クラウドワークスはネット上で仕事の発注と受注を結びつけるクラウドソーシングサービスの一つです。

サービスの一つですが、ネットや雑誌等の広告の影響もあってか、クラウドソーシングという言葉よりもクラウドワークスの方が知名度が高い気がしますね。

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスの老舗で、2018年現在受発注できる仕事の種類は昔と比べるととても増えてきました。

ライティングやプログラミング、Webデザインなどネットやパソコンを使ってできる仕事のマッチングサイトとして、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人がクラウドワークスを通じて仕事の契約をしていきます。

今回は、クラウドワークスの仕事の種類について解説していきます。

クラウドワークスの仕事の種類

ふと数えてみると、クラウドワークスの仕事の種類はものすごくたくさんあります。

デザイン・開発・サイト運営など、高いスキルが求められるお仕事はもちろんのこと、データ作成・入力・ビジネスサポートなど、経験不問な仕事まで、非常に多岐に渡ります。

すべての仕事の種類

クラウドワークスが実際に募集をしている仕事を挙げてみましょう。

 

これらの仕事の中で、下記の人向けの仕事に分類することができます。

プロ向けの仕事

一つは専門スキルが求められるプロフェッショナル向けの仕事です。

デザインの仕事は、主にロゴやイラスト、ウェブサイト制作、印刷物デザインなどの依頼があり、いずれも商用で使える程度のレベルが求められます。

開発の仕事では、Web開発のほか、モバイル開発・保守・運用など、幅広く揃っており、こちらもやはり専門的な知識、技術が求められます。

【専門スキルを要する仕事の一例】

  • サイト構築・ウェブ開発
  • ホームページ作成
  • 商品登録・商品撮影
  • iPhone・iPadアプリ開発
  • ロゴ作成
  • ネーミング募集
  • 動画作成・動画制作
  • 英語通訳・英文翻訳

 

参照:プロ向け の仕事・求人・依頼

初心者でもやりやすい経歴不問の仕事

2つ目は特別なスキルや技術を要しない経験不問の仕事です。

具体的には、

  • ライティング(記事の執筆)
  • 誤字脱字のチェック
  • データ入力
  • 転記作業

等があります。

参照:経験不問・スキル不要 の仕事・求人・依頼

これらの仕事は初心者でも簡単に参入することができますが、競合性が強いため時給換算しても割に合わないものが多いです。

特急ボーナスの仕事

特急ボーナスとは、少しでも早く応募してもらうために、ボーナス料金が上乗せされている仕事です。

特急ボーナスオプションのついた仕事は、契約完了時に条件を満たしたメンバー(受注者)が受け取る報酬にボーナス料金が上乗せされます。

ボーナスの対象者は、仕事の形式によって異なります

※仕事の形式に関しての詳細は後述します。

【固定報酬制】

最初に契約したメンバーがボーナス受け取りの対象者です。最後のマイルストーンが検収されたタイミングで、報酬として25000円が支払われます。

【コンペ形式】

本採用案の提案者がボーナス受け取りの対象者となります。受け取る報酬に25,000円が上乗せされます。

【タスク形式】

作業を承認されたメンバーが受け取る報酬に15,000円を作業依頼件数で割った金額が上乗せされます。

参照:特急ボーナス の仕事・依頼

仕事に応じて選べる3つの依頼形式

クラウドワークスでは、仕事の種類によって形式が違い、以下の3つの形式に分かれています。

  • プロジェクト形式
  • コンペ形式
  • タスク形式

それぞれ仕事の種類、分野によってある程度決まってきますが、それぞれ大まかに分けると以下の特徴があります。

プロジェクト中長期的に打ち合わせしながら進める形式。
ウェブ制作やアプリ開発などの仕事はすべてこれに該当する。
記事執筆やイラスト等もある程度完成度が求められるものはプロジェクト形式で募集されることが多い。
コンペ応募者全員に一旦製品を納品してもらい、その中から採用を決めるイメージ。
イラストやバナー作成、キャッチコピーなどの仕事が多い。
タスク主に単純作業を大量に求める際に募集されることが多い。
レビューやデータ入力、誤字脱字チェック等の仕事が多い。

ちなみに募集形式は発注者側がある程度選べる仕組みになっています。

選べる範囲は仕事の種類によって違いがあり、例えばウェブ制作やアプリ開発は「プロジェクト形式」しか選べず、ライティングの場合は「プロジェクト形式」と「タスク形式」の二者択一、イラスト政策は「プロジェクト形式」と「コンペ形式」で選ぶ、というイメージです。

プロジェクト式の仕事の進め方

プロジェクト式の仕事は、パートナーを選んで、1対1でお互いに相談しながら進める形式です。

応募者が仕事に応募し、メール等で仕事内容や条件(納期や報酬等)のすり合わせを行い、お互いの合意があれば契約が成立します。

契約後に仕事を開始し、納品して発注者の承認が下りれば納品完了となります。

コンペ式の仕事の進め方

コンペ形式は集まった複数の提案の中から、気に⼊ったものを採⽤できる形式です。

 

主にイラスト作成やバナー作成などの仕事が多いです。

応募者は一旦成果物を納品し、発注者は複数の応募者の成果物の中から採用者を決めます。

コンペ形式は多くが採用した人のみしか報酬が入らない仕組みになっているので不採用となった場合実質タダ働きになってしまうことがあります。※応募者全員に報酬が入る条件のものもあります。

タスク式の仕事

タスク形式は複数の⼈に対して、簡単な単純作業を⼀括して依頼できる形式です。

質より量を求める仕事が多く、映画や飲食店などのレビュー、データ入力、アンケートなどの仕事を募集する際に利用されることが多いです。

タスク形式は細かなすり合わせなどをせずにどんどん納品していくイメージです。

タスクの場合発注者は非承認出来る上限(タスク総数の30%まで)があるので、単純作業の仕事がほとんどです。

タスク形式の案件は初心者向け

タスク形式の仕事は経験不問の単純作業が多く、初心者でも入りやすいです。

成果物の非承認の上限が30%までと決まっているのでちゃんと募集要項を読んで普通に仕事をこなせばほぼほぼ承認されます。

やればちゃんと報酬が得られる仕組みになっているのでまだ登録したばかりで仕事の受注経験がない人は試しにタスク形式を利用してみることをお勧めします。

 

まとめ

これまでクラウドワークスの仕事の種類について解説してきました。

インターネット環境さえあれば、場所を選ばずに好きな時に仕事ができるクラウドワークスは、副業として最適なものと言っても過言ではありません。

それに加えて、紹介してきたような経験やスキルがなくともすぐに取り組める仕事もたくさんあるので、その人に合った仕事を選ぶことができます。

はじめは経験不問の仕事で慣れてみて、徐々にやり方がわかってきたら、より高度な案件の仕事してみましょう。