、施術するスペースさえあればどこでもできます。

店舗を用意したり維持したりする必要がないので、多額の開業資金がかかることはありません。

ただお店がない分、SNSやホームページ、チラシなどを活用してうまく集客する必要があります。

対して店舗開業は、自分で整体のお店を作り集客します。

開業資金がかかる上、お店の維持費もかかるので続けていくにはある程度の収入を維持しなければいけません

また整体院は近年増えてきているため、立地によっては競争率が激しくなってしまいます。

どこにお店を作り誰をターゲットにするのか、事前にしっかりリサーチして対策を練らなければ生き残るのは難しいでしょう。

フリーランス整体師の仕事内容

フリーランス整体師の仕事内容は、出張サービスがメインです。

自宅やお客さんが指定した場所に出張して、整体の施術を行います。

家から出られない年配の方や、外出する時間が取れない育児中の主婦など、ターゲットを絞って集客することで一定の収入が見込めます。

フリーランス整体師のメリット・デメリット

「フリーランス」と聞くと、自由で楽しそうなイメージがある人も多いのではないでしょうか。

確かにフリーランス整体師は開業資金がそこまでかからず気軽に始められる上、ある程度自由に働けます。

しかし、楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。

ここではフリーランス整体師のメリット、デメリットについてそれぞれご紹介していきます。

メリットとデメリットをしっかり理解した上で、どの働き方が自分に向いているのかよく考えてみましょう。

メリット

フリーランス整体師のメリットは、以下の2点です。

  • 固定費がかからない
  • 柔軟に対応できる

固定費がかからない

店舗開業と比べ、フリーランス整体師の一番のメリットは固定費がかからないこと。

フリーランス整体師は出張サービスがメインなため、店舗を持たなくてもできます。

店舗を持つとなると、物件所得費用や、ベットや椅子などの設備費、場合によっては改装費など多額の初期費用が必要です。

それだけでなく、維持していくためには賃料、光熱費など、毎月固定費がかかります。

フリーランスだとそれらのハードルがないので「まずは始めてみて、それから軌道修正していく」というやり方が可能です。

柔軟に対応できる

フリーランスだと店舗のように営業時間などに縛られることがないので、お客さんの要望に柔軟に対応できます。

「急に腰が痛くなって動けないから来て欲しい」「仕事終わりに施術してほしい」などの要望に対して、店舗にはできない柔軟な対応ができるので重宝されるでしょう。

人の役に立てるので、やりがいもあります。

デメリット

フリーランス整体師のデメリットは、以下の2点です。

  • 認知されづらい
  • 移動時間がかかる

認知されづらい

フリーランス整体師のデメリットは、認知されづらいことです。

店舗があり看板を掲げていると、「ここに整体院ができたんだ」と近隣の人に知ってもらいやすいですよね。

しかしフリーランスだと、自分からどんどん発信して集客しないと認知されません。

基本的に整体は店舗で施術を受けたい人が多く、見込み客は少ないです。

そのため自分のサービスがどんな人に需要があるのかしっかり考え、そのターゲット層に合った方法で集客していく必要があります。

狙うターゲット層に合った方法で集客していく必要があります。

店舗を持たないフリーランスの整体師になる場合は、オンライン・オフライン問わず集客が必須です。

移動時間がかかる

出張サービスは、お客さんの元へ向かうため移動時間がかかり、回転率が悪くなってしまいます。

交通費や移動時間を考慮して金額を設定する必要があります。

また、出張できる範囲も無理のない範囲にしましょう。

集客方法はオフラインとオンラインを組み合わせる

集客方法は、オフラインとオンラインを組み合わせて行うのが効果的です。

口コミ・紹介のオフライン

口コミや紹介は最も協力な集客方法です。

人が最も信頼するのは、広告やホームページより身近な人からの情報ですよね。

特に地方だと口コミはすぐに広まるので、1人のお客さんに気に入ってもらえると一気に評判が高まることも。

また、高齢者はネットに馴染みがないので、オンラインの集客だけだと思ったような効果が得られない可能性が高いです。

目の前の患者さんひとりひとりを大切にして、信頼を得ましょう。

患者さんの悩みをコンテンツとしてSNS&ブログで発信

患者さんの悩みをコンテンツにして、SNS&ブログで発信していきましょう。

例えば「腰が痛いときの対処法」「肩こりを解消するストレッチ」など、患者さんのためになるコンテンツを発信することで好印象を得られます。

また、患者さんに施術して、よかったらSNSで書いてもらうのもおすすめ。

オフラインでの口コミ同様、身近な人からの情報なのでとても協力な集客になります。

リツイートやシェアなどの機能がある分、オフラインの口コミよりも広まりやすく、効果的です。

関連記事:フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説

まとめ

今回は、フリーランスと店舗開業の違い、フリーランス整体師の仕事内容、メリット・デメリットをご紹介しました。

  • フリーランスは店舗を持たない
  • 出張サービスがメイン
  • 初期費用や固定費がかからないので始めやすい
  • 移動時間を考慮する
  • オフラインとオンラインを組み合わせて集客する

フリーランス整体師は、自分の生活を自分でコントロールしたい人や、ひとりひとりのお客さんとじっくり向き合いたい人におすすめの働き方です。

初期費用もそんなにかからないので、「やってみたい」と思ったら、まずは週末からでも挑戦してみてください。