「初めて確定申告を行うときは、青色申告と白色申告のどっちにすればいいんだろう

フリーランスとして活動している方で、このような悩みをお持ちではないでしょうか?

確定申告に関することは、慣れないうちは難しく感じてしまいますよね。

しかし、青色申告と白色申告の違いを知ることで、確定申告であなたがどちらを選べばいいのかがわかります。

そこで今回の記事では青色申告と白色申告の違いについて解説します。

青色と白色のどちらで確定申告をすればいいのかわからず困っている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

青色申告と白色申告の違い

青色申告と白色申告の大きな違いは、節税効果があるか簿記の知識が必要かどうかです。

青色申告の場合、白色申告と比べて控除額が高く、青色申告でしか利用できない控除の制度があります。

節税効果は白色申告と比べて高いですが、青色申告で確定申告を行う場合、簿記の知識が必要です。

白色申告の大きな特徴は、手軽さです。

青色申告と比べて申告方法が簡単なので、手間をかけることなく確定申告ができます。

青色申告は複式簿記で記帳する必要がありますが、白色申告は簡単な簿記で記帳するだけで十分です。

改めて青色申告と白色申告の違いをまとめると以下のようになります。

  • 青色申告は節税効果があるが、簿記の知識が必要
  • 白色申告は手間なく行えるが、節税効果は低い

青色申告は2種類ある

青色申告を行うためには簿記の知識が必要になると前述しましたが、青色申告には2種類あります。

  • 青色申告10万円控除(単式簿記)
  • 青色申告65万円控除(複式簿記)

青色申告65万円控除の場合は、複式簿記で記帳しなければならないため、簿記の知識が必要です。

一方で青色申告10万円控除の場合は、白色申告と同じ単式簿記で良いため、青色申告65万円控除よりも簡単に確定申告ができます。

青色申告の節税効果について

実際に青色申告には、どのような節税効果があるのでしょうか。

フリーランスの方にとって青色申告を行うことで得られる節税効果は以下の2点です。

  • 青色申告特別控除65万円が利用できる
  • 自宅兼事務所の家賃を事業用の経費にできる

それぞれみていきましょう。

青色申告特別控除65万円が利用できる

青色申告の1つ目の節税効果は、65万円控除を利用できることです。

65万円控除を利用することで、課税対象となる所得を抑えることができます。

例えば、経費や控除を差し引いた所得が300万円であった場合、青色申告であれば課税所得は65万円控除が適用されて235万円、白色申告であればそのままの300万円になります。

税金は課税対象となる所得に対してかかります。

そのため、課税対象となる所得を抑えることで、支払わなければならない税金の額を抑えることができます。

自宅兼事務所の家賃を事業用の経費にできる

フリーランスで自宅を事務所にしている方は、家賃や光熱費などを経費として計上することができます。

しかし、そのような場合全額を経費にすることは妥当ではなく、業務で使用している割合を計算して経費計上を行います。

例えば、2LDKで1部屋を仕事部屋にしている場合、家賃の3分の1を経費計上します。

自宅の家賃を経費計上するための条件が、青色申告と白色申告では変わってきます。

青色申告であれば、業務上必要であると説明ができるものに関して、割合に関係なく経費計上が可能です。

しかし、白色申告は、業務で使用する割合が50%を超える場合のみが対象です。

白色申告でも経費計上できないことはありませんが、青色申告の方が自宅兼事務所の家賃を事業用の経費として計上しやすくなっています。

青色申告は申請が必要

節税効果の高い青色申告を利用するためには、青色申告承認申請書を提出する必要があります。

提出する期限も定められており、青色申告所による申告をしようとする年の3月15日までに提出しなければなりません。

もし2019年2月の確定申告に青色申告をしたい場合は、2018年3月15日までに提出する必要があります。

青色申告で確定申告を行いたいと考えている方は、事前に提出を行っておきましょう。

開業届は出した方が良いのか

「売り上げが少ないから開業届は出さなくてもいいのかな」

と考えるフリーランスの方もいますが、開業届は提出しましょう。

開業届を出すことで、確定申告の時期に確定申告書の用紙を税務署から送ってもらうえます。

また、青色申告を利用するためには開業届が必要ですし、屋号名で銀行口座を作ることも可能です。

青色・白色どっちがいい?

青色申告と白色申告のどちらがいいかは、人によって異なります。

青色で申告した方がいい人は、以下のような人たちです。

  • 今後フリーランスとして稼いでいこうと考えている人
  • 簿記の知識がある人
  • 自宅兼事務所の家賃を経費として計上したい人

一方で、白色で申告した方がいい人は、以下のような人たちです。

  • まだ売り上げの目処がそこまでない
  • 簿記の知識がない

青色申告は節税効果が高いというメリットがありますが、複式簿記で記帳するためには簿記3級程度の知識が必要です。

そのため、確定申告を税理士に依頼する会計ソフトを利用するといった選択肢も考えておきましょう。

関連記事:確定申告に役立つ!フリーランスにおすすめな会計ソフト3選

青色申告から白色申告への変更も可能

青色申告から白色申告への変更も可能です。

青色申告を取りやめたい年の翌年3月15日までに、所得税の青色申告の取りやめ届出書を提出します。

もし2019年2月の確定申告で青色申告から白色申告へ変更したい場合は、2018年3月15日までに提出する必要があります。

また、青色申告から白色申告への変更が可能なように、再び青色申告へと変更することも可能です。

まとめ

今回の記事では、青色申告と白色申告の違いについて解説しました。

  • 青色申告と白色申告の違い
  • 青色申告の節税効果について
  • 青色申告は申請が必要

青色申告と白色申告はそれぞれ特徴が異なります。

そのため、青色申告と白色申告のどっちにすればいいかはフリーランスの方の状況によって変わってきます。

あなたの状況を改めて把握し、青色申告と白色申告のどっちがいいのかを選んで、確定申告を行いましょう。