イラストを描くのが好きな方におすすめなのが、クラウドソーシング。

クラウドソーシングを利用すれば自分の好きなことを活かして、時間や場所に縛られず働けます。

とは言え、「どのクラウドソーシングサイトに登録したら良いのか分からない」「登録してみたは良いけれどどうやって案件を取ればいいの?」という人も多いですよね。

そこで今回は、クラウドワークスでイラストの案件を取る方法と、イラストの仕事におすすめのクラウドソーシングサイトをご紹介します。

クラウドソーシングをはじめたばかりの人も、最後まで読めば案件を取るために何をすればいいか分かるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシングでイラストの案件はあるのか?


そもそもクラウドソーシングでイラストの案件ってあるの?」と不安になりますよね。

クラウドソーシングと言えばライティングやデータ入力のイメージが強いですが、イラストの案件も数多くあります。

Lancersで募集されているイラストカテゴリ

イラストの制作、似顔絵、キャラクターのデザイン、ロゴ制作など、イラストを活かせる仕事は様々。

自分の得意分野や好きなことを活かして、自分で値段設定をしたサービスを販売できるサイトもあります。

オススメのクラウドソーシングサイト

一言にクラウドソーシングと言っても、様々なサイトがあります。

それぞれの特徴と、オススメのポイントをご紹介します。

受注できる可能性を増やすために、複数のサイトに登録しておくのがおすすめです。

ランサーズ

ランサーズは日本で初めてリリースされた、国内最大手のクラウドソーシングサイト。

依頼案件、登録者数、報酬総額が最も多く、まず登録しておきたいサイトです。

トラブルが少なく、安全性と信頼性がとても高いので、クラウドソーシング初心者でも安心して利用できます。

イラストに限らず総合的にたくさんの案件があり、幅広い案件から選べるのが魅力です。

また、コンペや依頼だけでなく、クリエイターがサービスを提案できる「出品サービス」もあります。

独自のスキルを活かしたい方にはおすすめです。

関連記事:ランサーズ(クラウドソーシング)って?本当に稼げるの?特徴まとめ

クラウドワークス

クラウドワークスもランサーズ同様、日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

認知度は日本No.1で、多くの人が利用しています。

総合的に幅広い案件があるので、ランサーズと一緒に登録しておきたいサイトです。

仮払いシステムを導入しており、依頼者が入金したのを確認してから仕事を開始できます。

報酬の支払いが保証されており、金銭トラブルの心配がないので安心です。

関連記事:クラウドワークスで仕事を受注する際に注意すべきポイント

ココナラ

ココナラは、知識やスキルを売り買いできるオンラインマーケットです。

ワンコインの500円から手軽に利用することができます。

納期や仕事内容など自分に合わせたサービスを販売できるので、自分に合った働き方をしやすいのが魅力です。

イラストを描ける人を探しているクライアントも多くいるので、気軽に販売してみると良いでしょう。

GATErz(ゲーターズ)

GATErzは漫画やイラストに特化したクラウドソーシングサイトです。

エンドユーザーとクリエイターをダイレクトにマッチングします。

高いクオリティが求められるので、上級者向けです。

その分単価が高い案件も多いので、クオリティに自信があってガッツリ稼ぎたい方におすすめです。

SKIMA(スキマ)

SKIMAはイラストに特化したオーダーメイドマーケットです。

こちらも高いクオリティが求められる上級者向けのサイトです。

イラストレーターとして実績を積みたい方は登録してみてください。

案件をとるために

クラウドソーシングサイトに登録したら案件を取るためにはじめにすることがあります。

案件を取りやすくするために最低限必要な事をご紹介します。

まずはプロフィールを充実させよう

登録したら、まずはプロフィールを充実させましょう。

クラウドソーシングは顔が見えない状態で仕事をするので、プロフィールの情報量が少ないと依頼側も不安ですよね。

依頼側は、仕事をしっかりこなしてくれるか、信頼できる相手かをプロフィールで判断します。

必要とされる情報をしっかり記載し、「この人なら任せても大丈夫そうだな」と依頼側を安心させられるようなプロフィールにしましょう。

まず、好印象を与えられる画像を用意します。明るい印象の顔写真か、顔写真を掲示するのが不安な場合は似顔絵でも良いでしょう。

本文には、経歴や実績、スキル、自分のウリ、活動時間などを記載します。

このときに、「初心者です」「経験はあまりありませんが…」など依頼側を不安にさせる言葉は書かないようにしましょう。

経験が少なくても、それをカバーできるようなポジティブな内容を押し出します。

ポートフォリオがある場合は、それも載せます。

実績が分かれば、依頼側も安心して仕事を任せることができます。

クラウドソーシングサイトによっては本人確認がある場合もあるので、済ましておきましょう。

とにかく応募しよう!

はじめのうちは実績もないので、なかなか案件が取れないこともあります。

まずは色々な案件にとにかく応募して、可能性を広げましょう。

また、提案文はシンプルでわかりやすくするのが大切です。

  • 自己紹介
  • どう対応できるか
  • 納品日
  • 経歴や実績

などが一目で分かるように記載しましょう。

クライアントの依頼文を読み込み、目的や求められているものを予測した上で提案文を考えると、クライアントから好印象を得やすいです。

まとめ

今回は、イラストでおすすめのクラウドソーシングサイトと、クラウドソーシングを利用してイラストの仕事を受注する方法についてご紹介しました。

イラストの仕事があるクラウドソーシングサイトはたくさんあるので、それぞれの特徴を知った上で自分に合ったサイトに複数登録しておくと良いでしょう。

最初のうちはなかなか仕事が取れないかもしれませんが、どんどん提案している内に少しずつ取れるようになっていきます。

実績ができると、高単価の案件も取りやすくなります。

ぜひクラウドソーシングを利用して、好きなことを仕事にしてみてください。