副業を始めたい!」と考える会社員がよく思いつくのがアフィリエイトです。ネットを使った副業の代表格とも言えます。

ですが実際、副業としてアフィリエイトはどうなのでしょうか?

周りにアフィリエイトをやっていることを公言している人はあまり多くないかもしれません。アフィリエイトに関しては、曖昧な情報が一人歩きしていることが多いです。

結論から言うと、副業としてのアフィリエイトは長期的に収入を作りたい人におすすめですが、短期的に稼ぎたい人にはおすすめできません

今回の記事では、アフィリエイトのメリット具体的な始め方アフィリエイトで身につくスキルなどについて解説していきます。

副業としてアフィリエイトで稼ぎたいと思っている人は、ぜひ読んで参考にしてみてください。

アフィリエイトは優秀なビジネスで副業にもおすすめ!3つのメリットを紹介

まず、そもそも副業としてアフィリエイトを行うメリットを紹介します。

大きく分けて以下の3つです。

  • ストック型の資産になる
  • 初期費用がほぼかからない
  • リスクが低い

この3点を満たすビジネスはかなり限られています。これらに魅力を感じる人であれば、アフィリエイトはかなりおすすめです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

ストック型の資産になるので「不労所得」を目指せる

ストックとは「蓄え」という意味です。簡単にいうと、資産が徐々に積み重なっていくイメージ。

例えば、レストランでアルバイトをして給料をもらったとしても、それはあくまで一時的な収入です。また働かなくては、収入は得られません。

それに対してアフィリエイトでは、一度Webサイトを作れば、そのサイトはインターネット上に残り続けます。

そしてそのサイトからのアフィリエイト収入は、(ほぼ)何もしなくても継続的に入ってきます。

当然サイトのメンテナンスや記事のリライトは必要になりますが、極端に言うとこれがストック型ビジネスの強みです。

自分が働かなくても収入が得られると言う意味で、「不労所得」を目指せると言っても良いでしょう。

初期費用がほぼかからないので、気軽の始められる

また、アフィリエイトを始めるためには初期費用がほとんどいりません。

正確には、サイトのサーバー代・ドメイン代などが必要になりますが、安ければ月1,000円ほどで済みます。新しい収入源を作り始めるためには安いものでしょう。

設備なども特になく、パソコン1台あれば、いつでもどこでも始められます。

その意味で、誰でも気軽に始めやすいというのは大きなメリットです。

リスクが低いので失敗してもダメージが少ない

アフィリエイトはビジネスとして非常にリスクが低いのも特徴です。

  • 初期費用がかからない
  • 在庫を持たない
  • 利益率が高い

などと、もし失敗したとしてもあまり問題はなく、反対に成功したら大きく儲けることができます。

ビジネスとして非常に優秀なのがアフィリエイトの特徴です。

これら3点は、副業としてする上でも非常に大きなメリットになります。

まとめるとアフィリエイトは、「誰でも始めやすく、ローリスクハイリターンで、不労所得を目指せる」ものと言えます。

アフィリエイトは本業を活かしつつできる副業!理由を2つ紹介

アフィリエイトを副業で行うことにもメリットがあります。

それは本業を活かすことができるという点です。

1.本業のアウトプットになる

アフィリエイトを行う上で、記事執筆のため、扱うテーマを決める必要があります。ものにもよりますが、そのテーマを自分の本業に関わることにしてしまえばいいのです。

例えば、あなたが自動車の営業の仕事をしているとします。

それなら、あなたは自分の本業での経験や知識を生かして、おすすめ自動車を比較する記事を書けますし、営業のノウハウを書くこともできます。

あなたにとって当たり前の知識やスキルも、他の誰からしたら喉から手が出るほど欲しいものだったりします。

つまり、あなたの本業が、副業で行うアフィリエイトのコンテンツになるのです。

何か新しいことを一から調べる必要はありません。本業で学んだことを生かして、副業でも稼ぐことができます。

2.本業と副業が掛け算になる

本業が副業に影響すると考えると、その一つのテーマについて学べば学ぶほど、どちらも相乗的に伸びていきます。

先ほどの例で説明すると、自動車について詳しくなればなるほど、より営業で様々な自動車を売ることができますし、サイトではより詳細な情報まで提示できるようになります。

または、営業で売れ筋の車を、サイトで「これくらい売れています!」と紹介することもできますね。(※守秘義務や公開してはいけないデータには気をつけましょう)

このように、アフィリエイトなら本業と副業を掛け算して、相乗的に伸ばしていくことが可能です。

アフィリエイトの始め方は?サイトを制作し、記事を書いていく

アフィリエイトの始め方は非常に簡単です。

自分のサイトを作り、コツコツを記事を書いていく。それだけです。

アフィリエイトサイトを作る簡単な流れ

少し細かく手順を説明すると、

  1. サーバーを契約
  2. ドメインを取得
  3. テーマを決める
  4. 記事を書く
  5. 広告を貼る

という流れになります。

Webサイトを作るに当たって、まずはじめにサーバーやドメインを契約する必要があります。いわば、インターネット上のあなたの家です。

そこに、資産を積み重ねていくイメージを持ちましょう。(無料のブログサービスもありますが、お金を稼ぐ目的ならばサーバー契約してWordPressというサービスを利用しましょう)

サイトの準備ができたら、次に扱うテーマを決めます。これは先ほども説明したように、自分の本業で扱っていることに関わるテーマがおすすめです。

または、趣味で行なっていることなど、自分が好きなことが良いでしょう。大切なのは、長期的に自分が記事を書き続けられるジャンルであることです。

あとは実際に記事を書いていくだけです。

ある程度記事がたまってきたら、サイト内に広告を貼って、誰かが広告を利用すれば自分に収入が入る仕組みになります。

アフィリエイトの稼ぎ方は大きく2通り

アフィリエイトで稼ぐと言っても、広告には種類があります。大きく分けて2種類。

  1. クリック型広告(Google Adsense)
  2. 成果報酬型広告

の2タイプです。

クリック型は、バナーなどのブログ中に貼ってある広告を、読者がクリックするだけで数円~数百円ほどの報酬が発生します。

成果報酬型は、記事内で何かの商品を紹介して、紹介したリンクから各サイトで購入などした場合に報酬が発生します。Amazonや楽天のリンクを貼って商品紹介しているのがわかりやすい例でしょう。

 

初心者のうちは

  • グーグルアドセンス(クリック型)
  • Amazonや楽天(成果報酬型)

が始めやすく、おすすめです。

慣れてきたらASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録して、Amazonや楽天以外の商品を紹介してみましょう。

アフィリエイトをすることで身につくスキル2つを紹介

さらにアフィリエイトすることによって、収入だけではなく使えるスキルも身につきます。

1.Webライティング

アフィリエイトをする以上、記事を書くことになります。

「Web上で読まれる記事を書く」というのは、それだけで一つのスキルです。実際にWebライターとして働いている人もたくさんいるくらいですから。

例えばアフィリエイトを辞めた場合でもそのスキルは残ります。

それが本業に約立つかもしれませんし、ライターとしての副業を始めることもできます。

2.Webマーケティング

Webマーケティングというのはどんな仕事をしていても重要なスキルです。

インターネットを全く使わない事業というのは、現代ではほとんどなくなりました。

どんな企業でもWebサイトを持っていますし、インターネット上であらゆる集客・販売を行います。

つまり、100%オフラインな仕事でない限り、これから将来的に必ず関わってくるスキルです。

Webマーケティングスキルの需要は、インターネット社会が広まるにつれてどんどん高まっています。

本業と掛け合わせて副業をして稼ぎながら、将来的にも役に立つスキルを学べるのですから、一石二鳥どころではないですね。

アフィリエイトでストック型の資産を築こう

副業でのアフィリエイトには様々なメリットがあることを紹介しました。

中でも特に、ストック型の資産を生み出せるというのは大きな魅力です。

自分が会社で働いている間に、サイトが勝手に収入を生み出してくれるなんて、魅力的な副業ではありませんか?

不労所得となるには時間はかかりますが、コツコツと継続していくことがもっとも大切。

将来的な収入源のために、副業としてアフィリエイトを始めてみてはいかがでしょうか。