フリーランスのデザイナーと聞くと、スキルが高くて知識が豊富なベテランというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかしデザイナーとしての経歴が浅くても、丁寧な仕事して実績をしっかりと積んでいけば、フリーランスとして活動することができます。

本ページではフリーランスデザイナーの仕事について紹介します。

デザイナーの仕事とは?

デザイナーと一言でいっても、働き方は多種多様です。

ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、空間デザイナーなど様々なデザイナーが存在します。

デザイナーになるのに特別な資格は必要ありませんが、デザインソフトの知識やスキルは必要です。

ここではフリーランスとして働く人が多い、4つのデザイナーについて詳しく紹介していきます。

グラフィックデザイナー

主にポスターや広告、パッケージなど印刷物のデザインを作成します。

グラフィックデザイナーの場合、広告代理店や制作会社で働き、経験を積んだ後に独立する人が多いです。

IllustratorとPhotoshopはグラフィックデザイナーの必須スキルです。

DTPデザイナー

DTPとはDeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略で、パソコン上で印刷物の割り振りを行います。

主に雑誌やパンフレットの紙媒体のレイアウトを担当し、QuarkXPress(クォークエクスプレス)という紙媒体専用のデザインソフトを使用します。

Webデザイナー

Webサイトのロゴや装飾、コーディングなど担当するのがWebデザイナーです。

WebデザイナーになるにはIllustratorやPhotoshopのスキルに加え、HTMLやCSSが出来ると仕事の幅が広がります。

また、すべてのウェブサイトは商品やサービスの宣伝、成約を目的としているため、ウェブマーケティングの知識があると重宝されます。

イラストレーター

イラストレーターはデザイナーと線引きするのが難しいですが、主に絵を描くことが仕事です。

しかしポスターや広告などの紙媒体のデザインも担当することが多く、グラフィックデザイナーと仕事が重複するところがあります。

そのためイラストレーターとグラフィックデザイナーを兼任して仕事をしている人が多いです。

グラフィックデザイナーと同様、IllustratorやPhotoshopのスキルが必要です。

どうやって仕事を取るのか?

フリーランスのデザイナーはどのように仕事を受注するのでしょうか。

元々デザイナーとして会社で働いていた人は、前職からの繋がりで仕事を受注しやすいです。

しかし最近では短期集中型のデザインスクールで勉強し、経験や人脈がない状態でフリーランスになる人も多いです。

経験が浅いフリーランスデザイナーの場合、使用するデザインソフトのスキル以外にも仕事を取る営業力も必須となってきます。

またクライアントの要望をしっかりとデザインに反映させることも大事です。

ポートフォリオを作る

まず過去に自分が作成した物をポートフォリオにしてまとめます。

まだ実績がない場合は、作品例として自分のWebサイトを作ったり、ロゴを作成したりクライアントに提示できるデザイン例を作りましょう。

ポートフォリオを作ることで、クライアントはデザイナーがどの程度のデザイン力とスキルを持っているのか評価できますし、求めているデザイン案に近いものがあれば、具体的な話も進めやすくなります。

知り合いから仕事をもらう

フリーランスのデザイナーになりたてで人脈もあまりない人は、友人や知り合いから仕事をもらうのも一つの方法です。

最近では個人でWebサイトやブログを持つ人が増えてきましたので、格安でブログをおしゃれに作ったり、ロゴ作成などをしてブログやSNSで名前を紹介してもらいましょう。

実績も積めますし、口コミが広がり仕事の依頼がきやすくなります。

クラウドソーシングを利用する

フリーランスデザイナーの大きな味方がクラウドソーシングです。

仕事の案件数も多く、初心者でも仕事を受注することが可能です。

納期をしっかり守ってクオリティの高いものを納品すると、クライアントからの印象がよくなります。

クライアントから信頼されれば再度仕事の依頼が来たり、他のクライアントを紹介してもらえたりします。

ココナラでスキルを販売する

ココナラではスキルや経験を販売することができます。

デザイナーやイラストレーターが数多く登録しており、企業よりも個人からの依頼が多いです。

サイト制作や、ロゴ作成、ヘッダー、名刺など様々なデザインスキルを販売することができます。

ココナラの場合は「こんな感じのデザインをします」とあらかじめ自分の作品を提示することができ、それを見た依頼者がデザイナーを選び仕事を発注するので、自分の得意な分野で制作しやすいです。

まとめ

以上がフリーランスのデザイナーの働き方でした。

デザイナーに限らず、フリーランスで働くには実績と営業力が何より大事です。

これからデザイナーになろうと考えている人は、小さな仕事をコツコツと積み上げて実績を作っていきましょう。

またSNSでの発信も重要です。

デザインの仕事ができるということを、TwitterやFacebookでどんどん発信していきましょう。

投稿を見た友人から仕事の依頼がきたり、投稿がシェアされて依頼が飛び込んでくることもあります。

フリーランスのデザイナーになろうと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。