「フリーランスは人脈が大切と聞くけど、なぜだろう。」

独立を考えている方は「フリーランスの人脈事情」について気になっているのではないでしょうか。

結論から言えば、フリーランスは人脈が大切です。なぜなら、人脈は新しい仕事に繋がるからです。

そこで今回は、独立を考えている方やフリーランスになりたての方に向けて、なぜ人脈が大切なのか、またどのようにして人脈形成していくのかについて紹介していきます。

人脈は仕事に繋がる

人脈を大切にすべき理由は、人の繋がりが仕事に繋がるからです。

フリーランスになりたての頃は、仕事が全くないので仕事を作ることから始まります。

しかし、全く知らない人に「仕事をください」とお願いしても仕事はもらえません。

そのため、一定の交友関係、ビジネスでも信頼をもらえる相手に仕事をもらいます。

フリーランスは交友関係を築きながら、仕事をもらったり、仕事を依頼したり、人との繋がりから仕事を生み出しています。

また、単にビジネス上の関係ではないので、困っている時には助け合うような関係でもあり、仕事においてもプライベートにおいても大切な存在です。

では実際に、フリーランスが人脈を形成するためにはどのようにすればいいのか。

次に、具体的な人脈形成方法を紹介していきます。

具体的な人脈形成方法

具体的な方法としては、3つあります。

  1. イベントに参加する
  2. コミュニティに所属する
  3. ビジネスマッチングアプリを活用する

それぞれ説明していきますが、前提として「人と直接会うこと」が最も大切です。

その前提が理解する必要があるので、前提である「人と直接会うこと」について説明していきます。

【前提】人脈形成には会うのが1番

人脈形成には、人と直接会うことが1番大切です。

今では、SNSを通して誰でも誰にでも繋がることができますが、SNSから人脈形成するのはなかなか難しいでしょう。

なぜなら、SNS上ではコミュニケーションが難しいので、仕事だけの関係になってしまい継続的な人脈にはなりにくいからです。

オフラインで会えばコミュニケーションがうまくいきやすいので、相手が考えていること、自分が考えていることが共有でき、継続的な交友関係を築きやすいです。

だから、人脈形成の際には「人と直接会うこと」を大切にしてください。

①勉強会などのイベントに参加する

具体的な方法の1つ目として、「勉強会などのイベントに参加する」ことです。

勉強会やイベントに参加すると、ほか参加者に出会えるだけでなく、イベントスピーカーにも会えます。

勉強会やイベントは興味・関心が会ったり、自分と近い考えをしてる人がいるため、話しやすいです。

また、共通点を見つければ、今後の交友にもなります。

イベントでの交流の際は、しっかりと相手とコミュニケーションを取った上でイベント後の交流に繋げましょう。

②興味のあるコミュニティに所属する

具体的な方法の2つ目として、「興味のあるコミュニティに所属する」ことです。

興味のあるコミュニティは自分と同じ共通点を多く持った人たちが集まるので、交友関係を築きやすいです。

コミュニティ内で勉強会を開いたり、イベントを作ったり、事業を作ったりなど、さまざまなことに取り組むと自然と仲良くなれます。

そのコミュニティには目指しているキャリアに繋がる先輩もいれば、後輩もいるかもしれません。

多くの人と繋がることで、新たな仕事が得られたり、自分の仕事を任せることもできますね。

③ビジネスマッチングアプリを活用する

具体的な方法の3つ目として、「ビジネスマッチングアプリを活用する」ことです。

マッチングアプリの中で、ビジネスに特化したビジネスマッチングアプリがあります。

1番有名なのが「yenta」です。yentaはまさに人脈形成を目的に作られたマッチングアプリです。

使用方法としては、ユーザーのプロフィールが画面に出てくるので「右にスワイプしたら興味あり」「左にスワイプしたら興味なし」で、マッチしたらメッセージができる仕組みです。

マッチ後に直接会って、交友関係を築いてください。

仕事をもらうなら経営者・事業責任者と会うのがいい

ここまでは具体的な方法を紹介してきましたが、フリーランスなら直接仕事をもらう関係を築きたいですよね。

仕事をもらう人脈形成のポイントは、経営者・事業責任者と会うのがいいです。

なぜなら、お金を管理している人が仕事の意思決定で1番重要だからです。

お金を管理している人と交友関係を持てば、仕事関係で直接交渉できるチャンスが生まれます。

イベントに参加するなら、そういった人たちが集まっているイベントを狙いましょう。

無償でも自分の価値を提供しよう

また、経営者・事業責任者と仲良くなったから、すぐに仕事に繋がるわけではありません。

理由は簡単で、さっき友達になった人にすぐ仕事の話になりにくいからです。

まずは無償でも自分の価値を知ってもらうことを意識しましょう。

相手にとって、とても魅力的な存在である」と思わせる仕事を無償で提供すれば、価値を認めてもらえる可能性が生まれます。

価値提供後、仕事として継続してもらうか、不採用になるかわかりませんが、まずは無償でも自分の価値を知ってもらうことが大切です。

【注意】人脈形成を目的にしてはいけない

これまで人脈形成の方法について紹介してきましたが、1点注意があります。

それは「人脈形成を目的にしてはいけない」ということです。

フリーランスにとって人脈は仕事に繋がる大切なものだと伝えてきましたが、人脈形成を目的にしてしまうと「仕事が欲しい」という下心が見えて人脈形成に失敗します。

ビジネスの考えを持って交渉してしまうと、仕事関係も交友関係も生まれません。

生まれるとしても、とても仕事ができる人に限られるでしょう。

だから、「面白い人・気の合う人と友達になりに行こう!」という考えで人脈を広げてください。

フリーランスは人と繋がることで仕事がうまくいきやすい

フリーランスが人脈を大切にしている理由や、人脈形成方法を紹介してきました。

まとめとして、フリーランスは人と繋がることで仕事がうまくいきやすいです。

だから、人脈を大切にしています。

ただ最後に伝えたように「人脈」として目的化してしまうと、交友関係が築けず仕事につながりません。

さまざまな人とつながり、仕事でもプライベートでも良い交流関係を築きましょう。