副業しようと思うけど、外に出て働くのはちょっとしんどい
あんまり仕事をしたくないけど、本業以外の収入が少しでも入ったら嬉しい

そんな風に思う会社員も少なくないでしょう。

本業が休みの間にアルバイトで副収入を得るのは少ししんどいと思ったら、在宅で副業をしてみませんか?

しかし、普段から会社員で働いている人にとっては在宅で仕事をするイメージがなかなか湧かないと思います。

そこで今回は、在宅で副業をしたい会社員のために、在宅で副業収入を得る3つのポイントと、在宅ワークができる仕事について紹介していきます。

在宅副業で小さく稼ぐ3つのポイント

副業収入なので、なるべく継続的に長く続けられる仕事がいいですよね。

なぜなら、副業の経験値が上がるにつれてその収入も大きく変わるからです。そのために必要なポイントは以下3つ。

  1. 自分に合う仕事を選ぶ
  2. 最初から大きく儲けは狙わない
  3. インターネット環境・パソコンは必須

それぞれ説明していきます。

自分に合うかどうかで仕事を選ぶ

まずは自分がしんどいと思うような仕事を選んではいけません。

別に副業はやらなくても生きていけるので、自分がしんどいと思った仕事は徐々にやらなくなってしまいます。

だから副業を選ぶ際に自分に合う仕事かどうかを判断するのはとても大切です。その基準としてはこれらを意識して選びましょう。

  • 自分に合っている仕事
  • 自分がやりたいと思う仕事
  • 自分ができる仕事

自分に「合っている」「やりたい」「できる」仕事はそれぞれ辛くなる要因が少ないので、継続的に副業ができます。

最初から大儲けは狙わない

副業は本業が休みの間にやる仕事なので、最初からいきなり稼げるものではないと考えておきましょう。

副業の内容にもよりますが、その多くは初めから大儲けできません。

副業は続けることが大切なので、最初から大儲けできると望んでいるとモチベーションが下がります。

ただ、続けていればいつか副収入だけで生計を立てるくらいの収入になることもあるので、長期的な視野を持って副業しましょう。

インターネット環境・パソコンは必須

在宅での副業は、インターネット環境とパソコンは必須です。

仕事をもらうのも、仕事をこなすのも、納品するのも、パソコンとインターネット経由で行います。

手作業の内職はいろいろありますが、本業の傍らでもっと稼ぎたいと考えている方はインターネット環境とパソコンを用意しておきましょう。

在宅ワークでできる4つの仕事

ここでは在宅ワークでできる4つの仕事について解説していきます。

在宅で副業をするとしたら、これらがおすすめです。

  1. クラウドソーシング
  2. 情報販売
  3. アフィリエイト
  4. 物販ビジネス

それぞれ説明していきます。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは仕事を請け負うためのプラットフォームで、案件が比較的簡単に獲得できるため初心者の副業としておすすめです。

有名なクラウドソーシングサイトだと、クラウドワークスランサーズのどちらかになるでしょう。

クラウドソーシングでは、未経験でもできる仕事もあり、これらの仕事内容が豊富です。

  • ライティング・編集
  • デザイン関連
  • プログラミング開発
  • 翻訳関連
  • マーケティング関連

会社員であれば、本業の仕事を活かして副業でも同じような仕事を請け負うと「自分ができる仕事」で副業ができますね。

クラウドソーシングで仕事を獲得する方法は、求人掲載されている仕事内容に自分の経歴やその仕事にどう関わるかを提案して仕事獲得していきます。

クラウドソーシングは、本業の幅を広めたい人や仕事自体にあまり苦を感じない人はおすすめです。

関連記事:クラウドソーシングで月収はどれくらい稼げるの?稼ぎ方を紹介

情報販売

情報販売は、自分の経験を基に情報を体系化して、教える側として情報販売することです。

一番わかりやすい例で言うと、「本」が有名ですね。

例えば、「中間管理職の超効率的マネジメント術」といったタイトルで自分が学んできたマネジメント術を体系化し、人に教える仕事です。

本を出そうとすると、出版社と話をしなければいけませんが、kindleのような電子書籍であれば誰でも本を出版できます。

また、「本」以外にもnoteやUdemyといった情報販売のプラットフォームがあるので、それを活用して情報販売をしてみてください。

情報販売は、一般的に難しいと思われていることを経験した人や、自分なりの解釈でわかりやすく伝えたいと考えている人におすすめです。

アフィリエイト

アフィリエイトは商品やサービスの紹介すると、売れた商品の紹介料をもらえるビジネスです。

集客があるwebサイトやYoutube、メルマガなどを作り、商品を紹介することで紹介料で稼ぎます。

例えば、カメラの細かいことまで詳しく知っている人であれば、カメラについての情報サイトを作ってみると良いでしょう。

カメラについて有益な情報があれば、カメラ好きが読みに来ます。また、紹介したカメラを購入してくれるかもしれません。

アフィリエイトプログラムを提供しているのは、Amazonや楽天市場、A8netなどが有名なので、アフィリエイトするなら登録しましょう。

アフィリエイトは、とにかく〇〇が好きという人にとっておすすめです。

関連記事:アフィリエイトは副業に向いてる?本業を活かしたコンテンツでスキルアップ

物販ビジネス

物販は、モノを仕入れて、仕入れ値よりも高く売るビジネスです。

販売場所としては、アマゾンやメルカリ、ヤフオクなどで物を売るのが一般的ですね。物販をするならこの3パターンしかありません。

  • 自作品(ハンドメイド商品)の販売
  • 輸入品販売
  • 転売

自作品の販売ができると、自分で商品を生み出せるのでコストがあまりかからずに稼げます。

輸入品や転売は仕入れコストや仕入れ販路の獲得に苦労するので副業としてはあまり向いてないかもしれません。

物販は、売りたい商品や売れそうな商品が自分の近くにある人におすすめです。

副業でのハードワークは注意しよう

副業を始めてから、順調に収入を上げていくと、「もっと副収入が欲しい!」という気持ちになるかもしれません。

しかし、副業ではハードワークになりすぎない方が良いです。

本業ありきの副業なので、本業の休み期間を全て副業に充ててしまうと、体調を崩す可能性もあります、

あくまで副業は本業ありきの仕事です。景気が良くなったからといって、仕事を増やしすぎないように注意しながら副業をしましょう。

まずは自分に合う副業を探そう

今回は、在宅で副業収入を得るために必要な3つのポイントと在宅ワークでできる仕事について紹介しました。

副業はなるべく継続的に長く続けられる仕事が大切です。

そのためには、自分に合う副業を選ぶところから始まります。

今回紹介した在宅ワークでできる副業を参考に自分に合う副業を探してみてください。