これからますます需要が高まっていくことが予測されているプログラミング。

将来を考えてプログラミングを学び始めてみたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、勉強を初めてから実際どういう風に稼げばよいのか分からないですよね。

初心者におすすめなのが、クラウドソーシングで案件を獲得して実績を積むこと。

「初心者だと案件を獲得できないんじゃ…」と不安になる方も多いと思いますが、手を動かして提案を続けることで仕事を獲得することができます。

今回は、プログラミング初心者がクラウドソーシングを活用して仕事を獲得する方法についてご紹介します。

※プログラミングというタイトルではありますが、この記事ではフロントエンド(HTML/CSS/JavaScript/PHPなどのサイト制作周りを扱っています)

案件選びのポイント

クラウドソーシングにはたくさんの案件があるので、どうやって選べば良いのか分からないですよね。

プログラミング初心者は、自分のレベルに合った案件を選び、順を追ってステップアップしていくことが大切です。

まず、狙うべきはランディングページ(LP)の制作

ランディングページ(LP)は基本的なHTML/CSSを学ぶことで作れるため、初心者におすすめです。

厳密にいうと、HTMLはマークアップ言語、CSSはスタイルシート言語と呼ばれるものでプログラミング言語ではありません。

しかし、これらの言語はプログラミング初心者がまず学ぶべき基本の言語です。

初心者はHTML/CSSをまずマスターして、ランディングページの制作などをこなし経験を積みましょう。

クラウドソーシングで募集されている案件

クラウドソーシングで実際にどのようなプログラミング案件があるのでしょうか。よく募集されている案件をご紹介します。

ホームページ制作/LP制作

会社や個人のホームページやLPを制作する案件です。

LPとはランディングページの略称で、外部からウェブサイトを訪れた人が最初に開くページのことです。

HTMLやCSS、WordPressの知識が必要です。場合によってはJavascriptの知識が求められることもあります。

アプリ制作

iOSやAndroidアプリを制作する案件です。

専門的な知識が必要となるので、プログラミングを勉強し始めて間もない初心者にはハードルが高い内容となっています。

しかし高単価の案件が多いので、獲得できれば一気に収入を上げられます。

既存ページの修正

既に完成されているページのバグを修正したり、デザインを変更したりする案件です。

骨組みが既にできているので、基本的な知識さえあれば初心者でも比較的取り組みやすいです。

案件を受注するための準備

ランディングページの制作がおすすめなのは分かったけど、獲得するためにはどうしたら良いの?」と思いますよね。

そこでここでは、ランディングページの制作案件を獲得していくためのステップをご紹介します。

1.HTML/CSSを学ぶ

ホームページ制作の基本となるHTML/CSSをまずは学びましょう。

HTML/CSSを学ぶ方法は、独学、プログラミング教室、オンラインスクールなどがあります。

本業が忙しい、自分のペースでゆっくり学びたい方は独学がおすすめです。

Progateドットインストールなど、プログラミングを独学する人向けの分かりやすい学習サイトも数多くあります。

学習サイトである程度理解してから、参考書や入門書を活用して更に知識を深めていくのがおすすめです。

なるべく早くプログラミングを習得したい方は、プログラミング教室に通うと良いでしょう。

独学よりも、人に教えてもらいながら勉強したほうがより早く習得できます。

分からないところがあってもすぐに質問できるのも良いですね。

地方在住で、近くにプログラミング教室が無いという方はオンラインスクールもおすすめです。

カリキュラムに沿って学習することで、効率よく知識を身につけることができます。

分からないところはチャットで質問したり、テレビ電話で面談したりもできます。

関連記事:初心者向けのプログラミングスクールはどこ?無料体験で雰囲気を知ろう!

2.ブログに学んだことをアウトプット

HTML/CSSを学ぶことと合わせて、ブログで発信を行いましょう。

ワードプレスでブログを作成することで、ワードプレスの知識も身につきます。

また、学ぶ過程を発信することによって、人柄や努力が伝わりクライアントからの信頼を得やすくなります。

3.ポートフォリオ作成

基礎が身についたところで、ポートフォリオを作成しましょう。

知り合いのお店や架空のお店のホームページでもOKです。

企画から考えて、実際にホームページを作成していきます。

サイト制作を依頼するクライアント視点にたって考えると、あなたがどんなサイトを作れるのかは事前に知っておきたいもの。

あなたのポートフォリオをみて依頼の是非を判断するので、しっかりと作り込んでおきましょう。

制作時間や扱えるスキルも合わせて載せておくと、クライアントも安心して仕事を頼むことができます。

関連記事:フリーランスのポートフォリオの作り方を解説

4.提案していく

ここまで出来たら、ガンガン提案をしていきましょう。

初めはなかなか提案が通らなくても、諦めずに提案し続けることが大切です。

最初の案件さえ取れれば、実績ができるので徐々に提案が通りやすくなります。

提案する案件は、今の自分のスキルより少し難しそうなものに挑戦するのがおすすめ。

よりスキルが身につき、成長スピードを上げられます。

関連記事:サイト制作の案件獲得方法【脱クラウドソーシング】

まとめ

今回は、プログラミング初心者がクラウドソーシングで案件を獲得して稼ぐ方法をご紹介しました。

まとめ
  • 初心者はランディングページの制作がおすすめ
  • HTML/CSSを習得する
  • 自分に合った学習方法で学ぶ
  • ポートフォリオを制作する
  • 諦めずにどんどん提案する

プログラミングを学ぶことで、今後の働き方の選択肢が大きく広がるはず。

ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。