「場所を選ばず、自由に働いてみたい」「空いた時間を活用して副業をしたい」と思ったことはありませんか?

そんな方におすすめなのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングは、インターネットさえあればどこでも仕事ができるWebサービス。新しい働き方として、近年注目を集めています。

しかし「クラウドソーシングを活用して使ってみたいけど、どんなものかよく分からない。」という人も多いですよね。

そこで今回は、クラウドソーシングとは何か?また、メリットとデメリットについて解説していきます。

この記事を参考にして、クラウドソーシングを活用してみてください。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、「クラウド=群衆」と「ソーシング=業務委託」を掛け合わせた造語で、「インターネット上で不特定多数の人に業務を依頼すること」を言います。

仕事を委託したい企業や個人と、仕事を引き受けたい人をマッチングし、報酬の支払いまで全てサイト上で完結するWebサービスです。

サイト制作やデザイン、ライティング、動画制作、データ入力など、業務内容は多岐に渡ります。

そのほとんどが在宅で出来る仕事で、場所を選ばずに働くことができます。

クラウドソーシングの依頼形式

依頼形式は大きく分けると、プロジェクト・タスク・コンペの3つです。それぞれ説明していきます。

プロジェクト

依頼主と受注者が一対一で契約をし、仕事を進めていく形式です。

依頼内容に対して受注者が予算や内容について提案をし、条件が合えば契約します。

依頼主と相談しながら条件をすり合わせることができ、比較的に単価が高い案件が多いです。

タスク

一つの依頼に対して複数の受注者が作業をする形式です。

簡単な記事制作、データ入力、アンケート回答など、初心者でも取り組みやすい単純作業が多く、その分単価が低いのが特徴です。

コンペ

一つの依頼に対して複数の受注者が作品を提出し、依頼主が気に入ったものを選びます。

そしてその選ばれたものにのみ報酬が支払われる形式です。

主にデザイン関係の仕事が多く、自分のスキルを試したい方におすすめです。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングのメリットは以下3点です。

  1. 案件が獲得しやすい
  2. 仕事の種類が豊富
  3. 間に業者が介入しているから安心

案件が獲得しやすい

フリーランスになりたての人は、企業に営業してもなかなか案件をもらえないことがほとんど。

けれどクラウドソーシングなら、まだスキルの無い初心者でも案件を獲得しやすいです。

クラウドソーシングで実績をためていくうちに、直接依頼や継続案件も増えていきます。

実績がたまれば、企業に直に営業してお仕事をもらうチャンスにも繋がります。

フリーランスが最初の一歩を踏み出し、実績や人脈を作ることができるステップアップのツールとして活用することができます。

仕事の種類が豊富

クラウドソーシングには、様々な種類の仕事があります。

サイト制作やアプリ開発などIT関連の仕事、ライティング、編集校正、翻訳、デザインなど、各分野ごとに多岐にわたり、求められるスキルも様々です。

自分のスキルや興味のある分野で仕事ができます。

業者が仲介しているから安心

クラウドソーシングは、依頼から受注、報酬の支払いまで、全て業者が介入して行います。

何か問題があった時でも業者が間に入ってしっかりサポートしてくれるので、安心して取引することができます。

また、請求書を作成する手間が省けるのも仲介会社がいるからこそのメリット。クラウドソーシング上でクライアントが10社いたとしても、請求書は1通も必要ありません。

「仮払い」というシステムもあるので、依頼主から業者に先に報酬が振り込まれ、報酬金未払いなどの金銭トラブルに巻き込まれる心配がありません。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリットは以下3点です。

  1. 単価が安い
  2. 悪質なクライアントにあたることもある
  3. 手数料がかかる

単価が安い

クラウドソーシングの仕事は案件が獲得しやすい反面、単価が安いものも多くあります。

例えばライティングのタスクでは1文字0.2円~0.4円の低単価の案件も数多くあり、「低単価で労働力を搾取している」と問題になったことも。

例えば0.2円の単価で月に10万円稼ごうと思うと、50万文字の執筆が必要になります。あまり現実的な数字ではありませんね。

その案件にかかる時間と報酬を照らし合わせて、あまりに低単価な案件は避けるのがポイントです。

悪質なクライアントにあたることもある

相手の顔を見ずオンライン上で仕事を進めていくクラウドソーシング。中には詐欺業者などの悪徳な業者も存在します。

仮払い前に作業を要求してきたり、取引前に連絡先を聞いてきたり、他の儲かる方法を進めてきたりする依頼主には注意が必要です。

特に初心者のうちは正しい情報が分からず、言いくるめられて騙されるケースが多数あります。

少しでも怪しいと思った場合には、運営に確認しましょう。

手数料がかかる

クラウドソーシングでは、システム利用料として報酬の一部が手数料として引かれます。

大手サイトのランサーズやクラウドワークスでは、最大20%が手数料となります。

1万円分の仕事をした場合、2000円が手数料として引かれるので大きな金額です。

手数料はサイトによって金額が違い、シュフティやJob-Hubなど比較的安いサイトもあります。

手数料を節約したい方はそういったサイトを利用すると良いでしょう。

主なクラウドソーシングを紹介

代表的なクラウドソーシングのサービスを紹介していきます。

【ランサーズ】

ランサーズは、日本で最初に登場した国内最大級のクラウドソーシングで、多くの人に利用されています。

各分野で豊富な案件があり、まず登録しておくべきサイトです。

【クラウドワークス】

クラウドワークスはランサーズと共に日本を代表するクラウドソーシングで、会員数は約116万人にのぼります。

サイト制作やデザイン関連の案件が充実しており、スキルや経験がある人に特におすすめしたいサイトです。

【SHINOBIライティング】

SHINOBIライティングはライティングに特化したクラウドソーシングです。

最短10日で報酬を受け取ることができ、スピーディーな取引が可能です。

美容、グルメ、ファッションなど様々なジャンルごとに豊富な案件があるので、自分に合った分野を書くことができます。

【shufti(シュフティ)】

シュフティはチャットでの質問受付や独自の教育システムなど、サポート体制が充実しています。

主婦の方や未経験の方でも始めやすいクラウドソーシングです。

ライティングや事務系の案件が豊富です。

【Job-Hub(ジョブハブ)】

Job-Hubは人材派遣で有名なパソナグループが運営しており「Job-Hubアウトソーシンング」という形態が特徴です。

Job-Hubアウトソーシングとは企業と直接取引するのではなく、Job-Hubがディレクションする案件に参加できます。

Job-Hubとの契約になるため、大手の案件への参加難易度が下がる他、クライアントが毎回変わることもなく継続的に仕事ができるのが大きなメリットです。

 

いくつか紹介しましたがこれから始める人は、まずは国内最大手で案件も多い「ランサーズ」「クラウドワークス」に登録することをおすすめします。

まとめ

クラウドソーシングは、インターネットさえあればどこでも好きな仕事が出来る画期的なサービスです。

フリーランスとして実績作りに役立てたり、副業として空いた時間を有効活用したり、様々な使い方ができます。

メリットを最大限に生かして、自分のライフスタイル合った新しい働き方を見つけてみてはいかがでしょうか。