クラウドソーシングでサイト制作を受注するには、具体的にどんなスキルが必要で、どのように仕事を取れば良いのでしょうか?

htmlやcssなど言語の学習を終えた人がはじめにぶつかるのが「案件が取れない」という問題です。

この記事ではフロントエンドの仕事を中心に、クラウドソーシングでサイト制作案件を取る方法について解説していきます。

※フロントエンドとは、Webデザインから、HTML、CSS、JavaScript(jQuery)でコーディング、PHPの設計や実装、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)構築やカスタマイズをすることを指します。

実際にクラウドソーシングでサイト制作を数件受注した私の経験を踏まえながら詳しく解説していきます。

必要なスキルと、仕事を取るためのコツを紹介していくので、これからクラウドソーシングでサイト制作案件を受注したい方はぜひ参考にしてください。

必要なスキル

サイト制作の案件は大きく「コーディング案件」と「Wordpress制作案件」に分かれます。

その2つに分けて必要なスキルから説明していきます。

コーディング案件

  • html
  • css
  • jQuery(できれば尚良し)
  • Bootstrap(できれば尚良し)

最低html、cssの2つがあれば、コーディングの案件は可能です。

動きをつけるjQueryや、Bootstrapが扱えれば案件の幅が広がるのでなおいいです。

サイト制作の入門のような部分ですので、初めての受注はコーディング案件を選ぶのをおすすめします。

初心者からコーディングの学習を初めて、これから仕事としてクラウドソーシングを使って初受注を狙っていく方の目安としては、練習で実サイトを3〜5つ作れているのであれば受注に挑戦してもいいと思います。

Progateで一通りコーディングのための言語を学び終わった後の方でしたら、どのようなサイトのコーディングからしたら良いのかこちらを参考にしていただければと思います。

 

WordPress制作案件

ブログ機能や様々な便利な機能が搭載されているWordPressは多くのサイトで導入されているので案件も多いです。

  • html
  • css
  • jQuery
  • php
  • ローカル環境開発

WordPressでサイトを作るならphpが必須になってきますので、習得しておくと良いでしょう。

初心者で、サイトを手取り早く作れるスキルを身に付けたい場合でしたら、phpの学習と言うより、WordPressの学習をした方が、サイト制作に結びつけることができるかと思います。ドットインストールのWordpress講座がおすすめです。

関連記事:無料プログラミングスクールの実態は?その仕組みとおすすめ無料スクール3選!

受注金額目安

クラウドソーシングでサイト制作案件を受注した際の金額目安を紹介します。

案件やクライアント、スキルによっても金額は異なってくるので、あくまで目安です。

コーディング案件

1ページ:3,000〜10,000円

ページの複雑さやデザイン、クライアントさんによって値段の前後はありますが、目安としてはこんな感じです。固定報酬の他に、時間報酬のものも多いです。

WordPress案件

1サイト30,000〜150,000円

こちらも構造や内容、クライアントさんによって大きく値段の目安の幅があります。

WordPressはコーディングに比べて一気に単価が高くなります。その分、受注の希望者が多いので、競争率も高いです。

下の案件の場合、1名の募集に対して29名の応募があるので、倍率は29倍ということになります。

 

クラウドソーシングで仕事を取っていくにはどうすれば良いのか?

提案が通らないが、提案文はどのように書けばいいのか?と言う悩みをよく聞きます。また、スキルは十分にあるのに提案の仕方が不十分のために仕事が取れないという方も多く見ます。

サイト制作の案件は高単価のものは求人の倍率がかなりある場合が多いです。仕事が取れる提案方法のポイントは大きく分けて3つあります。

プロフィールや提案文で過去の実績等わかりやすく記述されているか意識する

簡単な提案文の流れとしては

  1. 名前、活動拠点など
  2. 提案内容(納期、価格など)
  3. スキル
  4. 過去実績
  5. 対応時間
  6. クライアントさんへのメリットの提示(無料対応など)

 

私が提案していた文の構成ですが、参考にしていただければと思います。内容は見やすく、細かく提示するのがポイントです。

 

はじめまして。〇〇と申します。現在は〇〇県を中心にWeb制作系フリーランスとして活動しています。内容確認させていただきましたが、ご要望に沿った制作が可能です。

今回の〇〇制作作業に関しましては私自身得意としている分野です。安心してお任せいただければと思います。

ご提案内容は納期日価格千円とさせていただきます。

現在のスキルはhtmlcssJavaScriptphpWordPressPhotoshopIllustratorです。

過去の制作実績です。ご確認いただければと思います。

(URL)

作業時間は平日午前9時から午後7時まで行っております。提出期限は厳守します。チャットワーク、skype,電話等も時間内でしたら基本対応できます。

お客様により満足していただけるよう、以下に関しましては無料にて対応させていただいております。

・追加ページ2ページ以内の無料作成、

・テキストが必要になった際の文章作成サポート

・全ページレスポンシブ対応

 

今回の件をお任せいただけるのであれば、ご期待に添えれるよう誠心誠意努めさせていただく所存です。よろしくお願いします。

 

また見やすいの部分も重要になってくるので、どんどん箇条書きで書いていくのがいいと思います。

 

 

相手の気持ちに寄り添い、コミュニケーション力をアピールする

スキルの提示も重要ですが、「自分だったら誰に仕事をお願いしたいか」を考えて、相手に寄り添う文を添えることができると尚いいです。

コミュニケーション力はどのクライアントさんも欲している部分なので、提案文の最後などに添えてみましょう。

参考は下記の通りです。

 

ポートフォリオを作る

クライアントさん側としても、ワーカーの実績は非常に重要な部分です。

仕事でなく、練習で作ったものでもポートフォリオにして、googleドライブのフォルダでも、自身のブログでも、どんどん載せていきましょう。

十分な量で見やすければ受注率は上がってくるかと思います。

関連記事:フリーランスのポートフォリオの作り方を解説

まとめ

クラウドソーシングでサイト制作は、需要がある上に高単価のものが狙えるので、スキルさえ身につければフリーランスとしても稼ぐことができるジャンルではあります。

しかし、実際に仕事を取るには、ただスキルがあるだけでな良いというものではなくて、提案力も必要になってきます。スキルと提案力両方を身に付けることが大切です。

関連記事:サイト制作の案件獲得方法【脱クラウドソーシング】