クレジットカードは現金を持ち歩かなくても買い物ができて便利ですよね。

ここ最近では「現金払い不可・クレジットカード決済のみ」対応のサービスも増え、今やクレジットカードは必需品ともいえるでしょう。

そんな中フリーランスは収入が安定しないという理由から、クレジットカードを作ろうとしても審査に通りにくい傾向があります。

フリーランスはなぜカード発行が難しいのか? 審査に通るコツはあるのか? 本ページで解説していきます。

クレジットカードを作る時に知っておきたいこと

理想としては会社員時代にカードの申請をしておくことですが、それができなかった方は下記ポイントに注意しましょう。

カード会社の審査基準

企業に勤めている正社員と比べると、フリーランスは収入が不安定なため、審査に通過しにくい傾向にあります。

クレジットカードの審査基準は所得金額と、安定した収入が得られているかどうかです。

しかし同じ条件でも審査が厳しい会社と緩い会社があり、審査の結果が異なります。

クレジットカードを作る時には、申し込みをする会社の審査傾向について、口コミ情報など事前に調べておくといいでしょう。審査を断られるリスクを減らすことができます。

キャッシング枠をつけた場合には収入証明の提出が求められます。会社への在籍確認はカードによってある場合とない場合があります。

事故情報がないか、クリアになっているか

カードの発行時に一番重要なのが、事故情報の有無とその内容です。

俗にいうブラックリストですが、本当にブラックリストというものに名前が載る訳ではありません。一般的にクレジットカードやローンを契約すると、信用情報機関というものに「契約しました」という情報が送信され、データベース化されます。

ここにカードの利用状況、返済が遅れた・延滞金があるなどの事故情報が記載され、一定期間、クレジットカード会社が情報を照会できるようになります。

クレジットカード会社との取引内容が逐一自分の情報として蓄積されるので、A社でカードが停止になった人がB社で契約できないということがおこります。

過去にクレジットカードの利用がないのにカードの審査に通らなかった場合、携帯電話の支払い状況が理由であることが多いようです。

毎月携帯電話の支払いが遅れているような人は、クレジットカードの発行にも影響がでるので、まずはしっかり料金を約定日に支払いましょう。

なお、その信用機関にもよりますが、一般的に情報は記載から5年間残ります。

一度だけの延滞では大きく影響はしませんが、その実績は長く残ってしまうと覚えておいた方が良いでしょう。

会社員よりも信用を得にくい

カード会社や金融機関の立場からすると、フリーランスは「安定した収入が期待できない人」です。

安定した収入のある会社員と比べて、社会的な信用が弱く、各種審査に通りづらくなってしまいやすいのです。

クレジットカードの審査や融資を申し込むときは、一つの会社や組織でどれだけの期間継続して働いているか(職を転々としていないか)は大事な審査項目です。起業したてのフリーランスの人の場合、審査上とても不利になります。

審査に通りやすくなるフリーランスの対策

上記のポイントを踏まえた上で、こうしておけば審査に通りやすくなるという点についてまとめてみました。

固定電話回線をひく

審査をスムーズに通過する対策として、まずは固定電話の回線を引くのが簡単かつ実現しやすい方法です。

審査の際に記入する電話番号の欄に、通常の携帯電話の他にもう一つ自宅の固定電話番号を記入します。

昔は固定電話の回線を引くために「電話加入権」というものを取得する必要があり、審査上「固定電話を引いている=信用力が高い」と思われるからです。

ちなみに「固定電話を引けば良い=固定電話=IP電話」と誤解する場合がありますが、IP電話は固定電話と見なされません。この場合、局番が全国共通の050から始まる番号になります。審査側も本当に現住所の番号なのかを判断できず、意味がありません。

これから電話回線を引く予定のある方は、できる限りお住まいの地域の市外局番(東京なら03、大阪なら06など)の番号を取得するとベターです。

さらにもし可能であれば、フリーランスとして届け出ている屋号で、固定電話回線を別途引いて、その番号を電話帳に掲載するという方法もあります。

これによって審査側は「この人はフリーランスだけど、屋号を電話帳にも掲載しているくらいだから、しっかり仕事をしている人だろう」と、ある程度評価してもらえる可能性があります。

家族と同居する

家族と同居するというのも、有効とされる方法の一つです。

もし家族が働いていて収入を得ているのであれば、その家族の収入と本人(あなた)の収入を全て合計して「世帯収入」という形で申告をすることが可能です。

つまり「本人の収入はこのくらいだけど、うちは家族と同居しているので世帯全体でこれだけの収入があるので、万が一の場合も返済能力がありますよ」とアピールすることができます。

もし家族が一戸建てに住んでいるのであれば、これも財産という事になり審査にプラスに働きます。

キャッシングの機能をつけない

クレジットカードを申し込む際、よくよく見てみると「キャッシング希望限度額」という欄があります。場合によっては最初から30万円、50万円と、チェックが入っています。

もし、審査に自信がない場合、キャッシング機能はつけないでおきましょう。

キャッシング機能はクレジットカードを持っているだけで現金が借りられる機能なので、この「現金を借りる」という機能を付けるだけで、カードローンなどのいわゆるローンの審査も同時に行われてしまうからです。

クレジットカードの審査だけなら通るのに、キャッシングの審査をかけてみたら、審査基準に満たなかったのでカードの発行自体をお断りします、というケースも非常に多く発生しています。

カードのキャンペーンのタイミングを狙う

年度末に携帯ショップや家電量販店などに足を運ぶと、「今だけiPhone一括ゼロ円セール!」や、「3月末まで●●の入会金が無料です!」といったキャンペーンが行われています。

これは年度末までに在庫をある程度売ってしまいたかったり、カード会員を何とか増やして実績にしたい!という各社の経営判断のもとで行われているものです。実は、クレジットカードにもこれに似たものがあります。

つまり、クレジットカードによっては「3月末までに何とか会員を増やしたい。その為ならある程度の審査の基準も緩めよう」と、審査の基準を下げて、どんどんカード審査を通過させる現象が発生することがあるのです。

さすがに「キャンペーン中なので今なら審査がゆるいです」と宣伝するカード会社はありませんが、年度末や季節の変わり目、月の変わり目などに「キャンペーン実施中」というCMを流していたり、ネットの広告がたくさん流れている場合は、可能性ありと判断していいでしょう。

同居している家族のカードを検討

最後の手段として、世帯主ではないフリーランスの場合、すでに家族の使用しているカードに対して家族カード(信販会社の信用情報は元のカード利用者の情報が優先するのでカード発行されやすい)が発行できる場合があります。

ただし、年会費や手数料がかかる・支払口座を分けられない・使用目的はショッピング限定など何らかの制限がある場合も存在するので、「家族カードでできること」を確認してから、カードの申請をするようにしましょう。

まとめ

ここまで、フリーランスのクレジットカードの審査について解説してきました。

一番良いのは、会社員時代にカードを作っておくことですが、それが間に合わなかった人は上記の点に注意をして、申し込みをしてみましょう。

フリーランスは決まった給料日がある会社員と違って、クライアントからの入金が遅れて入ってくることもあります。

そんなときに、クレジットカードはビジネスでも生活でも活用できる優れものです。

しかし、比較的収入が不安定なフリーランスにもクレジットカードの支払日は毎月必ずやってきます。

毎月の収入にバラツキがあるフリーランスの場合は、使用方法を限定して、クレジット支払いの金額を毎月一定額に押さえましょう。日々のショッピングではなるべく現金利用することを心がけておきましょう。