フリーランスになり初めて確定申告を迎える人で、
「青色申告と白色申告があるのはわかったけど、青色申告って実際どうやるの?」
と思っている人は多いのではないでしょうか。

本ページでは初めて確定申告を迎えるフリーランス向けに、青色申告についてわかりやすくまとめました。

青色申告をする予定の人はぜひ参考にしてみてください。

青色申告とは

確定申告には本ページで解説する青色申告と収支内訳書を添えて提出する白色申告の二種類があります。

白色申告についてはこちらのページで解説しています。

関連記事:白色申告とは?メリットとデメリット、申告方法まで解説

青色申告と白色申告でこんなに変わってくる!

青色申告と白色申告、実際どちらで申告をするのがいいのかと聞かれたら「青色申告」をおすすめします。
青色申告には白色申告にはない以下のようなメリットがあるからです。

    • 基礎控除38万円(特別控除なし)
    • 青色申告特別控除(最大65万円)
    • 赤字が繰り越せる(3年間)
    • 家族への給与が経費にできる

一例をあげると白色申告では赤字は基本的には繰越できませんが、青色申告の場合は赤字を3年間繰り越せるため利益が出た時に節税が可能です。そして家族を従業員として雇用している場合は、家族の給料を経費にすることもできます。

例えば、収入500万円、経費100万円の人が特別控除65万円を受ける場合は以下の計算となります。

500万(収入)-100万(経費)-65 万(特別控除)-38 万(基礎控除)=297万(課税所得)

297×10%=29,7000円

29,7000円-97,500円=199,500円

199,500円が所得税となります。

同じように収入500万円、経費100万円の人が白色申告をすると以下の計算となります。

500万(収入)-100万(経費)-38万(基礎控除)=362万(課税所得)

362×20%=72,4000円

724,000円-427,500円=296,500円

296,500円が所得税となります。

同じ収入、同じ経費でも青色申告をすると97,000円の節税となります。

青色申告方法


青色申告の方が多くの特典を利用できることがわかったところで、次は青色申告の方法について解説していきます。

青色申告は事前に申請が必要

青色申告は事前に税務署への申請が必要です。

通常は、開業届を提出し2カ月以内に青色申告の申請書を提出します。2カ月を過ぎてしまった場合、青色申告をしたい年の3月15日までに申請手続きをすれば、その年から青色申告が適用となります。

フリーランス1年目から青色申告をしようと思っている人は、開業届の提出と同時に青色申告の申請手続きを済ませることをおすすめします。

複式簿記で帳簿を作成

青色申告は複式簿記でないと60万の控除にならないので、複式簿記でやるのが大切です。

複式簿記とは取引内容を複数の科目で記載する方法で、簡単にいうと「いくらお金を使っていくら入ったか」を表します。

65万円の特別控除を受けるためには、主要簿といわれる総勘定元帳仕訳帳という帳簿を作らなければいけません。

この他にも必要があれば補助簿という目的別の帳簿を6つ作り、なおかつ作成した帳簿や経費として申請した領収書を5年間は保存をしておく必要があります。というのも万が一税務調査が入った時に、これらの帳簿や領収書がないと申告が取り消しされてしまうからです。

「帳簿作成は会計ソフトを使えば初心者にもできる」とよく言われていますが、これはある程度簿記ができることが前提になります。

簿記が全くわからない人は会計ソフトを使用したとしても帳簿を自力で作成することは難しいです。

どうしても自分で帳簿をつけて申告をするならば、まずは簿記3級の勉強から始めるのがいいでしょう。

費用はかかってしまいますが、簿記がわからない人は税理士に依頼するのが賢明です。

税理士に依頼した場合、確定申告が終了すると帳簿や提出した領収書などをファイルに保存しておいてもらえるので安心です。

帳簿を基に決算書を作成

帳簿の作成が終わったら、青色申告決算書を作成していきます。

所得税青色申告決算書(一般用)【平成25年分以降用】(PDF/435KB)

決算書は全部で4ページあります。

1~3ページ目は損益計算書

4ページ目は貸借対照表

となっています。

各ページの記入内容は以下の通りです。

1ページ目2ページ目
3ページ目4ページ目
・年間の事業収入
・原価、経費
・事業所得
・特別控除額
・月別の売上高
・給与賃金
・減価償却費の計算
・家賃(事務所を保有している場合)
・預金、売掛金
・在庫
・借金

必要書類を揃えて申請

青色申告の場合の必要書類は、

となります。

確定申告書にはAとBがあり、確定申告書Aは会社員やパート、アルバイトなどの給与所得者が主に使い、フリーランスの私たちが使うのは確定申告書Bです。

確定申告書B、控除証明書、源泉徴収票は白色申告をする場合にも必要となり、確定申告書Bには事業収入や所得控除を記入します。

青色申告会を利用する

個人で青色申告をしようとしている人は、青色申告会への加入もおすすめです。

青色申告会とは、個人事業主を中心とした納税者団体です。全国の都道府県(税務署ごとに開設)にあり、管轄にもよりますが会費は千円〜数千円となります。加入して受けられる主なサービスは、

  • 記帳・決算支援、決算ソフトの指導
  • 複式簿記、改正税法の研修会
  • 税務以外にも事業全体のサポート

これらのサービスを利用することが可能です。

青色申告を個人でやるのは難しいと先述しましたが、簿記を勉強したり、青色申告会をうまく利用してみるのもいいでしょう。

会費はかかりますが、税理士さんに依頼するより安くすみます。確定申告で困った時の相談窓口となるので、青色申告初心者でも安心です。

まとめ

白色申告よりも控除額多くその他の特典が多い青色申告は、その分帳簿作成など手間のかかる作業が多いです。

簿記がわからない初心者は、帳簿の作成方法や簿記のやり方を調べるだけで消耗してしまいます。

そう考えると多少費用を払ってでも、素直に税理士に依頼をしてお金で時間を買うのもいい選択といえます。

「面倒臭いから白色申告でいいや!」と思う人もいるかもしれませんが、青色申告は人によっては数万円〜数十万円の節税になることもありますので、青色申告を選択してみるといいでしょう。

こんな記事もおすすめ