Webアプリやスマホアプリなどが開発されるようになり、アプリエンジニアの需要が増えています。

これから、フリーランスのアプリエンジニアを目指したいと考える方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、フリーランスのアプリエンジニアがどのような仕事をしているのか、どうすればなれるのかをご紹介します。

フリーランスのアプリエンジニアについて知りたい方はぜひ参考にしてください。

フリーランスのアプリエンジニアの仕事は?

フリーランスのアプリエンジニアの仕事は、大きく分けて2種類です。

  • Web系アプリエンジニア
  • 業務系アプリエンジニア

それぞれについてみていきましょう。

Web系アプリエンジニア

Web系アプリエンジニアが制作するアプリの種類は、2つあります。

  • ブラウザ・アプリどちらでも使える「Webアプリケーション」
  • スマートフォンのみで使える「スマホアプリ」

Webアプリケーションは、PCやスマホのブラウザ、スマホのアプリどちらでも利用できるアプリケーションです。

FacebookやTwitterはWebアプリケーションのため、どちらでも利用できます。他にもポータルサイトやショッピングサイトは、Webアプリケーションで作られていることが多いです。

スマホアプリは、スマートフォンのみで使うことができる専用のアプリです。

スマートフォンの普及率が伸び、スマホアプリの需要が増えています。スマホアプリの中でも、AndroidアプリとiOSアプリの2種類があります。

業務系アプリエンジニア

業務系アプリエンジニアの仕事は、企業の経営課題の解決につながるアプリケーションを制作します。

企業内の業務を改善するためのシステムの設計から動作テストまで幅広い業務となります。他にも、ITソフトのパッケージ製品を制作します。

システム設計からプログラムの開発だけでなく、その後の運営や保守まで行うため、幅広い知識が必要です。また、クライアントの要望をヒアリングし、システム設計まで落とし込むコミュニケーション能力も必要です。

アプリの言語の種類は何がある?

Webアプリケーションを開発できる言語の中から、代表的な4つをご紹介します。

  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • Swift
  • Java

それぞれの特徴などについてご紹介していきます。

PHP

PHPは、ブラウザ上で使うことができるWebアプリケーション開発において使用される人気のプログラミング言語です。PHPを扱うことができるエンジニアは人手不足なので、PHPを扱うことができるようになるとフリーランスとしての価値を高めることができます。

PHPは、管理画面から簡単にWebサイトを更新できるCMSを制作する際に使用されたり、ECサイトを構築する際に使用されます。

Ruby

Rubyは、Webアプリケーションやスマホアプリを作成することができるプログラミング言語です。テキスト処理機能に優れており、少ないコードで多くの機能を実装できます。

また、Rubyを扱えるようになることで、「Ruby on Rails」を扱えるようになります。Ruby on Railsは、万能なフレームワークのため、多くの企業が利用しています。

Python

Pythonは、Webアプリケーションだけでなく、人工知能や情報分析などの最先端の技術を使ったものを開発できるプログラミング言語です。

また、Pythonは文法が簡単な上に機能もシンプルなため、初心者でも習得しやすい言語です。

まだまだPythonを扱うことができるエンジニアが少ないため、扱うことができるようになると高単価で仕事を獲得できます。

Swift

Swiftは、Apple社が開発したプログラミング言語です。MacOSiOSを対象としており、Macパソコンのアプリや、iPhoneで使えるアプリを開発することができます。

Swiftは、スクリプト言語のようにアプリを簡単に開発できます。理由としては、RubyやPythonなどの設計も取り入れているからです。

Java

Javaは、WindowsやMacOSなどのOSに関係なく動作するプログラミング言語です。

Webアプリケーションとスマホアプリどちらのアプリも作ることができます。また、Webアプリケーション開発ように「Play Framework」というフレームワークもあります。

プログラミングの学び方

プログラミングの学び方は、独学かプログラミングスクールかのどちらかになります。

それぞれの学習の仕方やメリット、デメリットについてみていきましょう。

独学

独学は、費用をかけずに学ぶことができることが最大のメリットです。

ネットで検索すると無料の学習サイトが出てきますし、今ではスマホアプリでも学ぶことが可能です。

しかし、学んでいく中でわからないエラーが出てしまい、誰にも相談できず、その原因がわからずに挫折してしまうパターンが多くみられます。

また、独学の場合は自分で学習のペースを作らないといけないため、スケジュール管理能力が求められます。

プログラミングスクール

プログラミングスクールで学ぶメリットは、わからないことがあった時に講師に質問ができることです。また、体系立てて学ぶことができるので、初心者でも学習に取り組みやすくなります。

プログラミングスクールのデメリットとしては、費用がかかることです。

自分にあった学習法でプログラミングを習得しましょう。

まとめ

今回の記事では、フリーランスのアプリエンジニアがどのような仕事をしているのか、どうすればなれるのかをご紹介しました。

アプリエンジニアは、これからより需要が増える職業です。さらに、自分の考えたサービスを実現することができる魅力的な職業でもあります。

フリーランスのアプリエンジニアになりたい方は、今回の記事を参考にしてみてください。