最近ではクラウドソーシングを使っている在宅ワーカーが増えていますね。

クラウドソーシングサイトで有名なランサーズを利用しようと考えている方も少なくないと思います。

ランサーズを利用するメリットやデメリット、またどんな特徴があって、どんな案件があるのか。

今回の記事ではランサーズのことがしっかりとイメージできるようになるまで解説していきます。

ランサーズとは?


ランサーズはクラウドソーシングという、仕事を依頼したい企業と仕事をしたい個人をつなげるプラットフォームです。

取り扱っている案件はシステム開発やデザイン制作、記事制作、マーケティング分析など様々なジャンルがあります。

依頼している企業の依頼内容は多種多様で単発な案件や長期的にお付き合いできる案件もあり、フリーランスが利用するのに便利なサービスですね。

そんなランサーズのメリットやデメリット、特徴を紹介していきましょう。

ランサーズを利用するメリット

ランサーズを利用するメリットは以下3つです。

  1. 案件が多い
  2. 信用を確かめられる仕組みがある
  3. フリーランストータルサポートが付いている

案件が多い

1つ目、ランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサービスだからこそ、たくさんの案件があります。

ジャンル問わず毎日新しい案件が100件以上更新されているので、しっかり提案すれば仕事に困ることはありません。

信用が見える仕組みがある

2つ目として、ランサーズでは認定ランサーというランサーズからの信用が担保されるシステムがあるため、初めて使う人でも誰が信用できるのか、がわかりやすくなっています。

認定ランサーについては後ほど解説しますが、独立しているフリーランスにとって信用を得られるシステムがあることは大きなメリットです。

フリーランストータルサポートが付いている

そして3つ目、ランサーズはフリーランストータルサポートが付いています。

フリーランストータルサポートとはランサーズが税務や福利厚生制度、融資相談などフリーランスにとって難しいことを徹底的にサポートしてくれる取り組みです。

ランサーズを利用するデメリット

ランサーズを利用するデメリットは以下2つです。

  1. ブラックな仕事がある
  2. 手数料が他のクラウドソーシングより少し高い

ブラックな仕事がある

1つ目のメリットで毎日たくさんの案件が更新されることでしたが、案件の中にはブラックな仕事もあります。

仕事内容と工数が見合わない案件もいくつかあり、その中から厳選して良い案件は1日に20件ほどになるでしょう。

私含め、知人のフリーランスは金額と仕事内容が見合わない案件は引き受けていません。

手数料が少し高い

デメリットの2つ目は手数料が他のクラウドソーシングよりも少し高いことです。

クラウドソーシングなので、仕事が完了するとランサーズを通してクライアントからの報酬が振り込まれます。

その際の振込手数料が他のクラウドソーシングよりも少し高めになっています。

ランサーズでは報酬の5%~20%の振込手数料を支払います。10万以下の報酬は20%の手数料、10~20万未満は10%、20万以上は5%の振込手数料ですね。

 

ランサーズ案件の3つの仕事方式

ランサーズの案件では3つの仕事方式があります。

  1. プロジェクト方式
  2. コンペ方式
  3. タスク方式

上記3つの方式では報酬額や仕事の引き受け方も変わってくるので確認していきましょう。

プロジェクト方式

プロジェクト方式ではクライアントが見積もり(提案)を募集して、気に入った提案を選んで仕事を進めていく方式です。

プロジェクト方式ではランサーズのプロジェクト管理によって全てweb上で支払い管理、ファイル管理、計画管理、メッセージ管理が行われるため、直接クライアントと会う必要はありません。

特にプロジェクト方式では他の方式と比べて報酬も高く、クライアントと一対一のやりとりができるため長期的にお付き合いできる可能性が高いです。

コンペ方式

コンペ方式は依頼に対して直接仕事を募集する仕事方式です。

ランサー(ランサーズを介して仕事をする人)は依頼を見つけて、それに合う作品を提案します。その後、クライアントが気に入った作品を決め、当選されたランサーに報酬が支払われる仕組みです。

例えば、ロゴ制作を依頼した場合、ランサーは依頼にもとづき、ロゴを提案。クライアントはその中から1人のランサーの作品を当選させて報酬が確定します。

タスク方式

タスク方式は1つの依頼に対し多人数のランサーが同時に作業を行う仕事方式です。

主にアンケートやレビュー・記事作成など比較的簡単な作業を行うことが多いです。比較的に報酬額も少ないため、フリーランス向きではない仕事でしょう。

認定ランサーとは?

メリットでも紹介した認定ランサーはランサーズから認定されたワーカーに対して与えられる称号のようなものです。

認定ランサーになると、優先的なサポートを得られるだけでなく、クライアントからの信用も高いため仕事を依頼されることが多くなります。

認定ランサーはいくつかの基準以上の成績を残しているランサーズ利用者に限ります。以下認定ランサーになるための条件です。

  1. 応答が早い (24時間以内のメッセージ返信率が80%以上)
  2. 高い対応力と責任感(仕事受注から納品完了までの割合が90%以上)
  3. 獲得報酬額が高い (上位20%以内)
  4. クライアントからの評価が高い(クライアント評価4.8以上)
  5. 認証済みで安心(本人確認、電話番号確認、機密保持確認の実施)

結局ランサーズは稼げるの?

ランサーズには多くの仕事があります。自分に合った仕事を選び、目標金額を目指せば誰でも稼ぐことができます

そのためには仕事をしっかりと獲得しなければいけません。

仕事を獲得する方法として、はじめにプロフィールを充実させましょう。

その後、実績を作り認定ランサーを目指しましょう。

実績を作りながら、自分のスキルアップを目指すことで徐々に仕事の幅も広がるのでどんどん稼げるようになっていきます。

関連記事:クラウドソーシングは初心者でも稼げる?具体的な稼ぎ方を紹介

まとめ

今回はランサーズで仕事を受けるメリットやデメリット、ランサーズは本当に稼げるのか、について解説してきました。

日本最大級のクラウドソーシングであるから毎日たくさんの依頼が舞い込んできます。

少しずつ実績を作り、仕事の幅を広げながらランサーズで稼いでいきましょう。