クラウドワークスで稼いでいる人の中には、その収入だけで生活できるほど収益を上げている人がいます。

専門的な知識のある人だけが大きな報酬を得ているのでは?と考えてしまいがちですが、実際にはスキルがそれほどなくても大きな収入を得ることができる案件は多くあります。

今回は、クラウドワークスで高い収入を得ている人がどんな仕事をしているのか解説していきます。

高単価のライティング案件

ライティングの仕事は初心者でも挑戦しやすい低単価のものもあれば、高単価のものもあります。

しかしはじめたばかりの人だと、どんなものが高単価なのか見分けがつかないことでしょう。

一体どのような案件が高単価なのでしょうか。

専門性が高い案件

ライティングの場合、自分の持っている専門知識を活かした案件を受注するといいでしょう。

ジャンルでいうと、特に医療・金融・不動産・栄養学などが他の一般的なジャンルよりも単価が高く設定されています。

自分自身の経験やストックの知識があれば、案件も受注もしやすくなり記事も書きやすいでしょう。

1文字1円以上の案件

ライティングで稼いでいる人は、基本的に1文字1円未満の案件は受注していません。

1文字1円以上を徹底するだけでも高報酬につながります。

仕事を得たいがために自分を安売りしすぎると、結果的に自分の首を絞めてしまいます。

ライティングの早い人は1時間で2000~3000文字書くことができるので、時給換算すると1文字1円以上であれば時給2000〜3000円になります。

1文字1円以上の案件を獲得し、ライティングスピードをあげて高収入を目指していきましょう。

継続案件で単価を上げている

同じクライアントの元で継続して案件を受注していると、単価の交渉もしやすくなります。

まずは、1文字1円から受注をはじめて、次第に単価を上げてもらうよう交渉をしてみましょう。

クライアント側もだんだん付き合いが長くなるにつれ「この人に去ってもらっては困る」と思い、単価をあげてくれる可能性も上がります。

サイト制作及びウェブデザイン

サイト制作は基本的に単価の高い案件が多いです。

クライアントの中には「簡単なホームページでいいので作成してほしい」という人もいます。

ワードプレスで簡単なサイトが作れる程度のレベルでも受注できる案件はあるので、比較的サイト制作のスキルが高くない人でも仕事をすることができます。

サイト制作は特別な資格や技術が必要なくても高単価の案件が多いので、効率よく稼ぎたい人にはサイト制作はおすすめです。

一件数十万円以上の案件もある

サイト制作では一件数十万以上の案件もあります。

長期的に収入を得ている人はこういった案件を受注しています。

相場を知る

案件の相場を知ることは大切です。

相場を知らなければ「大体そんなものなのかな?」と、損していることに気づかずに仕事を引き受けてしまいます。

相場より安い案件の特徴としては「初心者歓迎」や「主婦歓迎」という文言が入っているものが多いです。

本当は高くないのに高いとあおって初心者のユーザーに仕事をさせようとするクライアントもいます。

「高単価」と書いてあっても安易に受注せずによく確認するようにしましょう。

まとめ

ここまで、クラウドワークスで収入を得ている人はどのように仕事をしているか解説してきました。

クラウドワークスで高報酬を得ている人は、単価を上げるためにどうすれば良いのか常に考えながら仕事をしています。

決して特別な資格やスキルの必要な案件や、専門性の高い案件ばかり受注しているわけではありません。

専門性の高い案件は、少しづつ仕事を受注して勉強しながらこなしていけばよいのです。

まだあまり経験がない人でも、高い報酬を得ている人のやり方を見習って少しずつ収入を上げていきましょう。