「自由に働きたい」

このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

自由業は、働く場所や時間などに縛られることなく働くことができます。ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。

そこでこの記事では、自由業について解説していきます。

具体的には、

  • 自由業とは
  • 自由業のメリット
  • 自由業のデメリット
  • 未経験からなれる自由業の働き方

の順番に重要なポイントをご紹介します。

自由業になりたい方の参考になれば幸いです。

自由業とは?時間や雇用関係などに縛られない働き方

自由業は、どのような働き方が自由業だという明確な基準はありません。一般的には時間に拘束されることなく、雇用契約も結んでいないことを指すことが多いです。

自由業として働く方の職種は幅広く

  • Web関連
  • 士業
  • 投資家

など様々です。他にも会社経営者としてビジネスモデルを確立している人もいます。

自由業は自由なスタイルで働くことができるメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。自由業のメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。

自由業のメリットは自分ですべて決めることができること

自由業の最大のメリットは、自分の意思で

  • 働く場所
  • 働く時間
  • 働く相手

を選べることです。

自由業は雇用関係などに縛られないため、上記のメリットを享受できます。

例えば、海外での生活が好きな人であれば拠点を移しながら生活することが可能です。他にも、仕事のやり取りをしていて「この人苦手だな」と感じる人とは継続して仕事をする必要もありません。

自由に働きたい人にはメリットが多い働き方です。

自由業のデメリットは不安定さと決断疲れ

自由業はもちろんメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

自由業のデメリットは、以下の2つです。

  • 不安定
  • 決断疲れ

自由業は企業に務める会社員と違って不安定なのも事実。毎月決まった給料がもらえたり、病床手当や厚生年金などの手当があるわけではありません。

また、自由業は全ての決断を自分でしなければなりません。例えば、

  • 誰と仕事するのか
  • どこで働くのか
  • 何の事業をやるのか

などを考える必要があります。

毎回全てを自分で決める必要があるので、思ったよりも決断疲れが溜まってしまいます。

自由業のメリット・デメリットを理解した上で、自由業を目指すかどうかを決めるのがおすすめです。

では、自由業に憧れを持つ人はどのようにしたらよいのでしょうか?

具体的に解説していきます。

未経験からでも自由業になれる職業4つ

未経験からでも自由業になれる職業は以下の4つがおすすめです。

  • Webライター
  • プログラマー
  • アフィリエイター
  • 個人投資家

どの職業もパソコン一台あれば、場所問わず働けるのが特徴です。それぞれの職業を詳しくみていきます。

Webライター

Webライターはこれまでの経験を活かすことができる職業なので、未経験からでも始めやすいのが特徴です。Webライターは未経験でも、これまでの学歴や職歴、趣味などに関する記事を書くことで報酬を得ることができます。

例えばスポーツ好きな方であれば、

  • 好きなスポーツの練習方法
  • 好きなスポーツのグッズ紹介
  • 好きなスポーツに関する映画の紹介

など様々な記事を書くことが可能です。

これから自由業を目指したい方にもっともおすすめしたい職業なので、ぜひWebライターに挑戦してみてください。

Webライターの案件の獲得方法などは関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を用いてシステム開発などを行う職業です。

プログラミング言語を覚えなければいけません。しかし、プログラミングを学ぶための教材やプログラミングスクールが豊富にあるため、プログラミングを学ぶハードルはグッと下がっています。

具体的にプログラマーがどのような仕事をしているのかを関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:フリーランスのプログラマはどのように仕事をしているか?

アフィリエイター

アフィリエイターは、アフィリエイトで稼いでいることを指します。

アフィリエイトを始めるためのハードルは低いです。始めるためのステップとしては、

  • サイトを制作
  • 記事を書いていく

の2つ。ただし、記事を書いたからといってすぐに稼げるようになるわけではありません。

稼ぐためには記事を上位表示させ、記事を読んだユーザーに広告経由で商品を購入してもらう必要があります。

アフィリエイターの仕事については、関連記事で解説しています。

関連記事:フリーランスのアフィリエイターの仕事内容は?リアルな実情を紹介

個人投資家

個人投資家の仕事はわかりやすく説明すると、資産運用で利益を上げることです。

ただし、投資はリスクが付きものです。個人投資家はリスクを分散するために

  • 機関投資受託
  • 投資コンサル
  • 書籍出版

など収入源を増やしています。個人投資家は経済情報をキャッチアップする必要が求められるため、経済や価格の動きを判断しましょう。経済情報をキャッチアップすることと合わせって、収入源を増やすことで投資家としてのリスクを分散することがおすすめです。

個人投資家として自由業を目指す方は、まずは投資手法の確立を目指しましょう。

個人投資家としての働き方は、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:フリーランス投資家の働き方とは|求められるスキルを解説

スキルを身につければ自由業として活動できる

今回の記事の内容をまとめます。

  • 自由業とは場所や雇用契約に縛られない働き方
  • 自由業のメリットは働く場所や時間を自分で決めれること
  • 自由業のデメリットは全ての責任が自分になること
  • スキルを身につけることで自由業として働くことはできる

自由業と聞くと、優れた一部の人のみができる働き方というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、実はスキルを身につけることで誰でもなることができる働き方です。もし自由業に憧れを持っているのであれば、まずは挑戦してみてください。

自由業のメリット・デメリットを把握した上で、自由業になりたい方はスキルを身につけていくのがおすすめです。