契約社員は副業できるのかな?

契約社員でこのようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

年収アップやスキルアップにつなげるためにも、副業に取り組みたいですよね。

そこで今回の記事では、契約社員の副業について解説していきます。

具体的には、

  • 契約社員は副業が可能か
  • ダブルワークはおすすめしない
  • 契約社員におすすめな副業2つ
  • 副業で稼いだら確定申告が必要

の順番に重要なポイントをご紹介します。契約社員の方が副業に取り組むことで、年収を上げるだけでなくキャリアアップにもつながるなどメリットが多いのも特徴です。

契約社員の方で副業を検討されている方の参考になれば幸いです。

契約社員は副業可能?就業規則を確認して副業をしよう

結論から言うと、契約社員の方は副業可能です。理由としては、副業を法的に禁止にしていないから。ただし、就業規則に副業に関する規定が掲載されているため、確認してから行いましょう。

副業が法的に禁止されていないからといっても注意点はあります。副業に関する注意点は以下の3つ。

  • 本業に支障をきたすほどの副業
  • 会社の信頼を損なう副業
  • 同業他社で働く副業

であれば懲戒される可能性があります。

あくまで本業をメインに副業を行いましょう。

では、契約社員の方が行う副業はどのようなものがおすすめなのでしょうか?

具体的にみていきます。

アルバイトのダブルワークよりも将来のキャリアアップにつながる副業がおすすめ

「副業として居酒屋やコンビニのアルバイトを始めようかな」

と考える方も多いのではないでしょうか。正直に言うと、アルバイトとのダブルワークはおすすめしません。なぜなら、将来のスキルアップなどにつながらない労働の切り売りになるからです。

それよりも将来のキャリアアップにつながる副業やスキルを身につけることができる副業がおすすめ。

おすすめの副業は以下の3つです。

  • Webライティング
  • アフィリエイト
  • プログラミング

上記3つのスキルのどちらかを身につけることができると、転職や独立にも役立ちます。それぞれの副業について解説していきます。

Webライティング

Webライティングは、未経験の方でも始めやすい副業としておすすめです。なぜなら、Webライティングはこれまでの経験を活かすことができるから。

例えば契約社員の経験を活かすのであれば、

  • 契約社員の転職体験談
  • 契約社員として働いた業種の専門知識

などを書くことができます。これらはWebライティングの文章力というよりも、あなた自身の経験が求められるので未経験でも始めやすい副業です。

さらに、趣味に関することや興味のある分野のライティング案件もあるので、まずは案件に取り組んでみるのがおすすめ。

Webライティングに関しては、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】

アフィリエイト

アフィリエイトはストック型の資産になるため副業としておすすめです。前述しましたが、アルバイトは労働集約型の働き方になるので、自分が働いた分しか報酬をもらうことができません。

しかし、アフィリエイトは記事を書いて積み重ねることで不労所得を目指すことも可能です。もちろんただ書けばいいというわけではありませんので、スキルを身につけていく必要があります。

さらに、アフィリエイトを続けていくと以下の2つのスキルを身につけることが可能です。

  • Webライティング
  • Webマーケティング

Webライティングのスキルが身につくことで、アフィリエイトだけでなくWebライターとして副業をすることができます。また、検索上位表示に必要なSEOなどのWebマーケティングのスキルも身につけることが可能です。

アフィリエイトのスキルを元にWeb系の企業に転職することもできるので、キャリアアップにもつながります。

アフィリエイトについては関連記事でより詳しく解説しています。

関連記事:アフィリエイトは副業に向いてる?本業を活かしたコンテンツでスキルアップ

プログラミング

プログラミングが注目されており、プログラマーとしての働き方に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

プログラミングは教材やプログラミングスクールが増えてきているので、学習するためのハードルが低くなっています。そのため、未経験の方でもプログラミングを副業として始めることは可能です。

これから副業としてプログラミングを始める方におすすめなのは、Webサイト制作です。理由としては、案件数が多いから。また、Webサイト制作のスキルを身につければ、Webサイト制作を行っている企業へ転職も可能です。

副業としてのプログラミングについては関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:副業でプログラミングを始めるなら、初心者にはサイト制作がおすすめ

副業での所得が20万円を超えたら確定申告が必要

副業が順調にいって、所得が20万円を超えたら確定申告をする必要があります。所得とは、売り上げから経費を差し引いた金額です。

所得金額が20万円を超えて確定申告をしなかった場合、脱税になってしまいます。脱税になると、延滞税を支払わなければなりません。延滞税は通常の税金よりもより多く支払わなければならないため、できるだけ避けたい税金です。

副業での所得が20万円を超えたら、確定申告を必ず行いましょう。副業の確定申告については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事:副業したら確定申告が必要か?確定申告がいる副業とは

年収を上げるためだけでなく、スキルアップにつながる副業を行おう

今回の記事の内容をまとめます。

  • 契約社員の方は副業できる
  • 副業でのアルバイトはおすすめしない
  • スキルアップにつながる副業をしよう
  • 副業所得が20万円を超えたら確定申告が必要

契約社員の方は、正社員の方と比べて自由に使える時間があるため副業にも取り組みやすい環境です。副業に取り組むことで、年収を上げることができるだけでなく、キャリアアップにもつながります。

ぜひ副業に取り組んで年収を上げつつ、スキルアップにつなげていきましょう。契約社員の方で副業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。