「フリーランスになってから健康診断受けてない」

このような状況の方も多いのではないでしょうか?

健康が大切とはわかっていても、健康診断は後回しにしてしまいますよね。

そこで今回は、健康診断を後回しにしてしまっている方に向けて、健康診断の費用を安くする方法を解説していきます。

健康診断の費用を安くする方法に加えて、

  • 健康診断を受ける頻度
  • 人間ドックとの違い
  • 経費計上について

についても詳しくご紹介します。

これから健康診断を受診しようと考えている方の参考になれば幸いです。

健康診断の費用を安くする3つの制度を紹介

健康診断の費用を安くする制度は、以下の3つです。

  • 自治体が主催する健康診断
  • 保険組合の健康診断
  • フリーランス協会の福利厚生

それぞれみていきましょう。

自治体が主催する健康診断

健康診断の費用を安くする1つ目の制度は、住んでいる地域の自治体が主催する健康診断です。住んでいる地域の自治体によって受けられる健康診断の内容や受診費用が異なるため、事前に確認しておきましょう。

例えば、私が現在住んでいる佐賀県唐津市では、

  • 特定健康診査(生活習慣病予防のための健診)
  • 国民健康保険に加入している40歳から74歳の方
  • 健診費用は無料

が実施されています。

住んでいる地域の自治体が行っているか確認してみるのがおすすめです。

保険組合の健康診断

健康診断の費用を安くする2つ目の制度は、加入している保険組合の健康診断です。保険組合によって行っている健康診断が異なるため、内容を確認して受診しましょう。

例えば、私が任意継続で加入している協会けんぽであれば、

  • 一般健診
  • 付加健診
  • 乳がん・子宮頸がん検診
  • 子宮頸がん検診(単独受診)
  • 肝炎ウイルス検査
  • 特定健康診査

を受診することが可能です。また、協会けんぽが健診費用の一部を負担してもらえます。ただし、健診の種類によって受診することができる方は異なります。

フリーランス協会の福利厚生

健康診断の費用を安くする3つ目の制度は、フリーランス協会の福利厚生です。

フリーランス協会のベネフィットプランに加入することで、福利厚生サービスWELBOXが利用できます。その中で健康サポートがあり、全国で約3,000もある健診機関のネットワークの中から自由に選んで受診が可能です。また、健康診断は会員価格で受診ができるため、非常にお得に。

関連記事:フリーランス協会はフリーランスの味方!保険や福利厚生について解説

ここまで、フリーランスの方が費用を安く健康診断を受診できる制度をご紹介しました。

続いては、「人間ドックとはどう違うの?」という疑問に答えていきます。

人間ドックと健康診断の違いは大きく2つ

人間ドックと健康診断の違いは、大きく以下の2つです。

  • 健康診断は結果表の送付だけだが、人間ドックには医師による結果説明や保険指導体制がある
  • 健康診断はよくある病気をチェックするのに対し、人間ドックでは学会が定める検査を実施する

人間ドックでは、結果やライフスタイルに合わせて保険指導を受けることができるため、生活習慣改善につながりやすいのも特徴です。また、多くの臓器を対象に検査を行うことで、病気の早期発見にもつながります。

人間ドックの受診がおすすめなのは以下のような方です。

  • 気になる症状がある方
  • 生活習慣を改善したい方

献血で健康状態がわかる

よく街で見かける「献血センター」。「献血していきませんか?」と呼びかけられた経験がある方も多いのではないでしょうか?

実は献血をすることで、献血をしたことへの感謝のお礼として以下の検査結果を知ることができます。

  • 生化学検査7項目
  • 血球計数検査8項目

東京都赤十字血液センター|検査サービスより

健康診断と献血の両方を受診することで、より病気の早期発見につながります。さらに、献血は無料でできますし、社会貢献にもなります。

街で見かけた際はぜひ献血してみてください。

歯科検診も忘れずに受診しよう

健康診断と合わせて忘れがちなのが、歯科検診です。歯科検診を受診することで、むし歯や歯周病予防につながります。

もしむし歯になってから歯医者へ通うことになると、時間もお金もかかってしまいます。それだけでなく、むし歯による仕事への悪影響も考えられます。

お口の健康維持のためにも、歯科検診を受診しましょう。

健康診断の費用は経費として計上できない

フリーランスが健康診断を受診した場合、経費として計上できません。理由としては、あくまで自分自身の健康を確認するために実施するものと考えられるからです。

健康診断の費用は経費として計上はできませんが、あなた自身の健康状態を知って、病気を予防することは非常に重要です。フリーランスはどうしても収入が不安定だったり、もし病気になった場合は収入がなくなってしまうなどのリスクがあります。そのようなリスクを避けるためにも、健康診断を受診しましょう。

前述した健康診断の費用を安くする方法を賢く利用してみてください。

  • 自治体が主催する健康診断
  • 保険組合の健康診断
  • フリーランス協会の福利厚生

健康でいることもフリーランスにとっては仕事の一つ

今回の記事の内容をまとめます。

  • 健康診断の費用を安くする制度は3つ
  • 人間ドックを受診することは生活習慣改善への第一歩
  • 献血や歯科検診も合わせて行うことでより健康に
  • フリーランスは健康診断の費用を計上できない

フリーランスが仕事のパフォーマンスを一定にするためには、健康が非常に重要です。そのため、健康でいることもフリーランスにとっては仕事の一つ。

体調管理も仕事の一つだと考えて、健康診断を受診しましょう。