フリーランスとして仕事を受注する際にクラウドワークスは非常に便利です。

従来フリーランスで仕事を得るには自ら営業するか、人脈を使って顧客を獲得するしかありませんでしたが、クラウドワークスを始めとするクラウドソーシングサービスの登場によって仕事を受注するのが容易になりました。

しかしクラウドワークスは仕事内容によっては顔の見えない相手とネット上のやり取りのみで完結することも多く、少なからずトラブルがあるのも事実です。

また、まだクラウドワークスを使ったことのない人は、

「ネット上のやり取りのみで仕事をして大丈夫なのだろうか」

と不安になることもあると思います。

そこで本ページの前半では実際にクラウドワークスでよくあるトラブルを紹介し、後半ではトラブルにならないように注意すべきポイントを解説します。

クラウドワークスでよくあるトラブル

クライアント側(受注者側)のトラブルには主に下記のようなトラブルがあります。

報酬の未払い

クラウドワークスの場合、原則クライアント側(発注者側)の前払い制となっているため、注意していれば未払いははほぼ100%防ぐことが出来ます。

まだ利用したことがない人のために簡単に説明するとクラウドワークスの仕事(プロジェクト形式の場合)は、

  1. 発注者が募集している仕事にランサーが応募する
  2. 発注者受注者を決定し、条件等打ち合わせ
  3. 受注者が合意をした時点で契約成立
  4. 発注者がクラウドワークスへ仮払いをした時点受注者は仕事を開始する
  5. 受注者は仕事を納品し、発注者が承認すると仕事が完了する
  6. 完了後にクラウドワークスから支払われる

という流れになっています。

クラウドワークスではルール上、受注者は発注者の仮払いが完了するまで仕事に取り掛かってはいけません。

仮払いがされた上で「仕事開始」になるので、仕事が完了して納品したのに入金がないというのは通常あり得ません。

しかしそれでもたまに「クラウドワークスで支払いがされなかった」という批判はネット上で見受けられます。

その原因は仮払いが完了する前に受注者が勝手に納品してしまうパターンです。

仮払いがされていない状態で仕事に取り掛かり、納品までしてしまうと、お金はまだ動いていないので発注者が「仮払い」をしない限り入金がされません。

これはたまに流れがよく分からないランサーがやってしまうミスの一つなので注意しましょう。

もう一つ事例を挙げると、これは私(運営者)自身の経験ですが、本契約が完了する前に成果物が納品されたことがあります。

これに関しても本契約が成立していないわけですから、その気になれば成果物だけ頂いて契約を破棄することが可能です。契約が完了する前に勝手に納品されたものですから、ルール上問題は何一つなく、クラウドワークスの運営者に問い合わせても相手にされないでしょう。

二回目になりますが、クラウドワークスではクライアントの仮払いがされないとランサーは仕事に取り掛かる必要はない、というルールになっています。

納期など気にせずクライアントの仮払いを待ちましょう。あまりにも遅い場合はクライアントに問い合わせすることも重要です。

仕事の流れに関しては必ずクラウドワークスの取引画面に記されているので慣れないうちは注意しながら進めましょう。

クライアント側が修正依頼ばかりしてきて仕事が終わらない

これに関してはある程度防ぎようのない問題というか、多分最もよくあるトラブルです。

先述した通りクラウドワークスの仕事の流れは下記の通りです。

  1. 発注者が募集している仕事にランサーが応募する
  2. 発注者受注者を決定し、条件等打ち合わせ
  3. 受注者が合意をした時点で契約成立
  4. 発注者がクラウドワークスへ仮払いをした時点受注者は仕事を開始する
  5. 受注者は仕事を納品し、発注者が承認すると仕事が完了する
  6. 完了後にクラウドワークスから支払われる

この際、注意したいのは5番の「発注者が承認すると仕事が完了する」というところで、クラウドワークスのプロジェクト形式では、クライアントがOKサインを出さないと「修正依頼」となり仕事が完了しません。

この際にクライアントが無理難題を次々と上げてきて仕事が完了しない、というパターンが稀にあります。

「クライアントが承認を出さず、何回も何回も修正して仕事が全然完了しない。割に合わない」

ということは日常的に起きています。

ただ、これに関してはクライアントが悪質な場合もありますが、単純にランサーが納品する成果物が基準に満たしていないため否認されているケースもあります。

前者の場合対策のしようがなく、仕事のキャンセルをして次に移った方が良いです。ただ働きになってしまいますが、さっさと見切りを付けて損切りをした方が早いです。

後者の場合は自分の能力不足だと思って、クライアントに従うか、キャンセルするかのどちらかです。

悪質なクライアントなのかどうかの判断に関しては詳しくは後述しますが、評価等である程度把握できるので初めて取引する相手は事前に確認しておきましょう。

トラブルを未然に防ぐ解決方法

トラブルを100%防ぐことは出来ませんが、ある程度事前に対策することで大きく減らすことは可能です。

使い慣れて来ればトラブルになることはほとんどないでしょう。

そのためにも少なくとも以下の3つに注意しましょう。

クライアントのプロフィールや評価をしっかり確認する

初めての取引するクライアントの場合、相手のプロフィールや評価(過去の受注者が付けるもの)を細かく確認しましょう。

  • 本人確認は出来ているか
  • 取引実績はどれくらいあるか
  • 評価の星の数が少なくないか
  • 悪評価のコメントが少なくないか

特に評価のコメントは非常に大事です。

初心者の多くはクライアントの評価を☆の数でしか見ませんが、必ず評価の詳細を見て悪いコメントが付いていないか確認しましょう。

悪い評価が付いているクライアントには要注意です。

また、クライアントの評価を付けているランサーの評価もページを渡っていけば確認することが出来るのでそれも含めて確認することをお勧めします。

取引件数が多いクライアントの場合、100%高評価を得られることはなく、どうしても悪い評価が付いてしまいます。

ただその悪い評価を付けているランサーの評価が全体的に悪い場合、問題はクライアントではなくランサーにある可能性が高い、という見方が出来ます。

100件の評価で3件の悪評価があり、その3件とも評価の悪いランサーに付けられている場合、おそらくそのクライアント側に問題はありません。

面倒ですが評価は必ず確認して、高評価を得ているクライアントのみ取引しましょう。

条件が良くても評価の悪いクライアントは結果的に必要以上に労力が掛かってしまうケースもあるので注意しましょう。

初回取引では外部ツールを極力使わない

クラウドワークスのチャットツールは使い勝手が悪いので、LINEやチャットワーク、直メール等の外部ツールで連携を取りたい利用者は多いです。これはクライアント側、ランサー側どちらにも言えることです。

クラウドワークス自体も外部ツールでの仕事のやり取りは認めているのでそれ自体は問題ありませんし、どちらもその方が良いと感じるなら基本的にそうするべきだと思います。

しかし多少なりとも不安の残るクライアントの場合、外部ツールは避けた方が無難です。

というのもクラウドワークス内のチャットであればクラウドワークスの管理下にあるので、トラブルがあった際にクラウドワークスが対応しやすいです。

しかし外部ツールを利用してしまうと、その内容が確実なものなのかを証明することが出来づらくなるのでトラブルがあった際にクラウドワークスも対応がしづらくなってしまいます。

もちろん優良なクライアントであれば相手に合わせて外部ツールを使うことをお勧めします。

しかし初回の取引で不安が残る場合に外部ツールを勧められた場合はやんわりと断っておきましょう。

契約前に内容や条件を確実に決める

受注者(ランサー)が不利になってしまう原因は仕事内容や条件が不明確のまま契約してしまうことです。

例えばライティングなら1記事2000文字程度、という条件はよく見ますが、これが2000文字以上なのか1900文字で良いのか分かりません。

分からないまま契約してしまい、クライアントに「2500文字まで書いてください」と後から言われることがあります。

2500文字も2000文字程度に入るわけですから必ずしも問題のある要求とは言い難いんですよね。

なので特に取引をしたことがない相手の場合は「2000文字以上であれば良いか」等明確な条件を確認しておくことを強くお勧めします。

クラウドワークスにはたくさんのクライアントがいるわけですから、恐れずに分からないことは「分からない」とどんどん訊いていきましょう。

仕事を発注する側のトラブルと解決方法

ここまで主にクラウドワークスの受注者側のトラブルについて解説してきました。

フリーランスの場合、主に受注者側として使うことが多いと思いますが、事業の幅が広がると発注者側に回る機会もあると思います。

ここからは逆に発注者側のトラブルについて解説します。

基本的には上述した受注者のトラブル、未然に防ぐ方法と通ずるものが多いですが、特に発注者側に多いトラブルをご紹介しましょう。

依頼した仕事が納品されない

依頼した仕事が納品されない、完了されないケースは本当によくあります。

恐らくランサー全体の2~3割くらいの人はこの可能性を秘めていて、10人に無作為に仕事を依頼するとそのうち2~3人は納品して来ないでしょう。

こういうランサーは期限を決めていてもそれまでに納品されず、最悪音信普通になります。

その場合クラウドワークスでは発注者側がキャンセル手続きを行うことが出来ますが、原則相手の合意が必要で、最悪の場合納期をズルズル伸ばされることもしばしばあります。

これに関しては解決方法はなく、悪いランサーに当たってしまうと無駄な労力を割くことになってしまいます。

仕事内容を明確にしないと成果物にばらつきが出る

クラウドワークスにはいろんなランサーがいます。

その分野を専門として専業で生活している人。

会社員や主婦の片手間で行っている副業の人。

クラウドワークスに登録したばかりの人。プロクラウドワーカーの人。

いろんなランサーがいるので、自分の求めている成果物が必ず納品されて来るとは限りません。

特に初めて取引するランサーの場合、指示を明確に出さないと成果物にばらつきが生じます。

アルバイトを大量に抱えるチェーン店に細かいマニュアルがあるのはそのためです。

自分が求めている成果物を正確に納品してほしいという場合、面倒ですがそのための努力は惜しまないようにしましょう。

まとめ

ここまでクラウドワークスでよくあるトラブルと解決方法について解説してきました。

クラウドワークスは便利ですが、よく分からず使うとトラブルになりがちで、自分の首を絞めてしまったり、また取引相手に多大な損害を与えてしまう可能性があります。

特に慣れるまでは小さい受注額の仕事をこなし、使い慣れていくことが大切です。

仕組みを把握して使えばとても便利なツールなので事前に使い方などをもう一度確認しておきましょう。