コピーライターは一般的に広告代理店やメーカーのクリエイティブ部の企業に勤めていますが、フリーランスとして活躍しているコピーライターもたくさんいます。

フリーランスとして活躍しているコピーライターの中には年収1,000万円以上稼いでいる人もいるなど、高収入を狙える職業の1つです。

そんなフリーランスコピーライターはどんな仕事をしているのでしょうか、またどのようなことが求められるのでしょうか。

今回はフリーランスコピーライターの仕事や求められるスキルについて紹介していきます。

フリーランスコピーライターの仕事とは?

コピーライターは文章によって広告効果を最大化させることが仕事です。

しかし、文章には正解がなく、結果としてどれだけ人の印象に残ったのかが評価されます。

常にヒットを生み出せるコピーライターは、企業でも、フリーランスでも年収1000万円以上稼げる職業です。

そして、コピーライターが書く文章は求められる広告によって異なります。

  1. イメージコピー
  2. セールスコピー

以上2つが主に書くコピーの種類です。

それぞれどんな特徴があるのか解説していきます。

イメージコピー

イメージコピーは間接的に商品を消費者に印象付ける文章です。有名女優を起用した商品ブランディングのCM広告やポスター広告に使われています。

例えば、イメージコピーで成功しているJR東海の「そうだ、京都に行こう。」というコピーがあります。

「そうだ、京都に行こう。」を見ただけではすぐに京都に行こうとは思いませんよね。でも、ふとした瞬間に「そうだ、京都に行こうかな。」と思ったことはありませんか ?

この広告は消費者がすぐに京都に行かなくても、いつか京都に行きたいなと思わせる印象を付けたコピーとして成功しています。

このようにイメージコピーは間接的に消費者の印象につなげるものです。

セールスコピー

セールスコピーは直接的に商品を消費者に売る文章です。スーパーのチラシやメルマガなど直接、消費者にアプローチできる広告に使われています。

例えば、「新商品入荷!本日限定先着100名70%offセール!」のような文章です。

新商品とともに、先着といった限定感や70%offの文章で「すぐに行けば安く買える!」と消費者に思わせて行動につなげています。

このようにセールスコピーは直接的に消費者行動につなげるものです。

フリーランスコピーライターになるには?

コピーライターは結果が評価される職業だからこそ、実績はとても重要です。

未経験でフリーランスのコピーライターとして活躍することはできません。

フリーランスコピーライターになる選択肢は以下2つです。

  1. 企業に就職する
  2. 個人でアフィリエイトをする

どちらも実績が出るまで知識を学ぶのに時間がかかりますが、正解がない文章を書くのはとても難しいのです。それぞれ解説していきます。

企業に就職する

フリーランスコピーライターの多くは一度、広告代理店に就職し実績を積んでからフリーランスになっています。

広告代理店は商品が広告なので、未経験からでもコピーライターになれるチャンスがあります。

今、コピーライターとして活躍している人の中には一度広告営業マンとして勤めていた人もいます。

全ての人がどのようにして売れる広告が作れるのか、など作る側に提案できる機会があれば、コピーライターとしてキャリア転換のチャンスです。

また、企業のマーケティング部でも広告に触れる機会があるため、文章の提案をすればコピーライターになれるチャンスがあります。

少し違った例ですが、小売業者に就職した場合、売れるポップを書き続けてみることもコピーライターとして実績を作る機会です。

企業が違えど、文章によってどのようにしたら商品が売れるのか、を考え抜き、提案して実績を作ることが大切です。

個人でアフィリエイトをする

企業に就職せずとも、個人でアフィリエイトをする方法はコピーライターの仕事につながります。

アフィリエイトは個人が企業の商品を紹介して、成功報酬を受け取る仕組みになっています。

文章で商品を紹介するため、売るために広告について考えるでしょう。

商品が売れると、実績ができるのでコピーライターとして仕事獲得してみましょう。

関連記事:フリーランスのアフィリエイターの仕事内容は?リアルな実情を紹介

フリーランスコピーライターに求められるスキル

コピーライターの仕事は単にキャッチコピーっぽい文章を書くことではありません。

文章で人の心に刺さる印象を与え、結果的に行動を変えることが目標です。

そのために求められるは以下3つです。

  1. リサーチ能力
  2. アウトプット力
  3. 消費者目線

それぞれ解説します。

リサーチ能力

リサーチとは商品を使うターゲットやシチュエーション、使用メリットやデメリット、競業他社との商品の違いなどを調べることです。

ターゲットはもちろん、その商品はどんな価値があり、どんな目的で使われ、どんなときに使いたいのか、など様々な角度から商品を徹底的に調べる能力が必要になります。

また、最適な文章を書くためにはどんな表現が良いのかなど、調べることはたくさんです。

リサーチ能力を鍛え、売れるコピーライターになりましょう。

アウトプット力

商品について、さまざまな角度から徹底的に調べ上げたら文章を量産しましょう。

コピーライターは1案件にそれぞれ違った文章を50以上アウトプットしています。

一度、自分の考え整理するだけではなく、文字にすることでまた違った印象や表現が見えるからです。

膨大な量の文章をアウトプットし、良い文章を提案しましょう。

消費者目線

アウトプットし続けても、忘れてしまいがちなのが消費者目線に立つことです。

あくまで自分の主観ではなく、消費者が価値を感じるコンセプトを文章に起こさなければ、相手に刺さる文章は書けません。

売れるコピーライターはその消費者になりきって、文章を書くとよく言います。

改めて、消費者目線に立ち、人の心に刺さる文章を考えてみましょう。

仕事獲得は実績が大切

フリーランスコピーライターとして仕事を獲得するためには今までの実績が大切です。

前述にもありましたが、コピーライターは結果が評価される職業です。

以前書いた文章でヒットが生まれていれば、自ずと仕事が舞い込んできます。

ヒットがなくとも評価が高い実績があれば、広告代理店や制作会社に自分を売りこむ事で仕事を獲得できるでしょう。