クラウドソーシングで音楽の仕事はあるのかな?

この記事にたどり着いたあなたは、このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

クラウドソーシングには様々な仕事がありますが、音楽の仕事があるのか気になりますよね。

そこで、今回の記事ではクラウドソーシングにある音楽の仕事をご紹介します。

具体的には、

  • クラウドソーシングにある音楽の仕事
  • 登録しておきたいクラウドソーシングサイト
  • クラウドソーシング以外での仕事獲得方法

の順番に解説していきます。

クラウドソーシングを活用して音楽の仕事を獲得したい方の参考になれば幸いです。

クラウドソーシングにある音楽の仕事を紹介

クラウドソーシングにある音楽の仕事は、以下のような様々な種類があります。

  • 声優・ナレーション制作
  • 音声制作
  • BGM制作
  • 音声素材
  • 作曲・音源・効果音

音楽の仕事と言っても幅広いため、改めて自分がどのような仕事ができるのかを整理しておくことが重要です。

登録しておきたいクラウドソーシングサイト3つ

音楽の仕事を獲得するために登録しておきたいクラウドソーシングサイトは、以下の3つです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

それぞれ詳しく解説していきます。

日本最大級のマルチメディアサイト「ランサーズ」

ランサーズ

ランサーズは、マルチメディアの仕事が日本最大級に掲載されているクラウドソーシングサイトです。

音楽の仕事は、主に「音楽・音源・ナレーションの仕事・依頼」のカテゴリーに掲載されています。このカテゴリーは、ランサーズの「仕事をさがす」から「マルチメディアの仕事」に進むと見つけられます。

仕事内容としては、

  • ストーリー形式のナレーション
  • 効果音、BGMの作成
  • テーマソング楽曲制作

といったお仕事が募集されています。

ランサーズでより仕事を獲得したい方は、ランサーズの特徴などを関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:ランサーズ(クラウドソーシング)って?本当に稼げるの?特徴まとめ

案件の幅が広い「クラウドワークス」

クラウドワークス

クラウドワークスには、「音楽・音響・BGM」に関する幅広い案件が掲載されています。

音楽の仕事は、クラウドワークスの「仕事をさがす」から「音楽・音響・BGM」に進むと見つけられます。

仕事内容を見てみると、

  • YotTubeの声優・ナレーションの仕事
  • ゲーム映像用のサウンド作成
  • 会社案内動画のBGM作成

と幅広い仕事が募集されています。

クラウドワークスとランサーズはどちらも仕事が募集されているので、両方登録して仕事を探すのがおすすめです。

クラウドワークスでの仕事の獲得方法は、関連記事で解説しています。

関連記事:クラウドワークスで仕事を受注する際に注意すべきポイント

あなたのスキルを販売「ココナラ」

ココナラは、自分の特技や技術をサービスとして売り買いができるクラウドソーシングサイトです。ココナラを活用して、音楽の仕事を獲得していきましょう。

ココナラを活用して仕事を獲得するために重要なのは、以下の2つです。

  • 販売するスキルを決める
  • サービスを提供して評価を集める

まずは、あなた自身のどのスキルを販売するかを決めましょう。例えばナレーションが得意な方であれば、

  • どのようなジャンルが得意か
  • 金額はいくらでやっているのか

を決めて実際に販売をしてみるのがおすすめです。

スキルを販売することと合わせて、ココナラではユーザーからの評価を集めるのが重要です。そのため、最初はお金を稼ぐことよりも評価を稼ぐことを意識しましょう。

まずは評価を集めて、お金を稼ぐステップを意識するのが重要です。

ココナラを使って稼ぐための方法は、関連記事で詳しく解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:ココナラを初心者が使って稼ぐ方法を3ステップで紹介|まずは評価を集めよう

ここまで、クラウドソーシングにある音楽の仕事や登録しておきたいクラウドソーシングサイトをご紹介しました。

「音楽に関する仕事をしたい」という方におすすめなのが、音楽への関わり方の視点を変えてみることです。続いて、詳しく解説していきます。

音楽への関わり方の視点を変えてみる

音楽への関わり方の視点を変えることで、より音楽の仕事の幅を広げることが可能です。前述したクラウドソーシングにある音楽の仕事だけでなく、以下のような仕事にも挑戦してみるのもおすすめです。

  • 音楽のメディアで記事を執筆する
  • ライブハウスやアーティストのWebサイト制作を行う
  • 音楽に関するブログを執筆する

直接音楽を作成する仕事ではありませんが、音楽に関わりながら仕事に取り組めます。音楽への知識に加えてスキルが必要になりますが、挑戦してみるのがおすすめです。

それぞれ関連記事で解説していますので気になるものから取り組んでみてください。

自分で案件を獲得していきたいなら情報発信が重要

クラウドソーシングで仕事を獲得できるようになったら、次のステップとして情報発信が重要になります。

理由としては、より自分への指名案件を増やしていきたいからです。指名案件が増えることで以下のようなメリットがあります。

  • 自分の価値観に合った仕事の依頼がくる
  • 自分を指名して仕事を依頼してもらえるため、単価が上がりやすい

指名案件を増やすためには、SNSとブログを活用した情報発信を行っていきましょう。

SNSとブログを活用して情報発信をする際は、以下の2つを意識して情報発信を行います。

  • 有益な情報を提供する
  • 自分自身のことを発信する

例えば作曲をする方が行う有益な情報発信であれば、

  • 初めて作曲をする際のポイント
  • 人の感情を動かす曲の作り方

などが考えられます。有益な情報を発信していくことで、読者から信頼を得ることができます。

情報の発信方法は、関連記事で解説していますのでぜひご一読を。

関連記事:フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説

クラウドソーシングを活用して音楽を仕事にしよう

今回の記事をまとめます。

  • クラウドソーシングサイトには、様々な種類の音楽の仕事がある
  • クラウドソーシングサイトは複数活用するのがおすすめ
  • 音楽への関わり方の視点を変えることで幅が広がる
  • 情報発信を行い、単価をあげよう

クラウドソーシングには、様々な種類の音楽の仕事が掲載されています。

改めて自分のスキルを整理し、仕事獲得へ挑戦してみてください。